ファボる (お気に入りへ追加)

ゴルファボ TOP上達法ドライバーの方向性を上げるアドレスの作り方と注意点

上達法

ドライバーの方向性を上げるアドレスの作り方と注意点

ターゲットを向いてアドレスするのはNG!初心者だけでなく、ゴルファーの多くは右を向いて構えてしまいがちです。その結果、せっかくナイスショットしても球は右方向へ…。そんな最悪な事態を避けるために、正しいドライバーの方向性を上げるアドレスのコツをプロが解説いたします。

ドライバーの方向性が悪い…ここ一番でOBしてしまう…。

第一打のミスショットを失敗してしまうと、スイングが悪かったのかと思いがちですが、実はアマチュアゴルファーのドライバーのミスの多くはアドレスにあると言われています。

なにも考えずに打つと思わぬ落とし穴が待っています。しかし…考えすぎれば考えすぎても失敗してしまうのがゴルフというスポーツでもあります。

そこで、今回はやってしまいがちなドライバーのミス原因と方向性を上げる方法をご紹介いたします。傾向が分かれば対策もしやすいので、ぜひ参考にしてみてください。

8割が間違ってる?!アドレスのミス

ゴルファーは右を向きやすい

ドライバーだけでなく、ゴルフでは右へのミスショットが多いことがほとんどです。

その原因は、球のスライス回転などの問題もありますが、多くの場合、最初から自然と右を向いてしまっていることがあります

これはゴルフというスポーツの特性で、狙いたい方向へと体を向けてしまうと、自動的に打球方向がターゲットよりも右になってしまうのです。

この右を向きやすいという特性に気付かずにいると、自分ではまっすぐ構えているつもりでも、実際は最初から違う方を向いたままショットしてしまいます。その結果、ドライバーをうまく打てたとしても球は右に行きます。

狙いたい方向と、体を向ける方向は別だということを忘れないでください。

右肩が被りやすい

ゴルフクラブを持った時ほぼ100%の人が右手が下にきます。(レフティの場合は左手)

なので、自然と後ろの肩が前に出過ぎてしまう傾向があります。特にドライバーはボール位置が先の方にあるのでその傾向はさらに強くなります。

右肩が前に出ている状態(被さっている)になると、上体に力が入りやすくなり、クラブがアウトサイドから下りて来やすくなります。結果、こすり打ち=スライスが多く起こります。

ドライバーを構えたときは、肩の位置も気にしてください。肩のラインがまっすぐなっていれば、適度なインサイド軌道で振りやすくなり、ボールにドロー回転もかけやすくなります。飛距離・方向性アップのためにも効果的です。

アドレスの作り方のコツ

体の向きを確認する

ターゲットに対して膝・腰・肩のラインがまっすぐなっているか確認してください。

膝・腰がまっすぐなっているのに、肩が被さっているパターンがとても多いようです

カット打ちや体の突っ込みの原因にもなり、飛距離・方向性ともに低下するのでドライバーでは特に注意してください。

グリップを確認する

強く握り過ぎていないか確認しましょう。特に初心者はドライバーを飛ばしたい気持ちが強すぎて握りしめてしまいがちです。

グリップは緩く握るよう心掛けてください。アマチュアゴルファーの多くは、自分でも気付かないうちに、手にグッと力が入り、スイング全体が固くなっています。

解決策として、一度思いっきりグリップを握り締めてみるのもおすすめです。わざとグッ~!と強く力を入れて緩めます。それを何回か繰り返せば、過度な力みを意図的に取り除くことができます。

足踏みをする

足踏みをしてリラックスさせる方法もあります。

すべてのポジションが決まったら、最後に5回ほど足踏みしてください。体全体を少し揺らすことでリラックスした良い位置に体を落ち着かせることができます。

下半身は踏ん張りつつ、上半身はリラックスがドライバーのナイスショットの基本です。

考えすぎに注意しよう!

ドライバーでもアイアンでも、ショットの前に少し注意するだけで、思い通りの球を狙ったところに打てる確率をグンと上げることが出来ますが…、考えすぎは絶対NGです。

グリップはあってるかな?クラブを上げる方向は?体のどこから始動させよう?などなど一連の動きを考えすぎてしまうと、スムーズにスイングできなくなり、良い球は打てません。

ドライバーを持ってすべてをセットし終えたら、あとはあれこれ考えずに打ちましょう

気持ちよく振り切ることも飛距離・方向性にとって大切なポイントなので、ぜひ今回の内容を参考にしてドライバーの方向性を上げてみてください。

>>>向きが良くなったら次はグリップ!”握りの基本”はこちらで解説いたします。

まとめ

初心者だけでなく、ほとんどのゴルファーは右を向いて構えてしまいがちです。

自分自身はターゲット(狙いたいポイント)よりも少し左側を向くようにしましょう。

いつでも正しく構えることはゴルフでもっとも難しいポイントの一つですが、普段の練習からアライメント(向き)に気を付けることで自然といつでもまっすぐ立つことができるでしょう。

練習場でも打席方向がどこを向いているのか確認し、不安であればアライメントスティックなどを使ってみてください。ドライバーの方向性を上げて、狙い通りの場所へ飛ばしましょう!

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。
×

新着特集

ライザップ【ゴルフ力診断】を体験レポ!分析でわかった長所と短 …

ライザップのゴルフ力診断とは?体験レッスンで受けられるスイング解析がいま人気になっています。あなたのスイング傾向や、ゴルファーとして ...
  • 雑学
  • 117

ゴルフの日焼け止め特集!できる男の肌ケア方法まとめ

絶対に焼きたくない人も、キレイに焼きたい人も、できる男はみんな肌ケアをしてる!いま、日焼け止めを使う男性ゴルファーが増えているようで ...
  • 雑学
  • 60

東京都内のゴルフレッスン!おすすめスクール BEST7

東京都内おすすめのゴルフスクールを大特集!レッスンを受けてみたいけど、何を基準にどこを選べばいいか分からない…そんなあなたのために選 ...
  • 雑学
  • 40

楽天ゴルフ保険がお得!月額たった240円で充実サポート

待ちに待った楽しいゴルフ!しかし、まさかの打球事故に遭遇…。あなたが困ったときに、強力にサポートしてくれるゴルフ保険を紹介します。月 ...
  • 雑学
  • 576

飲み会続きで疲れたゴルファーへ!肝臓サポートで元気を取り戻す …

お酒を飲む前、飲んだ後におすすめのサプリメントと選び方をご紹介します。肝臓は常にフル回転しています。しっかりサポートしてあげないと、 ...
  • 雑学
  • 88

ゴルフ旅行におすすめの人気スポット特集in小淵沢

ゴルフに行ったついでにこんなに楽しめる場所があったなんて!仲間や家族との最高の思い出作りにおすすめのスポットをご紹介します。ゴルフつ ...
  • 雑学
  • 197

特集一覧