Loadingお気に入りへ追加

ゴルファボ TOP上達法短いアプローチでダフリ・トップを防ぐ打ち方のコツ

上達法

短いアプローチでダフリ・トップを防ぐ打ち方のコツ

ピンまで残り10ヤード!花道からのアプローチ。

ラフでもバンカーでもない場所からのアプローチは、絶対に失敗したくないシチュエーションの一つです。

しかし、なんの変哲もない場所からのショットだと思っていたのに、ダフリ・トップなどのミスが出てしまうことないでしょうか。

今記事では、そんな凡ミスを徹底的に防ぐための打ち方のコツと攻略法をご紹介します。攻略スキルの一つとしてぜひマスターしてみてください!

短いアプローチの攻略法

なぜ?簡単な場面でミスする理由

深いラフやベアグラウンドから打つときは、失敗してしまいそうな気がします。

しかし、ピンまで目前、ライも悪くないアプローチは状況としては易しいので、知らず知らずのうちに体に力が入ってしまう可能性があります。

絶対に失敗できないという考えがいつの間にか体を固くしてしまいます。スイングや体の軸がブレたりすると思わぬミスを誘発する可能性があります。

失敗しないための打ち方のコツ

残りヤードが少ない状況では、球を上げる必要もスピンをかけて止める必要もありません。転がして攻めるのが無難です。

体重は左足にかけよう

体重移動をなくすためにアドレスで体重を左足側にかけましょう。あくまで、体重をかけるのが左側です。頭や体の軸が左に傾き過ぎないようにしてください。

ボールは右足の前

ボールは右足の前です。左側に置くとクラブのロフトが寝た状態でインパクトしてしまうので球が上がります。

クラブを短く持とう

スイングをコントロールしやすいようにグリップを短くもちましょう。ターゲットラインに沿ってカップ方向にまっすぐフェースを向けてください。

手打ちでOK!下半身は使わない

ピンが近い場合は大きいバックスイングは必要ありません。なので、下半身は使わずに手打ちでOKです。手で転がすのをイメージして、その振り幅で打ちましょう。

もっと失敗しないための攻略法

上記で紹介した、基本の打ち方でもちょっと難しい…そんなあなたには「パターのように打つ」方法をおすすめします。

アプローチの際の、体の軸のブレや手首の解けによるインパクトのミスを防ぐことができるので、再現性がさらに上がるでしょう。

① まず、ソールのトゥ側を浮かして構えます。手を吊って構える形になります。

② ボールの近くに立って、パターを打つように下半身を使わず手でスイングします。

通常ショットのように、手首や下半身を極力使わないことで、ボールを確実に転がすことができます。

使う番手はウェッジやショートアイアンでも構いませんが、絶対に球を上げたくない人は、ユーティリティで打ってもいいと思います。

ロフトが立っているクラブで打てば、ある程度ミスしても球が上がることはないでしょう。下半身を使わずにゆっくり振ることを心掛けてください。

>>>アプローチの打ち方についてもっと詳しく知りたいかたはこちら↓

まとめ

残りヤードの短いアプローチでは、体重移動や手首を使わず出来るだけシンプルな打ち方を心掛けましょう。

どうしても失敗してしまいそうなら、パターのようにアップライトに構えて打つのがおすすめです。

球を転がすことができれば、大きな失敗をする可能性が低くなりスコアをまとめることができるでしょう。

この記事を書いたライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。
×

新着特集

ゴルフの待ち時間におすすめ!いま人気の動画配信サイト10選

動画配信サービスが今人気!打ちっぱなしなどのゴルフの待ち時間には、映画、ドラマ、アニメ見放題サービスがおすすめ!スマホでもテレビの大 ...
  • 雑学
  • 110

大阪のゴルフレッスンおすすめ10選!スクールの特徴や口コミ・ …

【大阪】のゴルフレッスンおすすめのスクール10選をご紹介します!レッスンに行ってみたいけど、どこに行けばいいか分からない…もっと上手 ...
  • 雑学
  • 266

ゴルフ【レーザー距離計】おすすめ人気ランキングBEST30選 …

レーザー距離計はどれを選べばいいの?どんな機能がある?平均価格は?そんな疑問をお持ちのあなたへ!レーザー距離計選び方のポイントと人気 ...
  • 雑学
  • 2204

【東京都内】ゴルフスクールおすすめ10選!レッスン初心者に人 …

東京都内おすすめのゴルフスクール9選をご紹介します!レッスンを受けてみたいけど、何を基準にどこを選べばいいか分からない…そんなあなた ...
  • 雑学
  • 384

ライザップ【ゴルフ力診断】を体験レポ!分析でわかった長所・短 …

ライザップのゴルフ力診断とは?体験レッスンで受けられるスイング解析がいま人気になっています。あなたのスイング傾向や、ゴルファーとして ...
  • 雑学
  • 134

ゴルフ【日焼け止め】おすすめ15選!失敗しないための選び方と …

夏ゴルフに日焼け止めは必須です!肌へのダメージ防止はもちろん、紫外線が当たってしまうことで体力を奪われてプレー中の集中力が低下してし ...
  • 雑学
  • 392

特集一覧