ゴルファボ TOP上達法ドライバー飛距離を上げる”体重移動”の正しい仕組みとは?

ファボる (お気に入りへ追加)

上達法

ドライバー飛距離を上げる”体重移動”の正しい仕組みとは?

ドライバーでボールを遠くに飛ばすには「体をまわせ」と言われているけど、回せばまわすほど、余計に飛ばなくなっているような気がする…実は、ドライバーで飛距離を出したいときは回転する前にあることをしないといけません。それがこれです…!

ゴルフでドライバーを飛ばすには体重の移動は欠かせません。あなたはしっかりと乗せてインパクト出来ていますか?もし、できていないのであれば、ドライバーの飛距離が出ない原因になります。

今回は、ドライバーの飛距離を上げる”体重移動”の正しい仕組みについてご紹介します。

アマチュアゴルファーのほとんどは、しっかりと体重を移動しないまま振っています。ドライバーの距離を伸ばすのに必要な要素は、インパクト前には左足に体重が移動していることが大切です。

ドライバーの飛距離アップのための注意点

身体をまわす前にすることとは…?

今回はドライバーを今よりも飛ばすための注意点をご紹介したいと思います。トップのポジションからクラブを降ろしてくる時に「しっかり身体を回せ」と聞いたことがあると思います。

確かにプロ選手のスイングをみても、インパクトを迎えるときにはしっかり身体を回しています。そこで注意していただきたいポイントとして、クラブを降ろしてくる時に体をまわすことだけを先走ってしまうと、かえって距離が出なくなってしまいます。

飛距離が伸びる仕組みとは…

ドライバーの距離がアップの仕組みをお伝えします。

悪いパターン

トップのポジションからドライバーを降ろしてくるときに、体を回して、腰と肩をまわすことを優先させてしまった場合、スイングの基本であるターゲット方向への動きがなくなってしまい、トップポジションの状態で右足重心のまま回ってしまうことがあります。

そうすると、左足に重心が移る動きがないまま、ボールを打つ形になってしまいますので、結果、捻転で出来た力がしっかり伝わらずドライバーで飛距離を出すことができなくなってしまいます。

さらには、悪いパターンとして、2軸でバックスイングをする方は、トップのポジションからダウンスイングの時に左に戻っていかないと、クリーンに球を打つことができなくなってしまいます。

右足重心の状態で、回転だけ行ってしまうと、クラブヘッドがボールに届かなくなってしまい、チョロになったり、低いライナーになったりしてしまう危険性があります。

↓↓↓ドロー回転でランを稼ぐ打ち方のご紹介です。+10〜20ヤード期待できます!

良い例|体重の移動ができると…

インパクトに向かうときは、トップのポジションから回転だけで振るのではなく、必ずからだをターゲット方向に移しながら、しっかりまわすことを意識してください。

ドライバーでスライスが出ると「体をまわせ、回転させろ」と言われるのですが、悪い例のとおり、身体をまわせばまわすほどミスショットを誘発してしまいます。プロのスイングを連続写真で見たり、動画で見たり、すると回転の動きが顕著に見えるので、アマチュアゴルファーはまわした方がいいのかなぁと思ってしまいます。

プロ選手でも、必ずターゲット方向に重心を移しながら身体を回していますので、必ずターゲット方向への動きとセットで、しっかり回すというポイントを意識してください!

プロ総勢29名のドライバーショットです!ジャンボ尾崎プロを筆頭に若手、シニア選手のナイスショットがご覧いただけます。あなたの良い参考にしてみてください↓↓↓

まとめ

ドライバーの飛距離を伸ばすためのポイントはいかがでしたか。その場で回るのではなく、ターゲット方向に移してから回すことを意識してください!体重移動することによって、パワーがボールに伝わりますので、ドライバーの飛距離アップができます。

球が遠く飛ぶとアドバンテージになりますので、セカンド、サードショットも短くなりグリーンも簡単に狙えます。スコアアップも期待できます。

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

この記事の監修者

吉本 巧(プロゴルフコーチ)

吉本 巧(プロゴルフコーチ)

元世界ジュニアマスターズ入賞、米ミニツアー通算3勝、ベストスコア63。
ゴルフ修行のため14歳から単身渡米。11年間アメリカでジュニア選手、アマチュア選手、学生選手、ツアープロ選手、プロコーチを経験。
日米の20年の経験から「吉本理論」を構築。日本に帰国後、99ゴルフスクールを設立。「銀座ゴルフアカデミー」にて東京銀座を拠点にレッスン活動を行う。
プロ選手やアマチュア選手のスイング面のコーチングをはじめフィジカルトレーナー、プロツアーキャディー、メンタルコーチング、クラブフィッティングアドバイザーなどゴルファーを総合的にコーチング。

新着特集

センスがいい人と言われるためのポロシャツコーデ3つの鉄則

ゴルフ場の服装でとても恥ずかしい思いをしてしまいました。なんとなく選んだポロシャツが○○だったんです…。ワンランク上の洒落た大人ゴル ...
  • 雑学
  • 201

今治タオルで快適ゴルフ!大人気おすすめアイテムを調査

ゴルフに欠かせないアイテムがタオルです。いまゴルファーの間で『今治タオル』が人気なの知ってました?ラウンド中の不快な汗を、さっぱりと ...
  • 雑学
  • 115

ゴルフのレーザー距離計を使い倒す!4メーカー徹底調査

レーザー距離計でゴルフは変わるのか徹底調査!正しいヤード数が分かることにどんなメリットがあるの?使い心地は?どんなものを選べばいいの ...
  • 雑学
  • 349

パークゴルフとは?親子3世代で楽しめるスポーツ特集

今じわじわと競技人口を増やしているスポーツ。それが『パークゴルフ』です。親子3世代で楽しめて、初心者でもかんたんにプレイできところが ...
  • 雑学
  • 133

ゴルフボール知っておくべき2つの性能とおすすめの選び方

あなたのパフォーマンスを最大限引き出す『ゴルフボール』は一体どのメーカー?どのシリーズ?飛距離性能やスピン量を参考に選び方のポイント ...
  • 雑学
  • 150

『マーク&ロナ』特集!いま女子ウケNo.1の人気ブランドを徹 …

いま大人ゴルファーに大人気の「マーク&ロナ」を大特集!おしゃれなポロシャツから、グローブ、バッグまで、デザインに優れ機能性も ...
  • 雑学
  • 16

特集一覧