ファボる (お気に入りへ追加)

ゴルファボ TOP上達法ダウンスイングのコツ!体の近くで腕(クラブ)を振るためのコツ

上達法

ダウンスイングのコツ!体の近くで腕(クラブ)を振るためのコツ

ダウンスイングのコツは「腕を体に沿って振り下ろすこと」。腕が体から離れないようにすることでショットの再現性は上がり、飛距離・方向性ともにアップするでしょう!ぜひ参考にしてみてください!

体の近くで腕(クラブ)を振ることが出来ると、パワーが伝わりやすくなるだけでなく、軌道がブレにくくなるので方向性も安定します。

しかし、アマチュアの多くは体から離れたところでクラブを振っているようです。

もしも、あなたが飛距離が伸びない…ボールが右へ左へ安定しない…。そんなお悩みがあるならぜひ今回ご紹介するドリルを試してみてください!体の近くで振ってショットの精度を上げましょう!

ダウンスイングのコツ!体の近くでスイングする方法

ダウンスイングの正しいイメージ

バックスイングを上げてからクラブを振り下ろすときに、左手を体に擦り付ける(沿って下ろす)イメージでダウンスイングしてください。

脇を開けないで、腕が体にくっついたままダウンスイングします。

手が体から離れる人はクラブが外側から下りてきてしまい、スライス球などのミスショットが増えます。

左脇に空間が出来るので、自然と肩もつっこんでしまいます。様々なミスやショット精度の低下に繋がります。

理想は体に沿って手元がまっすぐ下りてくること。体の近くを通すことで腕が暴れにくくなり、ダウンスイングの軌道が安定します。

体に沿って正しくダウンスイング出来ると上記画像のように、クラブが見える時間が遅くなります。ぎりぎりまでゴルフクラブが出てこない形が理想。軌道も安定して強いパワーで振ることができます。

反対に、体に沿わないで(アウトサイドから)下ろしてしまうと、クラブはすぐに見えてきます。

まずは素振りからでも良いので鏡で確認しながら自分のフォームを確認してみましょう。軸がブレないように注意しながら、体に沿ってダウンスイングしてください。大城プロのようにクラブがなかなか見えてこないようになれば◎です。

▶ダウンスイングで腰を切るタイミングをプロが解説します↓https://pro-golfacademy.com/chishiki/16357/

まとめ

ダウンスイングでは、左腕を体に擦り付けるイメージで振るのがおすすめです。

腕が体から離れないことで、再現性が上がりパワーも伝わりやすくなるので飛距離アップも期待できます。

後方から見たときには手が真下に下りるようにしましょう。アウトサイドイン軌道にならないのでスライスが出る人にもおすすめの改善法です。

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

新着特集

ダイエット(減量)サポート食まとめ!食べながら健康的に体重を …

いつの間にか体重が増加してしまった…そんなゴルファーへ!ダイエットを助けてくれるサポート食をご紹介します!体重の増加は健康面だけでな ...
  • 雑学
  • 235

ライザップ【ゴルフ力診断】を体験レポ!分析でわかった長所と短 …

ライザップのゴルフ力診断とは?体験レッスンで受けられるスイング解析がいま人気になっています。あなたのスイング傾向や、ゴルファーとして ...
  • 雑学
  • 117

ゴルフで”日焼け止め”使うべき?できる男の肌ケア術!

いま、【日焼け止め】を使う男性ゴルファーが増えているようです!絶対に焼きたくない人も、キレイに焼きたい人も、できる男はみんな肌ケアを ...
  • 雑学
  • 60

東京都内のゴルフレッスン!おすすめスクール BEST7

東京都内おすすめのゴルフスクールBEST7をご紹介します!レッスンを受けてみたいけど、何を基準にどこを選べばいいか分からない…そんな ...
  • 雑学
  • 159

ゴルフ保険まとめ!補償内容とおすすめ商品BEST4

待ちに待った楽しいゴルフ!しかし、まさかの打球事故に遭遇…。あなたが困ったときに、強力にサポートしてくれるゴルフ保険を紹介します。手 ...
  • 雑学
  • 576

飲み過ぎゴルファーへ!お酒を翌日ラウンドまで残さないためのサ …

楽しいゴルフが二日酔いで辛い…!そんなあなたのお酒を飲む前、飲んだ後におすすめのサプリメントと選び方をご紹介します。肝臓は常にフル回 ...
  • 雑学
  • 88

特集一覧