ゴルファボ TOP上達法パターのストロークを安定させる練習法 -応用編-

ファボる (お気に入りへ追加)

上達法

パターのストロークを安定させる練習法 -応用編-

パターがうまくいくとやっぱり気持ちいいですよね!でも、ストロークが安定しないと読んだラインに乗せることができずカップまではほど遠い…。今回は、パターのストロークを安定させる方法の応用編をお伝えします。パットの数を減らしてスコアアップしよう!

パターのストロークを安定させることは、ひっかけたり、押し出したりのミスパットを予防し、パットに大切な距離感を保つことにつながります。前回の記事で、ストロークを安定させることが、自分の思い通りの距離感やライン出しができるようになる内容をご紹介しました。今回はその練習法の応用編です。

まだ基礎編の動画をご覧になっていない方は、先に見られることをおススメします。ストロークの安定のための練習方法を取り入れることで、ボールの転がりが抜群に安定します。

ぜひ、ご自宅やラウンド前のパター練習場で試してパット数を減らし、スコアアップに役立ててください。

パターのストロークを安定させる練習法 -応用編-

ストロークは「短いショット」と考えよう!

ストロークはあくまでも「短いショット」と考えましょう。スイングと同じく、手先ではなくカラダを使うとストロークを安定させることができます。パターは、アプローチショットなどと比べると、手先だけでも簡単に打ててしまいますが、それでは再現性が低くなってしまいます。

毎回パターの芯でボールを捉えたいのであれば、手先の余計な動きを防ぐことがストロークの安定を生みます。

実践!テクニック習得ドリル

前回は、スティックを両脇に挟んで、手打ちであったり、手首をこねたりするストロークを防ぎ、体と腕が一体となってストロークするポイントをお伝えしました。今回は、このドリルの応用編をご紹介します。

ポイントは前回ご紹介したように同じです。前回の詳細はこちらです。

両脇でスティックを挟みストローク

地面に落ちないようにストロークするのは変わりません。ここからさらに良いストロークの精度を高める方法をご紹介します。

スティックは、ストロークするときに肩の動きと同時に動きます。このとき、スティックが地面と直角に動く必要はまったくありません。スティックの動きは、個人差があり、地面と直角でなくてもOKです。バックスイングでは斜めの方向に動いても問題ありません。

バックスイングと同じ軌道でストローク

大事なポイントは、スティックの末端の部分がバックスイングの軌道とほぼ同じ軌道で下ろせることが理想的です。バックスイングとダウンスイングの軌道が同じだとストロークの精度が格段に上がります。

これをいきなり意識するのは難しいので、最初はクラブを持たずに、シャドウスイングで行っていきます。

両手を合わせてシャドウスイング

意識していただきたいのは、シャドウスイングでスティックの末端部分がバックスイングで上げたところと同じところから下ろしてくるということです。

このドリルを行うときには、なかなか自分ではこの末端を自分で見られないと思います。可能であれば、鏡の前でチェックしながら行ってください。または、ご友人かゴルフ仲間にチェックしてもらってください。

1人で練習する場合では、スマホやデジカメを置いて、バックスイングとダウンスイングのとき、スティックの先が同じ軌道上になっているかを確認してください。

イメージが掴めてきたらパターを持ってストローク

シャドウスイングでストロークのイメージが湧いてきたら、その余韻を残したまま、今度はパターを持ってストロークしていきます。そのときは、ヘッドの動きにとらわれず、スティックの先を上げたところと同じ軌道で下ろすというのを意識してみてください。

それによってストロークというのを安定させることができます。また、パターの打点を安定させるドリルもあります。併せて試すとパッティンのストロークと距離感の精度がさらに上がるでしょう。ぜひ、試してみてください。

まとめ

いかがだったでしょうか?

前回の復習も含め、ストロークを安定させる方法を確認することができたと思います。いくらいいショットを打ってグリーンに運んでも、パターのストロークが安定しないとカップインできず、いいスコアで上がれません。ぜひ、基礎編、今回の応用編を試していただき、パット数を減らしてスコアアップに繋げてください!

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

この記事の監修者

吉本 巧(プロゴルフコーチ)

吉本 巧(プロゴルフコーチ)

元世界ジュニアマスターズ入賞、米ミニツアー通算3勝、ベストスコア63。
ゴルフ修行のため14歳から単身渡米。11年間アメリカでジュニア選手、アマチュア選手、学生選手、ツアープロ選手、プロコーチを経験。
日米の20年の経験から「吉本理論」を構築。日本に帰国後、99ゴルフスクールを設立。「銀座ゴルフアカデミー」にて東京銀座を拠点にレッスン活動を行う。
プロ選手やアマチュア選手のスイング面のコーチングをはじめフィジカルトレーナー、プロツアーキャディー、メンタルコーチング、クラブフィッティングアドバイザーなどゴルファーを総合的にコーチング。

新着特集

特集一覧