ゴルファボ TOP上達法アウトサイドイン軌道のまま飛距離アップする方法

ファボる (お気に入りへ追加)

上達法

アウトサイドイン軌道のまま飛距離アップする方法

今回はちょっと変わった飛距離アップ法第2弾。

「アウトサイドイン軌道のままで飛距離を出す方法」です。

アウトサイドイン軌道でクラブを下ろすと左肘が引けてしまいます。一般的にこの動きは良くないとされていますが、どうしてもアウトサイドイン軌道の癖が抜けないゴルファーにはとても重要な動きなんです。トッププロの中にも多少の肘の引けがある選手はたくさんいます。大切なことはその動きを自分のスイングが崩れない程度に、どれくらい修正して飛距離アップ、方向性アップに持っていくかです。

今回は悪いと言われている動きをそのまま活かして飛距離を出す方法です。多少の引けがあるゴルファーにもとても効果的な飛距離アップ法です。

アウトサイドイン軌道でも飛距離を出す方法とは?

ダウンスイングの3つのパターン

クラブを振り下ろしてインパクトを迎えるまでには3つのパターンがあります。どんなクラブの入り方で、どんな風にインパクトを迎えるかで飛距離、方向性、スピン量、などボールの動きが異なってきます。

アウトサイドイン

ダウンスイングでクラブヘッドが外側から下りてきて内側に抜けていく形になると左肘が引けてしまい飛距離が出ません。それはグリップを振り抜くスペースがないため結果的にヘッドも減速してしまい、スイングスピードが落ちてしまうためです。スライスや飛距離の低下などの影響があります。

インサイドアウト

クラブヘッドが内側から下りてきて外側に抜けていく形になると、飛距離的にはほとんど問題ありませんが、プッシュアウト(右に飛んで行く)の原因になってしまいます。プッシュアウトにはなりますが飛距離は出ます。

インサイドイン

もっとも良いスイングの形はこのインサイドインの形です。内側からヘッドが出ることでボールを力強くインパクト出来るうえスライスも無くなります。さらにそこから内側に抜けきることによってボールのスピン量を減らすことが出来るので飛距離が出るだけでなく風に負けない強い球が打てるようになります。ボールにはドロー回転がかかり球筋が安定し飛距離が出ます。

アウトサイドイン軌道が最も飛距離が出ない

へッドが外側から下りてきて内側に抜けてしまうと、ボールにスライス回転がかかってしまいます。スライス回転がかかると、ボールに伝わった力が右に抜けて行ってしまうので飛距離が出なくなります。

本来であればアウトサイドイン軌道を改善することがベストですが、どうしてもアウトサイドイン軌道が直らない方でも、効果的に飛距離をアップさせるにはフォロースルーにかけてグリップを思いきり引いてヘッドが走るスペースを作ってあげる必要があります。

グリップを引いてヘッドスピードを上げる

ヘッドが外側から下りてきてそのまま内側に抜けていくとグリップが体に近い位置を通るので肘が引けてしまいスイングが失速してしまいます。失速しないようにするためにはフォロースルーにかけて思いきり左ひじを引きグリップが失速しないように意識してください。グリップが失速せずにフォロースルーまで持っていくことが出来ると末端のヘッドも失速せずにフォロースルーにかけて加速することが出来ます。

一般的に左肘が引ける状態というのは良くないと言われますが、どうしてもアウトサイドイン軌道が治らないという方には、この「左肘の引け」は必要な動きとなってきます。それはクラブを振り抜くために自然に出来た形だからです。無理やり抑え込むことは動きのスムーズさを損なう結果となるので注意が必要です。意識的に引くことによって、引いたところにスペースが出来てグリップが逃げることが出来ます。その結果、スイングを加速した状態が作れるようになります。

世界のトッププロゴルファーのジョーダン・スピース選手はドライバーの平均飛距離300ヤード近い選手ですが、彼のスイングも左肘は引けています。自分に合ったフォームを求めた結果多少の肘の引けによる減速よりも「加速」を重要視した良い例だと思います。アウトサイドイン軌道の程度にもよりますが、必ず改善しないと飛距離が出ないというわけでもありません。

まとめ

アウトサイドイン軌道は修正しなければいけないという、一般論は間違いではなく修正したほうが良いのは確かですが、長年の癖になりどうしても抜けないゴルファーもいると思います。そんな時は今回の「フォローにかけて左肘を思いきり引く」動きを意識することでスイングは加速し飛距離を生み出すことが出来ます。

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

この記事の監修者

吉本 巧(プロゴルフコーチ)

吉本 巧(プロゴルフコーチ)

元世界ジュニアマスターズ入賞、米ミニツアー通算3勝、ベストスコア63。
ゴルフ修行のため14歳から単身渡米。11年間アメリカでジュニア選手、アマチュア選手、学生選手、ツアープロ選手、プロコーチを経験。
日米の20年の経験から「吉本理論」を構築。日本に帰国後、99ゴルフスクールを設立。神奈川県茅ヶ崎を拠点にレッスン活動を行う。
プロ選手やアマチュア選手のスイング面のコーチングをはじめフィジカルトレーナー、プロツアーキャディー、メンタルコーチング、クラブフィッティングアドバイザーなどゴルファーを総合的にコーチング。