ゴルファボ TOP上達法パターのストロークを安定させる練習法 ー基礎編ー

ファボる (お気に入りへ追加)

上達法

パターのストロークを安定させる練習法 ー基礎編ー

ゴルフで実力の差がもっとも出るのがパッティングだと言われています。パターのタッチがバラバラだとカップに届かなかったり、行ったり来たりしてショットの数より多くなってしまいます。今回は、パターのストロークを安定させる方法をお伝えします。

パターがうまくなるためには、ストロークを安定させることがとても大切です。

タッチに難があると距離が合わないので、ノー感パットになってしまいます。正しい方法を知れば、誰にも負けないパッティングを手に入れることができます。今回は、パターのストロークを安定させる練習法をお伝えします。

パターの振りが良くなると、自分の思い通りに距離感やラインに乗せることができるようになります。自信を持ってパッティングができるようになると、ラインの読み方も冴えてきますので、パット数も減らすことができます。

ぜひ、ご自宅やラウンド前のパター練習場で試してパターの上達に役立ててください。

パターのストロークを安定させる練習法

パターが良ければスコアアップできるのか?

ストロークは、パッティングの中でとても大切だとお伝えしました。打っても入るか入らないかの2分の1の確率だと思うかもしれませんが、実は、パターのリズムは、ゴルフのすべてに通ずるものがあります。

例えば、ゴルフのスイングです。テークバックからトップ、ダウンスイング、インパクト、フォロースルーなどすべてのパートでリズムが悪いとミスショットになったりします。アプローチのショットもクラブを上げるのと下げるリズムが狂うとダフったりトップしたりしてピンまで寄りません。

プロの試合のテレビ中継を見ていると、パターでバーディーパットを外した後のティーショットで崩れたりするプロゴルファーも多くいると思います。ストロークの安定はスイングのリズムにつながります。ショット、アプローチ、パターに影響を及ぼしますので、最終的にはスコアにもつながっていきます。

パターの調子がいいとスコアが崩れるといったことはないので、ぜひ、このやり方をマスターしてゴルフのレベルアップにチャレンジしてください。

実践!スキルアップ習得ドリル

ご用意していただくも

・スティック(クラブで代用可)

クラブだとヘッドの部分が重くなってやりにくくなりますので、スティック状のものがあればそれを使ってください。

スティックを両脇に挟みホールドする

脇に挟んで腕でスティックが落ちないように構えてください。曲がるまで力を入れず、肩の力は抜いてください。

スティックが落ちないようにする

この状態で地面に落ちないように意識しながらパターを持ってストロークしてください。上半身の体幹部分、両肩、両腰と腕が一体となっていることがわかると思います。

手打ちになって手でこねてしまう場合は、方向性や距離感のバランスが悪くなるのですが、このように両脇に挟むことによって、体と腕が一体となるので安定したパターのストロークができるようになります。

実際に両脇に挟んで、何球か打ってみてください。両脇に挟んで地面に落ちないように意識して、ボールを打つことによって、少し窮屈に感じがするかもしれませんが、それで全く問題ありません。スティックを挟むことで、窮屈な感じがする場合は、今まで手首を使いすぎていたということになります。

ドライバーやアイアンと一緒でパターも手打ちになるとコントロールが効かなくなりますので、このように脇に挟むドリルはとても有効です。ご自宅やラウンド直前のパターの練習場でも行えるので、是非、試してみてください。

また、パターの距離感をプロ級にするドリルもあります。基礎編、応用編、プロ級とありますので、ぜひご覧ください。これであなたは、ロングパットからショートパットまで自由自在にタッチを合わせてどこからでもカップインする技術を持てるでしょう!

まとめ

いかがでしたか?

ストロークが安定するとパッティングに集中できるので、カップに入る確率がグンッと上がります。パットが入るとリズムがよくなり、気持ちよく次のホールにいけますのでティーショットも良くなり、ドライバーの飛距離もアップするでしょう。

ミスパットが続いたら、パターを脇に挟み、何度か素振りをするとまた良い状態に戻れますので、ぜひこのドリルを試してみてください。

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

この記事の監修者

吉本 巧(プロゴルフコーチ)

吉本 巧(プロゴルフコーチ)

元世界ジュニアマスターズ入賞、米ミニツアー通算3勝、ベストスコア63。
ゴルフ修行のため14歳から単身渡米。11年間アメリカでジュニア選手、アマチュア選手、学生選手、ツアープロ選手、プロコーチを経験。
日米の20年の経験から「吉本理論」を構築。日本に帰国後、99ゴルフスクールを設立。神奈川県茅ヶ崎を拠点にレッスン活動を行う。
プロ選手やアマチュア選手のスイング面のコーチングをはじめフィジカルトレーナー、プロツアーキャディー、メンタルコーチング、クラブフィッティングアドバイザーなどゴルファーを総合的にコーチング。

新着特集

特集一覧