ファボる (お気に入りへ追加)

ゴルファボ TOP知識ゴルフはフェース面が重要!正しい向きと構え方のコツ

知識

ゴルフはフェース面が重要!正しい向きと構え方のコツ

ゴルフでは、同じ状況のライ、風、距離は2度と来ません。だから正確なコントロールが求められ、思い通りのところにボールを運ぶには、フェースの向きが大切になってきます。ゴルフスイングはいい感じで振れているのに、球が曲がるゴルファーは必見です!

ゴルフで球をまっすぐ飛ばすには、クラブヘッドのフェースの向きが重要です。ヘッドの向きが安定すると、ドローやフェードが打てるようになります。

しかし、ショットの練習をしてみたものの、右に左にとミスショットばかりで、運任せでスイングしているゴルファーも多いのではないでしょうか?

打った瞬間に右にプッシュしたり、引っ掛けたりしてしまう場合は、明らかに「フェース面」が原因となっています。しっかりと構えることができれば、あなたの思い通りのところにゴルフボールを運ぶことができます。今回は、フェースの正しい向きと構え方のコツをご紹介します

ゴルフ|フェースとは?

ゴルフクラブの先端にあるヘッド部分、ゴルフボールと接する面のことをいいます。アイアンではリーディグエッジのことを指す場合もあります。

ゴルフクラブの角度(ロフト)の役割

フェースの角度の違いで、ゴルフボールの飛ぶ高さが違います。ターゲットに対して閉じるとフックボール、開くとスライス、角度を立てると低い球、寝かすと高い球がでます。コントロールできるといろいろな球が打てるようになります。

正しい向き(位置)

ドライバーやウッド、アイアンでは、正しく合わせる方法が少し違ってきます。

ドライバー、ウッド

ドライバーやウッドは、ターゲットにフェース面を向け構えるとスクエア(真っ直ぐ)に構えられます。理由は、ドライバーやウッドのフェースはシャフトの左側にあるので、飛球方向にスクエアに構えられます。

↓↓↓真っ直ぐ飛ばしたいゴルファー必見!ドライバーの精度がアップするドリルです!


逆にアイアンのリーディグエッジは、シャフトの中心寄りから右側にありますので、ネックとヘッドのトゥを結んだところを合わせて構えます。とても被って見えてフックが出そうですが、画像の通りにティーを貼って見ると、スクエア方向になっているのがわかると思います。

↓↓↓アイアンの飛距離が伸びます。7番で150ヤード飛ばしたいゴルファーはご覧ください!

グリップの握り方も影響する!?

ウィークグリップ

ウィークグリップは、自分から見て左手の甲が見えません。この状態ではゴルフクラブをかぶせることができません。逆に開く動作はやりやすいです。開きやすく閉じにくくなるので、スライスしやすくなります。

フックグリップ

フックグリップは、左手の甲が見えます。左手を閉じる動きでヘッドが簡単に回ります。逆に開く方向へは動かしにづらくなります。ものすごく手首を返すことができるので、フックがかかりやすくなります。

スクエアグリップ

ウィークとストロングの中間になります。どの方向にも均等に動かしやすいので、コントロールがしやすくなります。

構え方のコツ

ゴルフで真っ直ぐに構えるには、2つコツがあります。

・スパットを決める

・右手でゴルフボールに合わせる

この2つを意識すれば正しい構え方ができます。基礎的なポイントですので、きちんと意識しましょう!

ショットを打つ時は、まずボールの後方に立ち、ターゲットを決めます。そしてアドレスに入る前にゴルフボールに近いところの、落ち葉や芝の色が変わったところなど見つけてそれをスパット(目標)にします。

注意点として、落ち葉や枯れ木などの場合は、風で飛んでいく場合もありますので、動かないも物を見つけるか、風に飛ばされる前に打ちましょう。

右手で合わせる

スパットを見つけたらアドレスに入るのですが、その時、両手でグリップしたまま構えると上半身が被さってぎこちなくなるので、ヘッドの向きが合わせにくくなります。

スパットを見つけてアドレスに入る時、右手でフェース面をスパットに合わせて、左手を添えて構えると、肩、腰、スタンスとすべてがスクエアに構えやすくなります。

↓↓↓プロが行うショットを打つ前のルーティンです。ナイスショットを生む秘訣ですので、参考にしてください。

ナイスショットの確率を上げるテークバック

ここまで、正しい向きや構え方についてお伝えしてきました。しかし、ちゃんとアドレスが取れても、正しいゴルフスイングができないとナイスショットは生まれません。

昔のゴルフクラブはコントロールするのが難しかったのですが、現在のゴルフクラブは、低重心で、重心距離が長く、重心深度も深いので、ヘッドがあまりターンしません。なるべく開閉をしないでインパクトする必要があります。

イメージとしては、ェースをゴルフボールに向けてテークバックします。アウトサイドに上げている感覚になりますが、練習するときは少し大袈裟にするくらいが効果を感じやすくなります。インサイドに引き過ぎるとダウンスイングで開いて入ってくる可能性もありますので、気をつけましょう。

感覚をつかむには、壁にゴルフクラブのヘッドをつけて、ヘッドを壁につけたままテークバックしてみてください。ヘッドの開閉を抑える感覚が身につきます。

↓↓↓スライス防止にもっとも効果的で、飛距離も出る「ドローボール」。そんなドローボールでのフェース面についてはこちらで解説いたします!

まとめ

ゴルフでは、せっかくいいスイングをしてもフェースが開いているだけで、スライスしていまいます。勿体ないですよね!ご紹介した正しい向きと構え方のコツを試してみてください。ナイスショットが続き、スコアアップも期待できます!

 

初心者向けDVD

×

新着特集

東京都内のゴルフレッスン!おすすめスクール BEST7

東京都内おすすめのゴルフスクールを大特集!レッスンを受けてみたいけど、何を基準にどこを選べばいいか分からない…そんなあなたのために選 ...
  • 雑学
  • 40

楽天ゴルフ保険がお得!月額たった230円で充実サポート

待ちに待った楽しいゴルフ!しかし、まさかの打球事故に遭遇…。あなたが困ったときに、強力にサポートしてくれるゴルフ保険を紹介します。月 ...
  • 雑学
  • 576

ライザップゴルフ体験取材!スコアップ2つの秘訣を調査

結果にコミットのライザップゴルフ。一度は行ってみたいと思ったことありませんか?これまでのレッスンプログラムといったい何が違うのか?ど ...
  • 雑学
  • 114

飲み会続きで疲れたゴルファーへ!肝臓サポートで元気を取り戻す …

お酒を飲む前、飲んだ後におすすめのサプリメントと選び方をご紹介します。肝臓は常にフル回転しています。しっかりサポートしてあげないと、 ...
  • 雑学
  • 87

ゴルフ旅行におすすめの人気スポット特集in小淵沢

ゴルフに行ったついでにこんなに楽しめる場所があったなんて!仲間や家族との最高の思い出作りにおすすめのスポットをご紹介します。ゴルフつ ...
  • 雑学
  • 197

シーモアパターが初心者でもまっすぐ打てる2つの理由

パターをまっすぐ打つのは簡単そうで実は難しい。それはコースの景観やグリーンの傾斜、体調などで同じようにアドレスしてスイングすることは ...
  • 雑学
  • 629

特集一覧