ゴルファボ TOP上達法スライス球を強制的に修正するための練習法とは?

ファボる (お気に入りへ追加)

上達法

スライス球を強制的に修正するための練習法とは?

スライスがなかなか治らない時は、わざとフックボールを打つ練習法が効果的です。絶対にスライスが出ない構え方・打ち方をすることで球をつかまえる感覚を身につけることができます。ポイントは大げさにやってみる事です!ぜひ参考にしてみてください。

アマチュアゴルファーにもっとも多い悩みの一つが「スライス」です。

何年経ってもスライス球が直らない…どうやって直せばいいかわからない…。打ち方を変えてみたり、ドライバーを新調してみたりいろいろ試したけど効果がないという声を多く聞きます。

そんなゴルファーにおすすめするのは、わざと逆方向の球を打つことです。絶対にスライスがでないようにアドレスして打つことで悪いクセになった動きを矯正することができます。

常にまっすぐ打つことだけに注力していては、右への球はなかなか改善しにくいので、ぜひ今回の改善法を試してみてください。

スライス球を強制的に修正するための練習法

スライス回転を止めるためにすべきこと

スライス回転してしまうスイングの悪いクセを改善するには、あえてフックボールを打つ練習がおすすめです。悪いクセや直らない動きを改善したいときは、大げさにフォームを変更して行うことが効果的です。

しかし、フォームを改善しようとしたときにありがちなのが、「自分では変えているつもりでも、まったく変わっていない」ことです。大げさに動きを変えることで正しい感覚をつかむことが出来ます。この練習法を試すときは思い切って変えてみてください。

スライス球の原因はアウトサイド軌道や、フェースの開きなど様々ありますが、いずれもボールをしっかりとつかまえることが出来ればスライスは防止できます。

絶対にスライスが出ない打ち方とは?

ボールの位置

ボールは通常よりも内側(右側)に置きましょう。インパクトのポイントを早めにすることで球をつかまえやすくなります。擦り打ってしまう可能性も低くなるのでスライスが出にくくなります。

ボール位置を変えると、スイングを合わせに行ってしまいがちです。ボール位置を変えても通常通りにスイングするように心がけてください。

構え方

クローズスタンスで構えましょう。まずは、左足を思い切り前に出してください。左肩もクローズ気味にしてください。クローズスタンスで構えることでフックボールが出やすくなります。

振り方

クローズスタンス通りに振りましょう。スライスボールの大きな原因はアウトサイド軌道で振ってしまうことにあります。

思い切り、インサイドに引いてスイングしてください。インサイド軌道で振る事ができればスライス球を防止することができます。スタンス通りに引いて打ちましょう。

インパクトでは手を返すこと(フェースローテーション)を意識してください。手を返すことでボールをつかまえることができます。

👇ボールをつかまえるフェースローテーションについてもっと詳しく知りたいかたはこちら

スライス球の原因は他にあるかも?!

グリップで弾道は変わる

ボールの弾道は握り方・持ち方次第で大きく変わります。持ち方をストロンググリップにするだけで、ボールは左に行きやすくなります。ストロンググリップにするだけで力も入りやすくなるので飛距離アップにも効果的です。

グリップを変更する方法は、イメージや打ち方を変えることなくフックをかけることができるのでおすすめです。

👇ナイスショットはグリップが重要!正しい握り方・持ち方はこちらで詳しく解説いたします。

シャフトがやわらかい

あなたのスイングスピードよりもゴルフクラブのシャフトがやわらかすぎると、インパクトでヘッドが遅れてきてしまいスライス回転につながってしまいます。シャフトを固くすることで改善されることがあるので参考にしてみてください。

まとめ

スライスボールを修正したいときは、アドレスをクローズスタンスにしてインサイドに振っていきましょう。

フックボールを意図的に打つことができれば、右へいくボールを強制的に左側にもっていくことができます。この練習法はまっすぐ飛ばすことが目的ではありません。ボールが左側にいけばOKなのでぜひ大げさに試してみてください。

球をつかまえて左に打つ感覚が身につけば、スライスを効果的に止めることが出来るでしょう。

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

新着特集

花粉症ゴルファー必見!乳酸菌を取り入れて春ラウンドを快適に楽 …

花粉症ゴルファーに辛い季節が今年もやってきます。せっかく暖かくなってきたのに花粉症でゴルフは無理!そんな方も多いのではないでしょうか ...
  • 雑学
  • 66

いま話題!銀座PGMの最新インドアゴルフを体験取材

銀座に新しくオープンしたインドアゴルフ施設『PGMゴルフアカデミー銀座』を取材してまいりました。都心で楽しめるワンランク上のゴルフ施 ...
  • 雑学
  • 64

予算500円以内!ゴルフの打球事故リスクを減らす保険を調査

待ちに待った楽しいゴルフ!しかし、まさかの打球事故に遭遇…。あなたが困ったときに、強力にサポートしてくれるゴルフ保険を紹介します。月 ...
  • 雑学
  • 411

ゴルフシャフトの作り方!クラブ選びが上達する4ステップ

なぜ色々なシャフトメーカーやモデルがあるのか。市場にはたくさんの製品が流通していますが、いったいなにが違うのでしょうか?気になったの ...
  • 雑学
  • 157

忘年会・新年会で疲れたゴルファーへ!肝臓サポートで元気を取り …

お酒を飲む前、飲んだ後におすすめのサプリメントと選び方をご紹介します。肝臓は常にフル回転しています。しっかりサポートしてあげないと、 ...
  • 雑学
  • 58

シーモアパターが初心者でもまっすぐ打てる3つの理由

パターをまっすぐ打つのは簡単そうで実は難しい。それはコースの景観やグリーンの傾斜、体調などで同じようにアドレスしてスイングすることは ...
  • 雑学
  • 342

特集一覧