Loadingお気に入りへ追加

ゴルファボ TOP上達法スイング始動をまっすぐにしてショットの精度を上げるテイクバックのコツ

上達法

スイング始動をまっすぐにしてショットの精度を上げるテイクバックのコツ

ショットの精度を上げるにはテイクバックの腰までの位置が非常に重要です。

ゴルフ初心者含め、アマチュアの多くはダウンスイングの動きを見てしまいがちですが、ナイスショットの秘訣はテイクバックの最初の動きにあります。

「クラブはまっすぐ引きましょう」一般的によく言われますが、実際まっすぐってどこ?と思っている方も多いかと思います。

今回は、そんな疑問をお持ちの方に、どこにクラブや手元がくれば正解なのかを解説いたします。思い通り打つための重要なポイントをぜひ参考にしてみてください!

テイクバックのコツ

 

テイクバックは“腰の高さ”までが重要

手とクラブヘッドを重ねよう!

テイクバックの腰の高さの位置で、手とクラブヘッドが平行になるポジションが、まっすぐ引いている形となります。

なぜ、このポジションが大事なのかというと…まっすぐ平行に引くことで、インパクトでフェースがまっすぐ帰ってきやすくなるからです。

斜めに引いてしまうとインパクトまでに平行に戻す動きが必要なとなるので、再現性が低くなります。うまく打てることもありますが、ミスする確率が高くなってしまいます。

重ならないと、どうなる?

上記はインサイドに引き過ぎています。スライスが出る人によく見られる形です。

アマチュアゴルファーによくみられる動きです。インサイドに引いたクラブは自然とアウトサイドに下りてきてしまい、球を擦り打ってしまうのでスライスになってしまいます。

反対に、アウトサイド(外側)に上げると、ダウンスイングでインサイドに下りてきます。

球がつかまりやすくドロー回転がかかりやすくなりますが、つかまり過ぎるとフック球やチーピンに繋がる可能性があります。

佐藤プロも元からの癖でアウトに上げてしまう傾向があるようです。アウトに上げるとまっすぐ戻す動作が加わってしまうので再現性が下がりますので、アマチュアは「まっすぐ上げる」を意識したほうがショットの精度も上がるでしょう。

▶テイクバックを上達させるための記事はこちらも人気です↓

まとめ

テイクバックでは、手とクラブが重なるようにしましょう。

まっすぐ引くことでトップ位置も自然と決まり、正しい角度でダウンスイングしやすくなります。

プロゴルファーは腰の高さまでの動きを非常に大事にしているそうです。ぜひ参考にしてみてください。

この記事を書いたライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。
×

新着特集

ゴルフの待ち時間におすすめ!いま人気の動画配信サイト10選

動画配信サービスが今人気!打ちっぱなしなどのゴルフの待ち時間には、映画、ドラマ、アニメ見放題サービスがおすすめ!スマホでもテレビの大 ...
  • 雑学
  • 110

大阪のゴルフレッスンおすすめ10選!スクールの特徴や口コミ・ …

【大阪】のゴルフレッスンおすすめのスクール10選をご紹介します!レッスンに行ってみたいけど、どこに行けばいいか分からない…もっと上手 ...
  • 雑学
  • 266

ゴルフ【レーザー距離計】おすすめ人気ランキングBEST30選 …

レーザー距離計はどれを選べばいいの?どんな機能がある?平均価格は?そんな疑問をお持ちのあなたへ!レーザー距離計選び方のポイントと人気 ...
  • 雑学
  • 2204

【東京都内】ゴルフスクールおすすめ10選!レッスン初心者に人 …

東京都内おすすめのゴルフスクール9選をご紹介します!レッスンを受けてみたいけど、何を基準にどこを選べばいいか分からない…そんなあなた ...
  • 雑学
  • 384

ライザップ【ゴルフ力診断】を体験レポ!分析でわかった長所・短 …

ライザップのゴルフ力診断とは?体験レッスンで受けられるスイング解析がいま人気になっています。あなたのスイング傾向や、ゴルファーとして ...
  • 雑学
  • 134

ゴルフ【日焼け止め】おすすめ15選!失敗しないための選び方と …

夏ゴルフに日焼け止めは必須です!肌へのダメージ防止はもちろん、紫外線が当たってしまうことで体力を奪われてプレー中の集中力が低下してし ...
  • 雑学
  • 392

特集一覧