ゴルファボ TOP上達法ゴルフ頭の位置を安定させて飛距離アップするためのコツ

ファボる (お気に入りへ追加)

上達法

ゴルフ頭の位置を安定させて飛距離アップするためのコツ

ゴルフボールを飛ばすためにはアドレスで決めた頭の位置を動かさないことが重要。でも、実はそれがあなたの飛距離アップを邪魔しているかも。大竹プロいわく頭の位置は多少動いてもまったく問題ないとのこと。なぜなら‥‥。ゴルフで飛ばすためのカラダの使い方をレッスンいたします。

ゴルフで思い通りの球を打つためには「頭の位置」がとても重要です。

一般的には頭は絶対に動かすなと言われていますよね?初心者の頃に先輩ゴルファーから、それがゴルフの基本だと聞いたことがあるのではないでしょうか。

でも実はそれ、あなたのフォームに合っていないかもしれません。

もしかして、アドレス~テイクバックの時に動かさないように必死になっていませんか?あまりにも動かさないように意識し過ぎると、逆に頭の位置が動いてしまうんです。そして、体重移動もうまく出来ずに思ったように飛ばない… 。

実は、ある程度の移動はゴルフのナイスショットにとってまったく問題ないそうです。逆に少し動かしたほうが安定することも…その秘訣を大竹プロがご紹介します。ぜひ練習の参考にしてみてください。

ゴルフで飛距離を出す頭の位置とは?

飛距離アップに欠かせないポイント

ゴルフで飛距離を出すためには、テイクバックで右側にしっかり溜めたパワーをインパクトにかけて左に移す体重移動が大きなポイントとなります。

1~2軸といったスイングタイプの違いはありますが、基本的にどのフォームでもターゲット方向にウエイトを移動させることはドライバーを飛ばすための必須テクニックです。

テイクバック時、上半身の回転で生んだパワーを下半身を止めて「ねじり」の状態と作ることで、上半身と下半身の間に「捻転差」が生まれ、大きな力が生まれます。もしも、受け止めることができないと…

このように全身が後ろを向いてしまい、筋肉が緊張した状態が作れません。

バックスイングで上半身と下半身が同時に回ってしまうとパワーが逃げてしまいます。この状態からでは強い力を生むことはできず、ヘッドから足先までバランスの崩れやすいフォームでしか振れなくなってしまいます。

こうならない為のポイントは、やはり下半身の踏ん張りです。下半身の回転を抑え、その上に上半身が大きく回転することでゴルフに必要な大きな捻転差が生まれ飛距離アップに繋がります。

体重移動と頭の位置の関係

テイクバックの際に注意していただきたいポイントが頭の位置です。

軸をキープするためには、絶対に動かさないというゴルフ理論が広く知れ渡っていますが、上半身を捻っていく段階で、動かさないように意識し過ぎると、頭の位置がターゲット方向に流れて軸が傾いた状態の『リバースピボット』の状態になってしまう可能性が非常に高くなります。

ミスに繋がる「リバースピボット」

テイクバックでこの形になってしまうと、インパクトにかけ元の位置の戻ろうとして後ろ足の方行ってしまいます。これでは体重をターゲット方向に移すことができず、後ろに残った状態になります。

この形がリバースピボットになった際のインパクトの形です。ターゲットと反対方向に全身が傾いています。

捻転の力をゴルフボールにぶつけていくことが出来ません。また、軸が後ろに傾いたことによってスイング軌道も変わってしまい、ゴルフボールの手前を叩いてしまうダフリなどのミスショットが出やすくなります。

バランスが前後に動くことでスイングは不安定になり、飛距離・方向性共に低下してしまうので、テイクバックでは右膝の上に頭の位置を持ってきてください。

飛ばすためのフォームの秘訣

一度後ろに持ってくることで、次のダウンスイングでターゲット方向にパワーをぶつけるイメージがわきやすいと思います。

軸がブレてしまいそうと思いがちですが、下半身をしっかりと止めていれば基本ブレることなくインパクトまで動作できます。

基本のインパクトはこのようにターゲット方向に体重をぶつけていくことです。

トップの段階でリバースピボットになると、方向性は確実に低下してしまいます。この動きはヘッドスピードも大きく低下しますので、なかなかドライバーが飛ばないというゴルファーや、昔より飛ばなくなってしまった方は一度自分のスイングが前後にブレていないかチェックしてみてください。

まとめ

ゴルフではアドレスで決めた頭の位置を安定させることが重要視されていますが、ただ単に動かさないというだけでは、逆に不安定なフォームになる可能性があることが分かりました。

初心者だけでなく、なぜか飛ばない…もっと飛ばしたい…というゴルファーの多くは、自分の体の力を100%引き出せていないだけのようです。ちょっとしたコツと基本の動きを練習で習得すればあなたの中に眠っている大きなパワーをクラブやゴルフボールにしっかりと伝えられるようになるでしょう。

 

アイアンの飛距離をもっと伸ばしたい方、体の使い方を少し修正するだけでグンと変わります!詳しくはこちら↓↓↓

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

新着特集

忘年会・新年会で疲れたゴルファーへ!肝臓サポートで元気を取り …

お酒を飲む前、飲んだ後におすすめのサプリメントと選び方をご紹介します。肝臓は常にフル回転しています。しっかりサポートしてあげないと、 ...
  • 雑学
  • 58

ゴルフ旅行におすすめの人気スポット特集in小淵沢

ゴルフに行ったついでにこんなに楽しめる場所があったなんて!仲間や家族との最高の思い出作りにおすすめのスポットをご紹介します。ゴルフつ ...
  • 雑学
  • 83

シーモアパターが初心者でもまっすぐ打てる3つの理由

パターをまっすぐ打つのは簡単そうで実は難しい。それはコースの景観やグリーンの傾斜、体調などで同じようにアドレスしてスイングすることは ...
  • 雑学
  • 342

ゴルフのレーザー距離計を使い倒す!4メーカー徹底調査

レーザー距離計でゴルフは変わるのか徹底調査!正しいヤード数が分かることにどんなメリットがあるの?使い心地は?どんなものを選べばいいの ...
  • 雑学
  • 349

ゴルフボールの選び方指南!2つの種類と性能を完全解説

あなたのパフォーマンスを最大限引き出すゴルフボールは一体どのメーカー?どのシリーズ?飛距離性能やスピン量を参考に選び方のポイント、お ...
  • 雑学
  • 150

『マーク&ロナ』特集!いま女子ウケNo.1の人気ブランドを徹 …

いま大人ゴルファーに大人気の「マーク&ロナ」を大特集!おしゃれなポロシャツから、グローブ、バッグまで、デザインに優れ機能性も ...
  • 雑学
  • 16

特集一覧