ゴルファボ TOP上達法ゴルフ飛距離アップのコツと前傾角度の関係性

ファボる (お気に入りへ追加)

上達法

ゴルフ飛距離アップのコツと前傾角度の関係性

もし、あなたが最近ドライバーの距離が伸びていないと感じているのなら、この記事が役に立つかもしれません。今回は、ゴルフ飛距離アップのコツと前傾角度の関係性についてご紹介します!手っ取り早く簡単に10~30ヤードアップしたい方は必見です!

ゴルファーなら誰でも「ボールを遠くへ飛ばしたい!」と思いますよね!ゴルフで飛ばすためには、ただマン振りするだけの練習方法ではなくて、「飛距離アップのコツ」を知って練習することがとても大切になってきます。

今回は、ゴルフの飛ばしに行き詰まってしまった時に実践できるアドレスのポイントをご紹介します。球を遠くに飛ばすためにいろんなことをやっているのに、行き詰まりから抜け出せない方もいらっしゃると思います。今回は、1つの起爆剤のような飛距離アップのコツをお伝えてします。

初心者ゴルファーからゴルフ上級者まで誰でも実践することができます。今まであなたが限界と思っていたゴルフスイングの動きや、ヘッドスピードが格段に上がることが期待できます!

ぜひ、動画をご覧いただき、次のゴルフ練習やラウンドで試してみてください。新しい自分のゴルフスイングに出会えます!

ゴルフの飛距離に行き詰まった時に起爆剤となるアドレス

飛距離アップのコツは◯◯にあった!

コツは、アドレスの前傾角度になります。

楽なアドレスでずっとゴルフボールを打ったり、ラウンドしたりしているとそれが当たり前になってしまいます。そうなってしまうと、身体の動きに限りが出てきてしまい、どうしても飛ばすことができなくなってしまいます。

ゴルフで飛ばすときは前傾姿勢を少し変えてみることです。それが飛距離アップのコツになります。今までできなかったゴルフスイングの動きができるようになったりとか、できなかった形が作れるようになったりします。

ゴルフで球の飛びに行き詰まってしまった場合は、ショック療法ではないですが、起爆剤として、上半身の角度を少し変えてみてゴルフボールを打ってみてください!

飛距離アップのコツ①|浅くする

通常の前傾角度から少し浅くしてみます。それで、何球かボールを打ってみましょう。ゴルフボールに近づくと上体が起きてくるので浅くアドレスが取りやすくなります。

飛距離アップのコツ②|深くする

続いて、いつもの前傾角度からほんの少し深くしてみます。何球か打ってみましょう。少しボールから離れると、お辞儀するように深く構えやすくなります。

上半身の前傾姿勢というのは、自分が構えやすいところになってしまい、いわゆる楽なアドレスをとってしまいがちです。それによって、今まで感じることがなかった、厚いインパクトで真芯に当たる感触やクラブの抜けが良くなったりすることができるようになる可能性もあります。

いろいろな角度を試行錯誤した中で、一番しっくりくる構え、一番成果が出る構えというのを取り入れてみて、新しいアドレスで試してみてください。

注意点として、あまりにも上体が浅くなったり、深くなったりすると体が使えず腕だけのパワーの入らないショットになってしまいますので、球を打ちながら徐々に変えて調整していきましょう。

ゴルフはインパクトがすべて!形を覚えれば誰でも簡単に打てるようになります!↓↓↓

まとめ

いかがだったでしょうか?アドレスの姿勢が、ゴルフの飛距離アップのコツというのは驚きでしたね。いつもの構えが、飛びに影響を与えていたなんでびっくりです。ボールの飛びに悩んだら、前傾角度を調整してヘッドスピードが上がるのかを確認してください。インパクトの音、感触の違いに気づくと思います。ぜひ試してみてください。

 

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

この記事の監修者

吉本 巧(プロゴルフコーチ)

吉本 巧(プロゴルフコーチ)

元世界ジュニアマスターズ入賞、米ミニツアー通算3勝、ベストスコア63。
ゴルフ修行のため14歳から単身渡米。11年間アメリカでジュニア選手、アマチュア選手、学生選手、ツアープロ選手、プロコーチを経験。
日米の20年の経験から「吉本理論」を構築。日本に帰国後、99ゴルフスクールを設立。「銀座ゴルフアカデミー」にて東京銀座を拠点にレッスン活動を行う。
プロ選手やアマチュア選手のスイング面のコーチングをはじめフィジカルトレーナー、プロツアーキャディー、メンタルコーチング、クラブフィッティングアドバイザーなどゴルファーを総合的にコーチング。

新着特集

特集一覧