ゴルファボ TOP上達法ドライバーは右肘の使い方が重要

上達法

ドライバーは右肘の使い方が重要

飛距離が伸びない・・・

タメが作れない・・・

そんなお悩みありませんか?

飛距離アップにはタメがとても重要です。プロゴルファーのスイングを見ているとトップからインパクトにかけて右肘が体の近くにありますよね。これはしっかりタメが出来ている証であり、飛距離の出る球を打つためには欠かせない要素です。

答えは「ダウンスイングの右肘の使い方」にあります。

しかし無理やり体にくっつけて打っても力は伝わらず方向性も安定しません。クラブを適度にインサイドから下ろすことによって自然と脇が締まる形が理想的です。

ヘッドカバーを使った有名な練習方法がありますが、実際の所効果はあるのでしょうか?今回は理想的なフォームを作るための効果的な練習方法をご紹介します。

ドライバーの理想的な右肘の使い方とは?

 

ダウンスイングの右肘の使い方

ドライバーの飛距離をアップさせるにはダウンスイングで脇が締まった状態で右肘が体の前に移動できる状態が理想的です。インパクト時に脇が開いたり、右肘が動かない状態だと力がしっかりボールに伝わらなくなってしまいます。

ヘッドカバーを脇に挟み、振り下ろす時に落とさないように素振りする練習法を聞いたことがあるかもしれませんが、この練習方法は少し語弊があります。地面に落ちないように脇と体の側面にピタッとくっつけて振るだけでは右肘が動かず十分に移動できなくなってしまいます。

ドライバーのダウンスイングの理想的な形は、脇が締まりながらも右肘がターゲット方向に移動出来ることです。

ヘッドカバーを使った練習をするのであればフォロースルーにかけてターゲット方向に落ちることが理想的です。最後のフォロースルーまで無理やり右肘に挟み続けてはいけません。

実践!練習ドリル

①ヘッドカバーを挟む
脇に軽く挟んでください。モノを挟むとトップまで上げにくいと思いますが一番上まで上げる必要はありません。右肘の使い方の感覚を掴む練習ですのでフォームが崩れない程度に上げましょう。

②ヘッドカバーを落とす
フォロースルーにかけてターゲット方向にカバーを落とす。この練習法で脇はしまりながらも右肘は移動している理想的な動きが体得出来ます。

【注意点】
トップの位置やダウンスイングの途中で落ちてしまわないよう注意しましょう。

③ドライバーを持って素振りする
感覚が掴めて来たら実際にクラブを持って素振りをしましょう。この時も先ほどと同様にフォロースルーにかけて落とすことを意識しましょう。フルスイングではなく軽い振りで感覚を掴むことが大切です。

まとめ

  • ドライバーのタメを作るには右肘の使い方が重要
  • 脇が締まりながらも右肘が体の正面を移動することが大切
  • ヘッドカバーをターゲット方向に落とす

シェアする

♥ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

この記事の監修者

吉本 巧(プロゴルフコーチ)

吉本 巧(プロゴルフコーチ)

元世界ジュニアマスターズ入賞、米ミニツアー通算3勝、ベストスコア63。
ゴルフ修行のため14歳から単身渡米。11年間アメリカでジュニア選手、アマチュア選手、学生選手、ツアープロ選手、プロコーチを経験。
日米の20年の経験から「吉本理論」を構築。日本に帰国後、99ゴルフスクールを設立。神奈川県茅ヶ崎を拠点にレッスン活動を行う。
プロ選手やアマチュア選手のスイング面のコーチングをはじめフィジカルトレーナー、プロツアーキャディー、メンタルコーチング、クラブフィッティングアドバイザーなどゴルファーを総合的にコーチング。