ゴルファボ TOP上達法ミート率を上げる練習におすすめのNOバックスイング練習ドリル

ファボる (お気に入りへ追加)

上達法

ミート率を上げる練習におすすめのNOバックスイング練習ドリル

アイアンが左右にぶれる、距離がいつも安定しない。そんな悔しい思いを晴らすためには「ミート率」を上げる練習がお勧めです。ボールを芯でとらえられると方向性と飛距離が安定します。今回はミート率を上げるプロ推薦のドリルを紹介します。

アイアンで狙った方向に飛ばなかったり、距離が安定しない。ドライバーでうまく打てても、アイアンで2打、3打と打数が増えていくと悔しいですよね。

アイアンで飛距離や方向性が安定させるためには「ミート率」が大切です。ミート率を高めてボールを芯でとらえられる確率が上がれば、飛距離が出ず届かないことも少なくなります。左右に大きくぶれることも格段に減ってくるので、余計にスコアが増えることも防げます。

今回はボールを芯でとらえることができるようになる練習ドリルを紹介します。簡単に実践できる方法なのでぜひ試してみてください。

ミート率を上げるNOバックスイング練習ドリル

アイアンでミート率を上げるために試してもらいたいのは、テイクバックをせずにフォロースルーだけでボールを前に飛ばすというメニューです。

ボールをセットしていつもと同じようにアドレスを構えます。そして通常のスイングのようなテイクバックはせずに、そのままフェースでボールをとらえて前に飛ばしていく練習方法です。

練習ドリルのポイント

まず、スイングでインパクトをする形をイメージしてアドレスをします。

構えるときには、少し左足に体重をかけてください。そこから一気にフォロースルーまで持っていきます。インパクトの位置からそのままターゲット方向にクラブを振って、ボールをフェースに載せて飛ばしていくイメージです。

フォロースルーだけでボールをとらえることになりますが、そのときに球がふわっと浮いて前に飛べばOKです。

フォロースルーのときに左足にしっかり体重がのっていないと、ボールは前に飛びません。左足に体重がのるように意識して練習に取り組んでみてください。

クラブのフェースでボールをとらえてターゲット方向に飛ばしていく、ミートに大切な感覚をつかめます。

ミート率が大事なワケ

アイアンでミート率が上がると、狙ったところにボールを運びやすくなります。

ミート率が低いままだと、芯でとらえずにボールを打つことが多くなってしまいます。芯を外して打つと左右に方向がずれてしまうミスがたびたび起こります。また、距離が伸びずに手前に落ちたり、届かないと思って場一つ上の番手で打ったらオーバーしたりと、ショットが不安定になってしまいます。

ミート率が上がって芯でボールが打てると、クラブの性能どおりの距離を出すことができ、番手ごとに狙いを定めて打つこともできるようになります。さらに、自分が思った方向に安定してボールを打つことができるので、コース攻略も断然、楽になります。

↓↓↓ゴルフで大切な「ミート率」について詳しく解説、飛ばすための7つの秘訣も紹介していますのでチェックしてください。

ミート率を上げるポイント

いくつかのコツを押さえてスイング練習をするだけで、ミート率を上げて飛距離を伸ばすことができます。

クラブを短く持つ

普段、握っているよりも指2本分ほど、短くクラブを持ってみます。短く握ることでヘッドスピードが落ちて飛距離が出ないと感じるかもしれませんが、スイングがコンパクトになることで、芯でとらえる確率があがります。大きく曲げるミスも減らすことができるのでお勧めです。

スタンスを狭くする

いつもの構えよりも足幅を狭くしてスイングをしてみます。身体を回転させて振るイメージがつかみやすくなります。スイングの軸が安定するので、ボールをとらえやすくなります。芯に当たらないミスが続くようであれば、両足を揃えるようにして打つ、と改めて上半身の回転をイメージできます。

ティーアップして打つ

9番アイアンを使って、ドライバーで打つときと同じようにティーアップしてボールを打ってみましょう。そのときにティーにはヘッドが当たらないようにします。ボールをできるだけクリーンに打てるように意識してみてください。

↓↓↓プロゴルファーもお勧めするティーアップ練習方法の詳細はこちら、チェックしてみてください。

クラブヘッドに貼って、ボールがどこに当たったかが確認できるシールも販売されています。こうしたアイテムを使って、あなたが普段どこでボールをとらえているか、一度確認してみるのもいいですね。

↓↓↓ゴルフスイングの基本を総まとめ!ドライバーからウェッジまでクラブを振るための基礎です。ぜひご覧ください!

まとめ

今回はバックスイングを行わずにフォロースルーだけでボールをとらえる練習方法を紹介しました。このレッスンを繰り返して、クラブがボールを芯でとらえる感覚をつかんでください。ミート率が上がると、飛距離が安定してアプローチの精度も上がっていきます。グリーンを狙うのもさらに楽しくなります。

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

新着特集

センスがいい人と言われるためのポロシャツコーデ3つの鉄則

ゴルフ場の服装でとても恥ずかしい思いをしてしまいました。なんとなく選んだポロシャツが○○だったんです…。ワンランク上の洒落た大人ゴル ...
  • 雑学
  • 201

今治タオルで快適ゴルフ!大人気おすすめアイテムを調査

ゴルフに欠かせないアイテムがタオルです。いまゴルファーの間で『今治タオル』が人気なの知ってました?ラウンド中の不快な汗を、さっぱりと ...
  • 雑学
  • 115

ゴルフのレーザー距離計を使い倒す!4メーカー徹底調査

レーザー距離計でゴルフは変わるのか徹底調査!正しいヤード数が分かることにどんなメリットがあるの?使い心地は?どんなものを選べばいいの ...
  • 雑学
  • 349

パークゴルフとは?親子3世代で楽しめるスポーツ特集

今じわじわと競技人口を増やしているスポーツ。それが『パークゴルフ』です。親子3世代で楽しめて、初心者でもかんたんにプレイできところが ...
  • 雑学
  • 133

ゴルフボール知っておくべき2つの性能とおすすめの選び方

あなたのパフォーマンスを最大限引き出す『ゴルフボール』は一体どのメーカー?どのシリーズ?飛距離性能やスピン量を参考に選び方のポイント ...
  • 雑学
  • 150

『マーク&ロナ』特集!いま女子ウケNo.1の人気ブランドを徹 …

いま大人ゴルファーに大人気の「マーク&ロナ」を大特集!おしゃれなポロシャツから、グローブ、バッグまで、デザインに優れ機能性も ...
  • 雑学
  • 16

特集一覧