ゴルファボ TOP上達法ダウンスイングで腰の回転を習得出来るスカート活用法

ファボる (お気に入りへ追加)

上達法

ダウンスイングで腰の回転を習得出来るスカート活用法

ダウンスイングに必要な腰の動きは、移動と回転です。

ダウンスイングで腰をターゲット方向に移動させた後、フォロースルーにかけて背後にしっかり回すことによってヘッドを走らせることが出来ます。

ダウンスイングで回転が止まってしまうと、左ひじの引けや、引っ掛け球の原因にもなるので最後まで止めることなく動かす必要があります。

上記のようなミスショットが多い方は、自分では最後まで回せているつもりでも、実際はインパクトの瞬間に止まっている可能性が高くなります。

今回はダウンスイング時の正しい腰の回し方を習得するための効果的な練習方法をご紹介いたします。

ダウンスイング正しい形を身につける

飛距離アップに効果的な動きとは?

ダウンスイングではまずバンプの動きで腰をターゲット方向に移動させます。そのあとフォロースルーにかけて腰を背後にしっかり回すことによってヘッドスピードが上がり、フォローも大きくなり飛距離がアップします。

回転が止まってしまうと、腕が体を追い越していまい左ひじの引けや窮屈なスイングの原因になってしまいます。飛距離を伸ばすためには、ダウンスイングの始動で腰をターゲット方向に移動させた後、フォロースルーにかけてしっかり回すことが大切です。

バンプの動きはこちらで解説しています。

実践!練習ドリル

①ひらひらとした素材のスカートを用意する

まずは、軽くてひらひらとした素材のものをご用意ください。

重たい素材だとダウンスイング時の回転が分かりにくいので、薄手の素材がベストです。奥様や恋人のものなどがあれば是非使用させてもらいましょう。

②短く調節する

この練習方法はダウンスイングからフォローの動きでスカートがふわっと舞うことが重要です。効果が分かるように短く折り曲げましょう。

③腰を先行させて回転させる

ダウンスイングで正しい動きができると、スカートがふわっと舞います。

この形が腰が先行して回すことが出来た正しい形です。
スカートがまったく動かなかったりする場合は腕だけでダウンスイングしてしまっている事になります。

このドリルは自分ではなかなか気づきにくいダウンスイングの腰の回転を養うトレーニングです。ふわっと舞っているか鏡や映像で確認してみたり、他の人に見てもらいましょう。

ポイント

最初はクラブを持たず、シャドーでダウンスイングの回転を意識しましょう。少し極端に回してスカートを舞わせるくらいでも丁度良いと思います。

手ぶらの状態でしっかり形が出来てきてからクラブを持って素振りすることで体に覚えさせやすくなります。なんども繰り返すことで飛距離アップに必要なダウンスイングの動きが習得できます。

ヘッドスピードの上昇や窮屈なスイングの改善にもとても効果的な練習ドリルです。

まとめ

  • ひらひらした軽めの素材のスカートを用意する
  • 腰を回した時にフワッと舞うように短く折り曲げる
  • しっかり回転させればスカートがふわっと舞う

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

この記事の監修者

吉本 巧(プロゴルフコーチ)

吉本 巧(プロゴルフコーチ)

元世界ジュニアマスターズ入賞、米ミニツアー通算3勝、ベストスコア63。
ゴルフ修行のため14歳から単身渡米。11年間アメリカでジュニア選手、アマチュア選手、学生選手、ツアープロ選手、プロコーチを経験。
日米の20年の経験から「吉本理論」を構築。日本に帰国後、99ゴルフスクールを設立。神奈川県茅ヶ崎を拠点にレッスン活動を行う。
プロ選手やアマチュア選手のスイング面のコーチングをはじめフィジカルトレーナー、プロツアーキャディー、メンタルコーチング、クラブフィッティングアドバイザーなどゴルファーを総合的にコーチング。