ゴルファボ TOP上達法ドライバーは右手が大事!力が伝わるスイングのコツ

ファボる (お気に入りへ追加)

上達法

ドライバーは右手が大事!力が伝わるスイングのコツ

ドライバーで止まったボールを遠くに飛ばすには”右手の押し込み”が必要です!ドライバーで飛距離を出したいけど上手く球に力が伝わらない…そんなあなたでも右腕の形をイメージするだけでパワーを伝えるコツがつかめます。もっと飛ばしたい方必見です!

ゴルフスイングの両腕の動きには、それぞれ役割があります。それを無視してスイングすると、バランスが取れなくなり、ドライバーのヘッドスピードが上がらず飛ばなくなります。

ドライバーの飛距離をアップさせるには、右手と左手のそれぞれの使い方をしっかり理解してスイングすることが大切になります。

ドライバーを飛ばす時、理想的な手の使い方というのは…

・右手はパワー

・左手はコントロール

ドライバーでは、左腕がスイングの軌道をコントロールして、そこに右腕でパワーを足して飛距離を出していきます。今回は、その動きを確実に行えるためのドリルをご紹介していきます。

ドライバー飛距離アップのための両手の使い方

ドライバー|アマチュアゴルファーがよくやる間違い!

ゴルフ初心者やアマチュアゴルファーがドライバーを振る時に、右手だけでパワーとコントロールの両方をやってしまいがちになります。

そうすると右腕だけが暴走をしてしまい、両腕の力のバランスが悪くなり、軌道が荒れてドライバーの距離が出なくなってしまいます。右腕ではコントロールせずに、パワーだけに徹するということが重要になってきます。

ドライバーショットの時、両腕の役割が理解できると理想のインパクトの形が簡単に作れて、上達が早くなります。

実践!パワーが伝わるドライバーショット習得ドリル

①アドレスを構えて、右手をパーにして小指だけグリップにかける

アドレスをした状態から、パーにした状態で指を伸ばして、小指だけをグリップにかけて、残りの4本の指を伸ばします。(この時、薬指が伸びない場合は、曲げてもOKです!)

②インパクトからフォロースルーにかけて手のひらで押す

インパクトからフォロースルーにかけて、右手のひらの部分を思い切りターゲット方向に押すことを意識してみてください。

右腕のパワーハンドというのは、打ちたい方向に思い切り押していくことが重要になります。右手を使ってフェース面を合わせたり、返そうとしたり、また小手先で何とかしようとしてしまうと右腕がコントロールハンドになってしまって、左手の役割を奪ってしまいます。

そうなってしまうと、うまくヘッドを軌道に乗せられなかったり、ヘッドスピードが上がらなかったりということが起こってきます。

右手をパワーハンドにするために、手のひらで直線的に押すイメージを意識してみてくだい。そうすると左手だけがグリップを握っている状態になるので、左手が頑張ってコントロールしようと目覚めていきます。これが理想的なドライバーの、両腕の役割になります。

素振りをするときのコツとして、フォロースルーにかけて、直線的にまっすぐ押し込んでいくようなイメージで手のひらを押していきます。何度か実際にドライバーで素振りをしてみてください。

少し不安定な感じがすると思うのですが、不安定な感じがするということは、今まで右腕で操作していたということになります。何度か素振りをして、直線的に押していくイメージが湧いてきたら、実際にドライバーを握ります。

③素振りをしてイメージが湧いてきたら、実際にクラブを握る

実際にドライバーを握っても、手でこねたり、小手先で細工したりせず、手のひらでまっすぐ押す余韻を残したままスイングをします。押していくと右手はだんだんとパワーハンドに徹することができて、左手の本来の役割であるコントロールをしっかりと行うことができます。

最初は素振りからおこなって、イメージを作ってから実際にクラブでボールを打ってみてください。

ドライバーが飛ぶ人の手首のタメがわかります。強振しなくてもヘッドスピードがアップします。

まとめ

ドライバーショットの時、両腕のそれぞれの役割を間違えると飛距離アップは望めません。飛ばすためには欠かせないスイングを作るための非常に効果のある練習ドリルです。

もしあなたが、ドライバーでいろいろ悩んでいるのなら、このドリルをすることをオススメします。飛ばしは右手の押し込みが大切です。

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

この記事の監修者

吉本 巧(プロゴルフコーチ)

吉本 巧(プロゴルフコーチ)

元世界ジュニアマスターズ入賞、米ミニツアー通算3勝、ベストスコア63。
ゴルフ修行のため14歳から単身渡米。11年間アメリカでジュニア選手、アマチュア選手、学生選手、ツアープロ選手、プロコーチを経験。
日米の20年の経験から「吉本理論」を構築。日本に帰国後、99ゴルフスクールを設立。「銀座ゴルフアカデミー」にて東京銀座を拠点にレッスン活動を行う。
プロ選手やアマチュア選手のスイング面のコーチングをはじめフィジカルトレーナー、プロツアーキャディー、メンタルコーチング、クラブフィッティングアドバイザーなどゴルファーを総合的にコーチング。

新着特集

特集一覧