ゴルファボ TOP上達法ゴルフ100切りを安定させるアプローチ練習法

ファボる (お気に入りへ追加)

上達法

ゴルフ100切りを安定させるアプローチ練習法

アプローチで行ったり来たりしていてはスコア100切りは難しくなります。よくアプローチは固定して打てと言われますが、それだけでいまいちピンときませんよね。トップやダフりを防ぐ簡単アプローチ練習法をご紹介します。

今回はゴルフのスコア100切りを安定して達成するための練習方法をご紹介します。

なかなか安定してスコア100切りが出来ない方も多いのではないでしょうか?ゴルフのスコア100切りのポイントは「アプローチ」です。

これはほとんどのゴルファーに当てはまります。ドライバーやアイアンの打ち分けはある程度曖昧でかまいませんが、アプローチは別です。数ヤード単位でしっかり寄せることによってスコアは劇的に伸びます。

スコア100切りには欠かせない要素ですが、日本ではなかなか練習の環境に恵まれないのも事実です。大切なことは効果的な習得方法を短時間で実行し多くの経験値を得ることです。

ゴルフの100切りに欠かせないアプロ―チショットの秘訣は、1にも2にも安定です。軸、スイング、弾道などの安定が不可欠です。毎ショット同じようにインパクト出来る為の効果的な練習方法を見ていきましょう。

ゴルフ100切りを安定させる方法とは?

実践!ゴルフ100切り練習ドリル

この練習ドリルはアプローチでボールをクリーンに打つための感覚を養うためのものです。ゴルフのラウンド中、ここ一番!といったところでダフりやトップでスコアを悪くしてしまうゴルファーには非常に効果的な方法です。

①ティーを用意する

普段ドライバーの時などに使用しているティーをご用意ください。ドライバーショット時と同じ程度の高さにセットしたティーの上にボールを置きます。

②ウェッジを持つ

使用するのはウェッジです。
普段使用しているAWやSWを使用して下さい。

③短めにグリップを持って打つ

ティーアップしてボールがいつもより高い位置にあるので、ゴルフクラブを短く持って打っていきます。

浮いた状態のボールを打つのは上下の打点が不安定になり難易度が上がりますが、このドリルを行うことによって上下の打点をいつでも一定に保つことが出来るようになり、クリーンヒットの確率を高めることが出来ます。

④ティーの高さを半分に低くする

①~③の動きがスムーズに出来るようになったら最初に戻ってティーを更に低くセットしましょう。そしてそれに合わせてクラブの長さを合わせてショットします。

⑤アイアンの高さでショットする

ティーをパー3のショートホール、アイアンを使う時のような高さで設定します。
地面からほんの少し浮いた状態です。

⑥地面から打つ

最後はティーを外して地面に置いたボールをそのまま打ちます。ポイントはこれまでティーの上で打ってきたボールの余韻を持ったまま打つことです。ティーの上からしっかりショット出来た感覚をもったまま打つことが出来れば、地面の上にあるボールもクリーンにヒットすることが出来ます。

この練習方法はゴルフの打ちっ放しやラウンド前のウォーミングアップに行うと非常に効果があります。またアプローチでのミスヒットがなぜか多いゴルファーにも是非取り入れて頂きたいドリルです。

まとめ

  • 上下の打点を安定させることが、ゴルフスコア100切りには不可欠
  • ティーとボールをドライバーの高さにセットして、それをウェッジで打っていく
  • ティーを短くして打っていく事で、寄せの確率・安定性が上がる

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

この記事の監修者

吉本 巧(プロゴルフコーチ)

吉本 巧(プロゴルフコーチ)

元世界ジュニアマスターズ入賞、米ミニツアー通算3勝、ベストスコア63。
ゴルフ修行のため14歳から単身渡米。11年間アメリカでジュニア選手、アマチュア選手、学生選手、ツアープロ選手、プロコーチを経験。
日米の20年の経験から「吉本理論」を構築。日本に帰国後、99ゴルフスクールを設立。神奈川県茅ヶ崎を拠点にレッスン活動を行う。
プロ選手やアマチュア選手のスイング面のコーチングをはじめフィジカルトレーナー、プロツアーキャディー、メンタルコーチング、クラブフィッティングアドバイザーなどゴルファーを総合的にコーチング。