ゴルファボ TOP上達法ミスショットしないための正しいボールの位置とは?

ファボる (お気に入りへ追加)

上達法

ミスショットしないための正しいボールの位置とは?

ボール位置は右に置くべき?左に置くべき?ゴルフクラブの番手が変わるたびに、微妙に変えなければいけないポイントですが意外と難しいですよね。プロはどうやってポジションを決めているのでしょうか。ぜひ参考にしてみてください。

ゴルフにおいて、ボールを置く位置はインパクトに大きな影響を与えます。

ショットの良し悪しを直接決めるのはインパクトです。スイング軌道の中のどの位置でボールを打つかで、弾道、スピン量は大きく変わるので、思い通りの球を打つためには狙い通りのインパクトができるようボール位置をしっかりと把握する必要があります。

一般的にドライバーでは左足のかかと内側の直線上。ウェッジでは両足の中央よりも右側にセットするなどの方法が正しいと言われていますが…。

実は、理想的な形でスイングできているか否かでもボール位置は変わります。ミスの多いアマチュアゴルファーがボール位置を一般的よりちょっと右にしただけで上手く打てるようになったといった事もあります。

この記事では馬場プロおすすめのボール位置を紹介します。ぜひ打ち分けの参考にしてみてください。

馬場プロおすすめのボールポジション

ボール位置:右に置く?左に置く?

ゴルフクラブの番手によってボール位置をコロコロ変えていては、なかなか安定したショットは打てないでしょう。

なぜなら実際のコース上では芝や傾斜、景観などの影響で人の感覚は変わります。まっすぐ構えているようでも実際は斜めを向いていたりといったことはよくある話です。いつでも安定してボール位置をセットするためのコツをご紹介します。

馬場プロのおすすめは…

両足の中央からボール位置をセットするのはなく、「ボールは常に左側に置く」そして、そこから右足を広げる幅でボール位置を変えます。

例えば、ドライバーの場合は足幅が広くなるのでボール位置は自然と左側になります。逆にショートアイアンなどになると足幅は狭くなります。その結果、自然とボール位置は体の中央にきます。

このように、右足だけを動かしてボール位置をセットしていったほうが、いつでも同じ感覚で打つことが出来るのでおすすめです。

👇アイアンの打ち方のをマスターするための基礎はこちらから

右側にセットした場合…

右側にセットしてしまうと、ダウンブローにボールを叩きすぎる可能性があります。

その結果、ロフトが立ってしまい球が上がらない可能性があります。手前で打たなければ!という意識がダフリなどのミスショットに繋がる可能性もあります。

もう一つ注意点があります。ボール位置が右側にくると自然とハンドファーストが強くなります。ハンドファーストが強くなりすぎるとバックスイングでインサイドに上がりすぎてしまいます。これもミスショットに繋がる原因になります。

結局どっちが正解??

スイング軌道がしっかりしていれば、左側に置いて打ったほうが的確にインパクト出来るようですが、手首のコックの解けが早かったり、体重移動が上手く出来ずダフってばかりの人は、ボール位置を右にして、ダフる前にインパクトさせたほうが球は前に飛びます。

ボール位置にあわせてスイングを正しく改良するのか、スイングは悪くてもボール位置を変えてナイスショットするのかはゴルファーの判断によると思います。

いずれにせよ、右足の位置だけでボール位置を変えていくのはシンプルでとても効率的な方法なのでぜひ参考にしてみてください。

👇7番アイアンを打ち分けるための基本と練習法をご紹介します。

まとめ

ボール位置はショットの感覚に大きく影響するポイントです。番手によってボール位置を変える為のおすすめの方法は「右足だけを動かす」こと。

そうすることで、足幅を広くすれば自然と左側にボール位置が来て、狭くすれば中央になります。ぜひ参考にしていただいて、ナイスショットしてみてください。

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

新着特集

特集一覧