ゴルファボ TOP上達法ゴルフスコア100切りに必要なフェアウェイウッドスキル

ファボる (お気に入りへ追加)

上達法

ゴルフスコア100切りに必要なフェアウェイウッドスキル

フェアウェイウッドが上手く打てない原因の一つに前傾角度の起き上がりがあります。飛ばそうという意識が強ければ強いほどミスショットの確率は高くなります。コツは右肩とグリップの距離です。間を一定に保ったままインパクトする方法をご紹介します。

アマチュアゴルファーがもっとも苦手なクラブはフェアウェイウッド、もしくはロングアイアンです。特にフェアウェイウッドは200ヤード前後を出せる大きなクラブで、使いこなせると攻めのゴルフが可能になりスコアにも大きく影響します。

しかし、あなたもフェアウェイウッドは苦手だなぁと思っているゴルファーの一人ではないでしょうか?苦手な理由は単純明快です。

・フェアウェイウッド地面から打つクラブで一番長い

・遠くまで飛ばさなければと意気込んでしまう

・そもそもフェアウェイウッドの練習時間が少ない

個人差はありますが、基本的にはこの3つのポイントがフェアウェイウッドを難しくしている大きな原因となっています。上手くミートして飛ばすにはいくつかコツがありますが、今回はその中の1つ「右肩とグリップの位置」をご紹介します。

100切りを可能にするフェアウェイウッドのコツ

目指せ100切り!フェアウェイウッドを使うメリット

フェアウェイウッドが上手く打てると飛距離が稼げるため、2打目以降のショットが楽になります。ピンまでの残りヤードが少なくなれば、それだけ短い番手で打つことが可能になり、ショットの精度や寄せられる確率が大きくアップします。フェアウェイウッドが得意になれば、ドライバーのミスをカバー出来るだけでなく、ゴルフスコア100切りのための近道ともなります。

シャフトが長いので初心者ゴルファーには難易度の高いクラブの可能性が高いですが、使えるようになると非常に強力な武器となります。是非少しずつでもよいので練習を繰り返すことでナイスショット出来るようになり100切りが現実味を帯びてきます。

フェアウェイウッドのミス|チョロ玉・トップ

まだまだ遠くのグリーンを狙う時に使用するのがフェアウェイウッドです。その影響もありショットの時は「飛距離を出そう!」とついつい意気込んでしまいます。その結果ボールの頭を打ってチョロ玉になってしまい飛距離が出ないケースが多々あります。

フェアウェイウッドをミスしてしまう大きな原因は、「ダウンスイングで前傾角度が起きている」です。遠くまで飛ばそうと意識しすぎると煽って打ってしまうような形になります。煽り打ちになってしまうと自動的に状態は起き上がり、前傾角度が変わってしまいます。ゴルフで100切りを目指すにはダウンスイングで前傾角度が変わらずにインパクトを迎えることが理想です。

フェアウェイウッドを上手く打つコツとは??

ダウンスイングで前傾角度を維持するにはクラブを下ろしてくる時に右肩とグリップの距離を維持しながら下ろしてくることを意識してください。多くのアマチュアゴルファーがダウンスイングでは右肩を動かしてはいけないと思っていますが、これは全くの間違いです。

まったく動かさずにクラブを下ろしていくと、体の構造上前傾角度が起きてしまいます。テイクバック時との前傾角度が変わってしまうとフェアウェイウッドをクリーンに打つことは難しくなります。ダウンスイングではしっかり右肩を動かすことが大切です。

この時、右肩を動かしながらもグリップとの距離を変えないように意識してください。正しくこの形が出来れば、インパクトで顎の前に右肩が移動して体の角度を維持したままボールを打つことが出来ます。

ゴルフスコア100切りを可能にするシャドースイング法

フェアウェイウッドを確実に打つための感覚を身に付ける練習法をご紹介します。まずはゴルフクラブは持たずにシャドースイングを行います。後方に鏡があればベストです。自分のフォームを後方から確認しトップからインパクトにかけて右肩とグリップの距離が保てているかを確認します。

実際のショットの時は厳密には両方の距離は離れていきますが、シャドースイングでは感覚を身に付けることがもっとも大切なので、2つのポイントの間が離れないようにシャドーを行いましょう。この動きが再現できるとフェアウェイウッドだけでなく、プロゴルファーのインパクトの様な前傾角度を保ったまま顔は斜めを向いて右肘が体にぴったりとくっついたようなインパクトが可能になります。

100切りを達成するフェアウェイウッドのポイント

フェアウェイウッドを上手く打つことが出来ると、ゴルフスコア100切りが非常に楽になりますが、上記のポイントにプラスしてリラックスして打つことがとても大切になります。力み過ぎはゴルフにおいてデメリットしかありません。下半身はしっかり踏ん張る必要がありますが、グリップや肩周りなどはしっかり脱力しヘッドの重みを利用してミート出来るようにしましょう。

リラックスしたスイングをするためのコツ

1.グリップをぎゅ~っ!と思いっきり握ってください

2.これ以上ないくらい力を抜いてクラブを少し揺らしてください

3.もう一度グリップをぎゅ~っ!と握ってください

わざと力を入れたり、抜いたりすることで過度に力が入った状態を防ぐことが出来ます。ミスショットを誘発してしまうのは自分でも気付かないうちに体がガチガチに固まってしまっている時です。下半身はしっかり踏ん張り、上半身はリラックスを心掛けましょう。フェアウェイウッドの時こそリラックスです。

まとめ

フェアウェイウッドって本当に難しいですよね。しかし上手く打てない原因の大きな部分を意識的なものが占めているのも事実です。ターゲット方向ばかりを気にせず、目の前のショットに集中することが100切り達成のために重要です。右肩とグリップの距離に気を付けて普段の練習でもフェアウェイウッドを使ってみてください。

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

この記事の監修者

吉本 巧(プロゴルフコーチ)

吉本 巧(プロゴルフコーチ)

元世界ジュニアマスターズ入賞、米ミニツアー通算3勝、ベストスコア63。
ゴルフ修行のため14歳から単身渡米。11年間アメリカでジュニア選手、アマチュア選手、学生選手、ツアープロ選手、プロコーチを経験。
日米の20年の経験から「吉本理論」を構築。日本に帰国後、99ゴルフスクールを設立。「銀座ゴルフアカデミー」にて東京銀座を拠点にレッスン活動を行う。
プロ選手やアマチュア選手のスイング面のコーチングをはじめフィジカルトレーナー、プロツアーキャディー、メンタルコーチング、クラブフィッティングアドバイザーなどゴルファーを総合的にコーチング。

新着特集

特集一覧