ゴルファボ TOP上達法ビハインドザボールとは?ドライバーの飛距離が伸びる!

ファボる (お気に入りへ追加)

上達法

ビハインドザボールとは?ドライバーの飛距離が伸びる!

ドライバーで飛距離アップをするためには、ビハインドザボールの形を作り出すことが必須項目となります。インパクトの瞬間体が流れていたり、ヘッドが先走っていると力が正しく伝わりません。その全てを解決するビハインドザボールの秘訣をご紹介します!

「当たりは良いんだけどなぜか飛ばないなぁ…」そう思ったことありませんか?

これは、インパクトまでのスイング中に力が分散されてしまいボールに力が伝わらなかった可能性があります。原因は身体がターゲット方向に突っ込んでしまったり、体がブレたりしたりすることにありますが、そんな悩みを解決するのが「ビハインドザボール」です。

ビハインドザボールの形でボールを打てるようになると、ヘッドが走り力強いスイングが可能になります。当たっているのになぜか飛ばなかったドライバーが飛ぶようになりますし、プロのような美しいスイングにもなります。プロゴルファー含め、ゴルフの上手い人のインパクトの瞬間はもれなくこの形になっています。

今回は、ドライバーの飛距離が伸びる下半身を意識したビハインドザボールのインパクトの作り方をご紹介します。

ビハインドザボールとは?

簡単に説明すると…

インパクトを迎えた時に頭の位置がボールより右側にある状態の事です。ドライバーで飛ばそうと思えば思うほど、身体は前に突っ込んでしまいます。身体が突っ込んでしまうと、飛ばすどころかプッシュやチーピンの原因になってしまいます。

その点、ビハインドザボールでドライバーを打つことができれば、腰が入ったスイングで

飛距離を出すことができます。そのためにも、下半身で“溜め”を作り腰の回転を生み出すこ

とが重要になります。身体全体を大きく使ったスイングでドライバーの飛距離を伸ばす重

要な要素の一つです。

下半身の使い方を意識したビハインドザボールのインパクトの作り方

右足はベタ足にする

ビハインドザボールで打つための1stステップ

まずは下半身を固定させることから意識していきます。ドライバーでガンガン飛ばすプロゴルファーを見ても、どっしりとした構えで下半身が安定していますよね。スイング中に頭が前に突っ込まないようにするためにも、ダウンスイングをスタートするときは右足をベタ足にした状態にしましょう。

左腰を突き上げて左足を伸ばす

ビハインドザボールで打つための2ndステップ

右足をベタ足にした状態から、さらに左の腰を突き上げ、左足を伸ばすようなイメージで素振りをしましょう。この動きは慣れていないと、左のお尻が突っ張ったような状態になります。下半身をうまく使ってドライバーの飛距離を伸ばすためには、この “溜め”が重要になります。

慣れないうちは少しキツイと思いますが、この動きを意識することでドライバーの飛距離アップに大きな差が生まれます。慣れるまで少し辛抱してトライしてみて下さい。

両腰に高低差を作る

ビハインドザボールで打つための3rdステップ

上記1、2のステップを意識することにより両腰に高低差を作ることができます。この状態を作ることによって始めて、下半身を活かした流動的なスイングが出来るようになります。高低差を作る練習をする時には、鏡を前にしてビハインドザボールでインパクトを迎えるための「3つのポイント」を一連の流れでゆっくりと行ってみてください。

ビハインドザボールを習得するコツ

まずはを持たずに形を覚え、ベタ足→両腰の高低差が作れるようになったら実際にクラブを持って素振りをしてみましょう。最初はゆっくりでもいいので、出来るようになったら実際にボールを打ってみてください。一連の動きがしっかり身体に定着してくれば、頭が前に突っ込むことはなくなります。

ビハインドザボールで打てるようになると、クラブを振った時に体より左側(ターゲット方向)で“ブンッ”と音が鳴るようになります。この音を確認できるようになった頃には伸びるような球筋でドライバーの飛距離もグンとアップするでしょう。

ビハインドザボールの注意点

ビハインドザボールはインパクトの瞬間にボールよりも頭が後ろにある状態ですが、後ろに残そうとしすぎると、煽り打ちや上体のブレにも繋がりますので気を付けましょう。アドレスでセットした頭の位置を動かさないように意識するだけで、自然とビハインドザボールの形になります。

まとめ

・ドライバーの飛距離アップは、ビハインドザボールによって生まれる。

・理想的なでインパクトを作るために、両腰に高低差をつくる必要がある。

・両腰に高低差を作るためは、右足はベタ足、左足は伸ばす状態を意識する。

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

この記事の監修者

吉本 巧(プロゴルフコーチ)

吉本 巧(プロゴルフコーチ)

元世界ジュニアマスターズ入賞、米ミニツアー通算3勝、ベストスコア63。
ゴルフ修行のため14歳から単身渡米。11年間アメリカでジュニア選手、アマチュア選手、学生選手、ツアープロ選手、プロコーチを経験。
日米の20年の経験から「吉本理論」を構築。日本に帰国後、99ゴルフスクールを設立。神奈川県茅ヶ崎を拠点にレッスン活動を行う。
プロ選手やアマチュア選手のスイング面のコーチングをはじめフィジカルトレーナー、プロツアーキャディー、メンタルコーチング、クラブフィッティングアドバイザーなどゴルファーを総合的にコーチング。

新着特集

特集一覧