Loadingお気に入りへ追加

ゴルファボ TOP上達法ダウンスイングのコツ!体の近くで腕(クラブ)を振るためのコツ

上達法

ダウンスイングのコツ!体の近くで腕(クラブ)を振るためのコツ

体の近くで腕(クラブ)を振ることが出来ると、パワーが伝わりやすくなるだけでなく、軌道がブレにくくなるので方向性も安定します。

しかし、アマチュアの多くは体から離れたところでクラブを振っているようです。

もしも、あなたが飛距離が伸びない…ボールが右へ左へ安定しない…。そんなお悩みがあるならぜひ今回ご紹介するドリルを試してみてください!体の近くで振ってショットの精度を上げましょう!

ダウンスイングのコツ!体の近くでスイングする方法

ダウンスイングの正しいイメージ

バックスイングを上げてからクラブを振り下ろすときに、左手を体に擦り付ける(沿って下ろす)イメージでダウンスイングしてください。

脇を開けないで、腕が体にくっついたままダウンスイングします。

手が体から離れる人はクラブが外側から下りてきてしまい、スライス球などのミスショットが増えます。

左脇に空間が出来るので、自然と肩もつっこんでしまいます。様々なミスやショット精度の低下に繋がります。

理想は体に沿って手元がまっすぐ下りてくること。体の近くを通すことで腕が暴れにくくなり、ダウンスイングの軌道が安定します。

体に沿って正しくダウンスイング出来ると上記画像のように、クラブが見える時間が遅くなります。ぎりぎりまでゴルフクラブが出てこない形が理想。軌道も安定して強いパワーで振ることができます。

反対に、体に沿わないで(アウトサイドから)下ろしてしまうと、クラブはすぐに見えてきます。

まずは素振りからでも良いので鏡で確認しながら自分のフォームを確認してみましょう。軸がブレないように注意しながら、体に沿ってダウンスイングしてください。大城プロのようにクラブがなかなか見えてこないようになれば◎です。

▶ダウンスイングで腰を切るタイミングをプロが解説します↓https://pro-golfacademy.com/chishiki/16357/

まとめ

ダウンスイングでは、左腕を体に擦り付けるイメージで振るのがおすすめです。

腕が体から離れないことで、再現性が上がりパワーも伝わりやすくなるので飛距離アップも期待できます。

後方から見たときには手が真下に下りるようにしましょう。アウトサイドイン軌道にならないのでスライスが出る人にもおすすめの改善法です。

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。
×

新着特集

ゴルフ【ドライバー】おすすめランキング30選|初心者でもわか …

【2021年版】おすすめドライバー30選と正しい選び方のポイントを徹底解説いたします!新品・中古、新・旧モデル含めてどんなドライバー ...
  • 知識
  • 117

ゴルフの待ち時間におすすめ!いま人気の動画配信サイト10選

動画配信サービスが今人気!打ちっぱなしなどのゴルフの待ち時間には、映画、ドラマ、アニメ見放題サービスがおすすめ!スマホでもテレビの大 ...
  • 雑学
  • 55

【話題】ファイゴルフとは?自宅で本格シミュレーションゴルフが …

自宅でもゴルフが楽しめたら…そんなゴルファー達の願いを叶えたアイテム「ファイゴルフ」をご紹介します!高価なスクリーンやシステムを購入 ...
  • 雑学
  • 116

ゴルフで得するクレジットカードおすすめ7選!特典ポイントを使 …

ゴルフおすすめクレジットカードでプレーをもっとお得に楽しもう!日常のあらゆる所で貯めたポイントは、ゴルフ、旅行、ショッピングで利用す ...
  • 雑学
  • 111

大阪でゴルフレッスン!スクール初心者におすすめ10選!口コミ …

【大阪】のゴルフレッスンおすすめのスクール10選をご紹介します!レッスンに行ってみたいけど、どこに行けばいいか分からない…もっと上手 ...
  • 雑学
  • 133

ゴルフ【レーザー距離計】おすすめ人気ランキングBEST10【 …

レーザー距離計にはどんな機能があるの?どんなものを選ぶべき?平均の金額はいくら?そんな疑問をお持ちのあなたへ!選び方のポイントと人気 ...
  • 雑学
  • 929

特集一覧