ゴルファボ TOP上達法ゴルフ100切りに必要なフェアウェイウッド上達法

ファボる (お気に入りへ追加)

上達法

ゴルフ100切りに必要なフェアウェイウッド上達法

フェアウェイウッドを確実に打つにはボールを直接打つ感覚を捨てる必要があります。なぜならフェアウェイウッドはソールを滑らせて打つ必要があるからです。今回はソールを滑らせてボールを真横から確実にミートするための練習ドリルのご紹介です。

ロングホールの第2打や距離が残っている場面からフェアウェイウッドを使いたいけど上手く打てるか心配・・・

そんなお悩み持っていませんか?

しっかりミート出来れば飛距離も稼げてバーディーやパーといった良い結果を簡単に生み出すことが出来るフェアウェイウッドですが、ダフってまったく前に進まなかったり、トップして10ヤード先に転がったりといったこと、よくありますよね。アイアンで打っておけばよかった~!と後悔したこともあるゴルファーも多いのではないでしょうか。

今回はそんなフェアウェイウッドをしっかりミートするためのとっても効果的な上達法をご紹介します。ボールをダイレクトで打つイメージを捨てることでフェアウェイウッドは上手く打てるようになります。

フェアウェイウッドの上達法とは?

フェアウェイウッドでやってはいけない事とは?

フェアウェイウッドでやってはいけない事はダウンスイングで上から下に打ち込むことです。上達法を試す上で一番のNG行為です。フェアウェイウッドはボールを横から打っていくイメージが大切です。インパクトの瞬間にはソールの部分がすでに地面に当たっているのが理想的です。

クリーンに打ちたいという意識を強く持ち過ぎるとヘッドを地面より先に当ててしまおうという意識が強くなります。フェアウェイウッドをミスなく打つためにはインパクト前に地面にソールが付いた状態でミート出来る事が理想的です。早速上達法を見ていきましょう!

実践!フェアウェイウッド上達法

①布製のガムテープ

まずはガムテープをご用意ください。市販品には紙製と布製のものがありますが今回は布製のモノをご用意ください。紙製のものは表面がつるつる滑るので今回のドリルの効果が分かりにくくなってしまいます。

②切り取って地面に貼る

ガムテープを10cm程度に少し長めに切り取ってください。そしてそれを地面に張り付けてください。

③ボールを置く

地面に張り付けたガムテープの真ん中にボールを置いてください。左端でもなく右端でもなく中心にセットしてください。

④クラブでガムテープを剥ぐ

フェアウェイウッドで芝の上にあるガムテープを剥いでいくようなイメージでボールを打ちます。最初はフルスイングではなく小さいスイングから始めましょう。上手く剥ぎ取ることが出来ればだんだんスイング自体を大きくしていきましょう。

⑤ソールで剥ぎ取る

打つときのコツとしてインパクトではクラブのソールでガムテープを剥ぎ取っていくようなイメージでショットしてください。この感覚がフェアウェイウッドを横から打っていく感覚になります。

【ここがポイント!】

フェアウェイウッドで真横からボールを打ってソールの部分でガムテープを剥ぎ取ったら、結果的にボールに当たったという感覚で打ちましょう!けしてボールを打ち込まない事が上達法のポイントです。

上達の近道|グリップを短くする

ターゲット方向のコース幅が狭かったり、ハザードが多い場合はまず第一にリスクを考える必要があります。どれだけ飛ばせても深いラフやハザードにつかまってしまってはフェアウェイウッドで飛ばした意味がありません。ゴルフコースごとの状況を考慮しつつ、絶対にミスしたくない場面では、グリップを指1~2本程度短く持って安定性、方向性を確実なものとしてショットしましょう。

あえて冒険をした一打より、マネジメントされたショットの方がスコアは上がります。10ヤード程度の飛距離低下は次のショットで取り戻した方が得策です。

まとめ

フェアウェイウッド上達法はいかがでしたか?

上手く打てない原因や上達の妨げになっている要因は、クリーンに打ちたいというゴルファー特有の過剰な意識が生み出す「打ち込み過ぎ」と「飛ばしたい気持ち」が生む力みです。今回の上達法を繰り返すことでフェアウェイウッドでしっかりゴルフボールを捉える事が可能になるでしょう。

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

この記事の監修者

吉本 巧(プロゴルフコーチ)

吉本 巧(プロゴルフコーチ)

元世界ジュニアマスターズ入賞、米ミニツアー通算3勝、ベストスコア63。
ゴルフ修行のため14歳から単身渡米。11年間アメリカでジュニア選手、アマチュア選手、学生選手、ツアープロ選手、プロコーチを経験。
日米の20年の経験から「吉本理論」を構築。日本に帰国後、99ゴルフスクールを設立。「銀座ゴルフアカデミー」にて東京銀座を拠点にレッスン活動を行う。
プロ選手やアマチュア選手のスイング面のコーチングをはじめフィジカルトレーナー、プロツアーキャディー、メンタルコーチング、クラブフィッティングアドバイザーなどゴルファーを総合的にコーチング。

新着特集

特集一覧