ファボる (お気に入りへ追加)

ゴルファボ TOP上達法極端な左足下がりのアプローチ攻略法

上達法

極端な左足下がりのアプローチ攻略法

極端な左足下がりのアプローチを成功させる2つのポイントをご紹介します。多くのゴルファーがミスしてしまうポイントは「右足の位置」にあるそうです。スイングをスムーズにして、一発でグリーンオンするための方法をぜひ習得してみてください。

極端な左足下がりからアプローチを打つときのコツをご紹介します。

下り傾斜がかなり強いシチュエーションでは…、ボールを高く上げるのは難しい状況です。とはいえ、低く打ってしまうとグリーンオンはできません。

2打3打を使ってピンに寄せる戦略もありますが、理想としては一発でグリーンに乗せたいですよね。

今回は、そんな場面でも確実にグリーンオンするためのテクニックをご紹介します。アマチュアがミスしがちなポイントと打ち方のコツを、プロゴルファー諸藤将次選手がレッスンいたします。

左足下がりのアプローチ攻略法

下りの傾斜が強いシチュエーションでは、平地と同じように構えてしまうとバックスイングのときに腕が右足に当たってしまいます。

アマチュアゴルファーの多くはスクウェアにスタンスしたまま打ってしまうので、右足にクラブが当たるのを避け、アウトサイド軌道になったままショットしてしまいます。アウトサイドから振り下ろしてしまうとダフリなどのミスに繋がるだけでなく球は上がりにくくなってしまいます。

極端な傾斜アプローチ打ち方2つのコツ

ゴルフクラブを開く

ゴルフクラブを短くもってフェースを開きます。

出来る限りボールを上げたいのでフェースをしっかり開きましょう。そして、スイングを緩めることなく思いきり振り切りましょう。オーバーしてしまいそう…と思うかもしれませんが、フェースを開いているのでそれほど距離は出ません。

もし、心配であればテイクバックを小さくすればOKです。絶対に手元を緩めたりしないようにしましょう。しっかりと振り抜いたほうがミスする確率も減ります。

右足を後ろに引く

右足を思い切り背後に引いてください。

極端な左足下がりのアプローチをミスしてしまう原因は右足にあります。

両足がターゲット方向に対して平行にスタンスしてしまうと、傾斜の影響でテイクバックの際、クラブが右足に当たってしまいます。そのため、無意識にテイクバックはアウトサイドに上がってしまい、そのままダウンスイングに入ります。アウトサイドはミスの原因になるので注意です。

右足をしっかり引いたら、左足一本で立つくらいのイメージでしっかりと踏ん張ってください。全体がブレてしまわないように腰や膝を使って重心を安定させましょう。

ショットの精度をさらに上げるには…

球を上げたいときでも、すくい打ちにならないように気を付けましょう。

クラブにはロフト角が付いているので、水平に正しくインパクトすれば勝手にボールは上がります。斜面から打つ時はフォロースルーを傾斜の角度にあわせて低く出しましょう。ボールを確実にさらうことが出来るのでしっかりとミートすることができます。

👇左足下がりショットを成功させるためには「クラブ選択」も大事なポイントです。

👇アプローチを寄せるためのコツとは?初心者必見の短い距離をしっかりと寄せるためのコツをぜひ習得してください。

まとめ

極端な左足下がりの傾斜でも2つのポイントに注意して打てばしっかりと球を上げてグリーンを攻めることができます。

特に後ろの足(右足)を思い切りひくことで、テイクバックするスペースを作ってスムーズにアプローチすることができます。インパクトでスイングが緩まないようにすることも同時に気をつけましょう。

グリーン周りは傾斜が強くなる傾向があります。チャンスがきたらぜひトライしてみてください。

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。
×