プロが動画で教えるゴルフメディア

プロゴル

プロゴル上達法ドライバーの方向性をアップさせる 右腕の使い方

ドライバーの方向性をアップさせる 右腕の使い方

上達法

ドライバーの方向性アップにはインパクト直前から直後にかけてクラブヘッドが飛球線上を真っ直ぐに移動しボールをターゲットに向けて押していけることが理想的です。

 

ドライバーショットの理想的な形を作るためには「右腕の使い方」が重要になります。

 

右腕をターゲットに対して真っ直ぐ押すように移動していけると自動的にヘッドも真っ直ぐ移動します。右手をこねたり押し出したりしてしまうとクラブヘッドも同じ動きをしてしまいナイスショットができません。

 

ドライバーを安定させる右腕の使い方

ドライバーのスイングは左腕主体が理想的ですが、方向性を確実なものにするためには右腕の使い方が重要になってきます。右手でボールを真っ直ぐ押し込んでいくことが出来れば方向性がアップするだけでなく、飛距離も伸びます。

 

しかし真っすぐ押し込むといってもなかなか体感し辛いのも事実です。それはグリップでは拳をにぎる形になってしまうので、押すというイメージが掴みにくいというところにあると思います。

 

ドライバーを安定させるには、「右手の平」を意識することがポイントです。

ドライバーの方向性

実践!ドライバー練習ドリル

①通常のアドレスで構えます。

②指を離す

 

右手の小指のみをひっかけて他の指4本は離します。

③手のひらで押し込むように素振りする

インパクト前後で手の平でターゲットの方に押し込むように素振りしましょう。この時に手の面が真っ直ぐターゲット方面に移動するイメージで素振りをしてください。この時も手首をこねたりしないように真っ直ぐに押し込みましょう。

④コンパクトなスイングで打つ

 

右手の指4本を外したまま小さいバックスイングで実際にボールを打っていきます。この時も手の平の面でシャフトを押すようなイメージでボールを打ちましょう。

⑤通常のグリップで打つ

 

離した指を戻し通常のグリップでショットします。この時も手の平の面で押していく感覚を持ったままコンパクトに打ちましょう。ドライバーでフルスイングしてしまうと右腕でボールを押していく感覚が分かりにくくなってしまうので小さいスイングで行いましょう。

 

まとめ

  • ドライバー方向性の安定には右腕が重要
  • 手のひらで押し込むようにインパクトする
  • コンパクトなスイングで感覚を身につける

シェアする

この記事を書いたライター

プロゴル編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

この記事の監修者

プロゴル編集部

吉本 巧(プロゴルフコーチ)

元世界ジュニアマスターズ入賞、米ミニツアー通算3勝、ベストスコア63。
ゴルフ修行のため14歳から単身渡米。11年間アメリカでジュニア選手、アマチュア選手、学生選手、ツアープロ選手、プロコーチを経験。
日米の20年の経験から「吉本理論」を構築。日本に帰国後、99ゴルフスクールを設立。神奈川県茅ヶ崎を拠点にレッスン活動を行う。
プロ選手やアマチュア選手のスイング面のコーチングをはじめフィジカルトレーナー、プロツアーキャディー、メンタルコーチング、クラブフィッティングアドバイザーなどゴルファーを総合的にコーチング。