ファボる (お気に入りへ追加)

ゴルファボ TOP上達法ゴルフで飛距離を上げるためのワンステップ練習法

上達法

ゴルフで飛距離を上げるためのワンステップ練習法

力いっぱい振っているのに飛距離が伸びない…その原因は脳が勝手にストップをかけてスイングを弱めているからかもしれません。今回は、脳のストッパーを解除させてしっかり振り切るためのゴルフ上達法をレッスンいたします。

フルスイングしてもトレーニングしてもなかなか飛距離が伸びない…。

原因は、「インパクトで脳が自動的にストップをかけている」可能性があります。

うまく当てたい!スライスだけは絶対に避けたい!そのイメージが体を勝手にコントロールして、インパクトでスピードを弱めているのかも…。

自分ではどれだけ強く振っているつもりでも、脳がブレーキをかけてしまうと飛距離は伸びません。

今回は、自分のリミッターを外して強く振るための練習法をレッスンいたします。ゴルフ初心者も経験者も、ぜひドライバー飛距離をMAXにするための参考にしてみてください。

ゴルフの一本足打法でドライバー飛距離を上げる!

飛距離を上げるためのワンステップ練習ドリル

まず、普段通りにアドレスします。

そして、テイクバックからトップ位置に来ると同時に、左足を上げて体重を右に移してください。(レフティは逆)野球の一本足打法のような形です。

そのままバランスをしっかりキープして、いっきに左に振り切ります。

スウェーや体重移動なども注意すべき点ではありますが、この練習ドリルは無意識にかかったリミッターを外すことが目的です。まずは細かいことは気にせずに思い切りゴルフクラブを振り切ってください。

ある程度慣れてきたら、前傾角度や体の軸がブレないように注意しながら、左へ体重を移動させて大きな動きでフィニッシュまでいくように心がけてください。

テイクバックから勢いよくフィニッシュまで振り切ることで、「しっかり球に当てよう!」「まっすぐ打とう!」といった、脳のストッパーを外すことができます。

体重を溜めた分、強くて速い動きをすることができるので、スイング前はくれぐれもアップ・予備運動をして体をあたためてから行ってください。筋肉が固い状態で急に行うと、肉離れなどのケガに繋がるので初心者はとくに注意してください。

まずは素振り!ゴルフがうまくなるコツ

この状態でゴルフボールをいきなり打つことはなかなか難しいと思うのでまずは、素振りで感覚を養ってください。

いまいち強く振れない人はトップ位置で一度片足で止まってみましょう。体重がしっかりと乗っていることを確認してください。そのまま一気にフィニッシュまで振り切りましょう。

トップからフォロースルーにかけて頭が一緒にターゲット方向に流れ過ぎると、スウェーの状態になってしまうので、ヘッドスピードが上がりません。頭はある程度後方に残しながら、腰を移動・回転させて振るのが◎です

↓↓↓素振りはゴルフで重要なポイント!ドライバー飛距離を上げるコツが詰まっています。詳しくはこちらをチェックしてみてください!

飛ばしに重要な「音」の秘密

飛距離アップさせるにはインパクトにかけてヘッドを加速させる必要があります。

ゴルフクラブを振ったとき、体の左側でビュンと音が鳴るようにしてください。左側で鳴ればなるほどヘッドが加速して状態でボールをとらえることができます。

多くのアマチュアゴルファーは右側(インパクト前)でスピードの最大値を迎えています。手前で合わせようとすると音は右側で鳴ってしまいます。振り切るためには左側で音を鳴らせてください。

ゴルフの基本!ビハインド・ザ・ボール

ワンステップしたとき、ビハインド・ザ・ボールの状態を作ることで更にスピードを上げることができます。

ポイントは右足のベタ足です。インパクトにかけて右足が早く上がってしまうと体が流れてしまいがちです。プロゴルファーはほぼ全員がベタ足が基本になっています。しっかりとベタ足で踏ん張ることで力強いスイングをすることが出来ます。

↓↓↓初心者必見!ビハインド・ザ・ボールについてさらに詳しく知りたいかたはこちら

飛距離アップ!「力を抜く」ってどういうこと?

ゴルフではリラックスして力まずに振ることが理想です。

しかし、力を抜くといってもふにゃふにゃのまま打ってしまうと、インパクトの衝撃に負けてしまい、ボールはプッシュアウト、もしくはスライス球になるでしょう。

まず、ドライバーの場合グリップは7割程度の力で握ってください。そして、両足のふとももの内側に力を入れて下半身をしっかり安定させます。上半身は脱力した状態でOKです。

球にクラブが当たる瞬間にグッ!と力を入れるとうまくパワーが乗るでしょう。下は踏ん張って上はリラックスが理想のゴルフの一打を生みます。

↓↓↓ゴルフでは小指を外して振ると、余計な力み過ぎを防ぐことができます。理想的なスイングフォーム作りの参考にしてみてください。

まとめ

スライスさせたくない!OBは嫌だ!その思いがゴルファーに自然とブレーキをかけています。

ご紹介したワンステップ練習ドリルを行うことで、初心者でも体全体を使った大きなフォームを身につけることができます。自分では振り切っているつもりでも、アマチュアゴルファーのほとんどは手前でヘッドが減速しています。

ぜひあなたの脳のストッパーを外して、強いスイングで飛距離を上げるポイントをつかんでください。

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。
×
×