ファボる (お気に入りへ追加)

ゴルファボ TOP上達法アドレスの基本!ゴルフ初心者が必ず守るべき5つの鉄則

上達法

アドレスの基本!ゴルフ初心者が必ず守るべき5つの鉄則

アドレス(構え方)の基本が自動的に作れる5つの鉄則をプロがレッスンいたします!初心者はもちろん、なかなかショットが安定しない方にも、とてもおすすめです。絶対にやってはいけないアドレスのNGポイントもぜひ参考にしてみてください。

もう少しトップ位置を高くしよう!手首のコックを浅くしよう!

スイング(振り方)は初心者から上級者まで常に気になるポイントですよね。

しかし…アマチュアの多くは“振り方”は気にしていても、ゴルフの第一基本とも言える「アドレス=構え」のことは疎かになっている傾向があるようです。

基本となる“構え”が良ければ、自動的にスイング(振り方)もよくなります。プロ含めゴルフ上級者のほとんどはアドレスで構えた時点で格好がよく、うまそう!と思えるアドレスをしています。

そこで今回は、再現性の高いショットの打つためのアドレス5つの鉄則をご紹介します。これさえ守れば基本はOK!ぜひ参考にしてみてください。

アドレスの基本!初心者が守るべき5鉄則

なぜ?アドレスが難しい理由とは…

ゴルフスイングは、上半身を前に倒した状態からクラブを振り上げ、そこから回転します。かんたんに言えば、肩の位置を左右に入れ替えるだけの非常にシンプルな動きです。

しかし、重量のあるクラブを持つと腕を使って動かしてしまいやすくなります

理想は全身を使って振ることですが、全身を連動させるスイングを意識して行うことは非常に難しくなります。なので、正しい動きが自動的にできるアドレスを作ることで、スイング全体がシンプルになり再現性が上がります。

初心者の基本!正しいアドレスの作り方5ステップ

腕とクラブの角度を作る

まず最初に…直立した状態から、腕を地面と水平に、クラブを地面と直角にしてまっすぐ立てます。

スタンス(足幅)は人それぞれ適した幅がありますが、基本は7番アイアンで肩幅程度。ドライバーなど、大きい番手を使う場合は広げてください。

スタンスが広ければパワーが出ますが、回転がしにくくなります。反対に狭いと回転がしやすくなりますが、パワーが生まれにくい特徴があります。自分なりの最適なスタンスを見つけてみてください。

胸の上に腕を落とす

最初に作った90度をキープしたまま両腕を胸の上に下ろします。

胸の上にすとんと腕が落ちた状態、この形が理想です。自然と脇が締まったフォームになります。

ゴルフでは脇を締めろと言われますが、言葉通りに脇をしっかり締めてしまうと振りにくくなりヘッドスピードも出ずに軌道も安定しません。

地面に対して90度に上げた角度をキープして胸の上にすとんと落としてください。脇の締まった良いフォームを自動的に作ることができます。

正しいグリップを知る

次にヘッドを落として地面とシャフトを水平にします。この時点で、下の指三本で全体を支えた形になります。このグリップを持っている形があなたに適した握りになります。

なかなかうまく打てない…そんな方の多くは、上からぐっと力を入れて持ったりしています。上から力を入れて持ってしまうと、肩がこわばってしまうので飛距離・方向性ともに低下してしまいます。

アドレス~フィニッシュまで、グリップ部分は常にやわらかい状態をキープしましょう。

前傾角度を作る

そして上半身を前に倒して、前傾角度を作ります。

まだ膝は曲げずに上体だけを倒してください。おしりを高い位置に保ちましょう。足がつっぱったようなイメージになりますがそれでOKです。この状態ではまだボールにヘッドが届いていなくても大丈夫です。

多くのアマチュアはアドレスで前傾せずに膝を曲げてボールに届かそうとしてしまいがちです。前傾しないままアドレスを作ってしまうと重心が後ろになり、スイング中後方に倒れやすくなります。当然、飛距離・方向性の悪い動きになります。

最後に膝で調整

そして、最後に膝を曲げてボールまでの距離を微調整します。少し足踏みをしてみると良いでしょう。

自分の体重が全部太もも前側に乗るようになれば◎です。イメージはベランダから下をのぞくような形です。上体でボールを見るようにすれば良いアドレスができます。

絶対に後ろ体重はNG。後ろ体重は全体のバランスが崩れやすくテイクバック~フォロースルーにかけて安定したフォームで振ることが難しくなります。少し前側に体重があるのが理想です。

>>>ゴルフスイングの基本を総まとめ!初心者が必ず守るべきポイントと練習方法をご紹介します。

まとめ

理想の軌道でスイングするには、自然と正しい動きになるようなアドレス(構え方)が重要です。

① 腕とクラブの角度を作る
② 胸の上にすとんと落とす
③ シャフトを地面と平行にする
④ 上半身を倒して前傾角度を作る
⑤ 膝を曲げて調整する

上記の5ステップを踏むことで正しいアドレス基本の形を自然と作ることができます。初心者はもちろん、ドライバーもアイアンもなかなかうまく打てない…そんな方はぜひ今回のレッスンをトライしてみてください。

*監修:小野寺誠

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。
×

新着特集

ゴルフの日焼け止め特集!できる男の肌ケア方法まとめ

絶対に焼きたくない人も、キレイに焼きたい人も、できる男はみんな肌ケアをしてる!いま、日焼け止めを使う男性ゴルファーが増えているようで ...
  • 雑学
  • 60

東京都内のゴルフレッスン!おすすめスクール BEST7

東京都内おすすめのゴルフスクールを大特集!レッスンを受けてみたいけど、何を基準にどこを選べばいいか分からない…そんなあなたのために選 ...
  • 雑学
  • 40

楽天ゴルフ保険がお得!月額たった230円で充実サポート

待ちに待った楽しいゴルフ!しかし、まさかの打球事故に遭遇…。あなたが困ったときに、強力にサポートしてくれるゴルフ保険を紹介します。月 ...
  • 雑学
  • 576

ライザップゴルフ体験取材!スコアップ2つの秘訣を調査

結果にコミットのライザップゴルフ。一度は行ってみたいと思ったことありませんか?これまでのレッスンプログラムといったい何が違うのか?ど ...
  • 雑学
  • 114

飲み会続きで疲れたゴルファーへ!肝臓サポートで元気を取り戻す …

お酒を飲む前、飲んだ後におすすめのサプリメントと選び方をご紹介します。肝臓は常にフル回転しています。しっかりサポートしてあげないと、 ...
  • 雑学
  • 88

ゴルフ旅行におすすめの人気スポット特集in小淵沢

ゴルフに行ったついでにこんなに楽しめる場所があったなんて!仲間や家族との最高の思い出作りにおすすめのスポットをご紹介します。ゴルフつ ...
  • 雑学
  • 197

特集一覧