ゴルファボ TOP上達法ゴルフ100切りに絶対必要なアイアンスキル

上達法

ゴルフ100切りに絶対必要なアイアンスキル

アイアンが安定すると途端にゴルフは安定します。

ドライバーでOBを出した後のアイアンで再びOB・・・結果的にダブルパーを叩いてしまった経験ありませんか?

ドライバーである程度ミスしてもアイアンでしっかり刻むことにより、ダブルボギー、もしくはボギーで切り抜けるゴルフが出来るようになります。

アイアンを使うような中距離などのショットではターゲット方向への正確性と共に、ある程度の飛距離も出さなければいけません。その意識が力みを生み、ミスしてしまう可能性が高くなります。

アイアンの距離に関してはクラブ選択である程度は打ち分けることが出来ます。もっとも効率的に100切りを達成するためにはアイアンの方向性アップがかかせません。

ゴルフスコア100切りに必要なアイアンのコツ

アイアンの精度が悪くなる原因

アイアンの方向性が安定しなければ100切りゴルファーになかなかなれません。原因はインパクトでクラブヘッドが飛球線上をまっすぐ走っていないことにあります。アウトサイドから入ってインサイドに抜けたり、インサイドから入ってアウトサイドに出て行ったりしているのです。

アイアンはドライバーやその他のクラブに比べて方向性に優れたクラブでもあります。ドライバーのような大きなスライスにはならないクラブだからこそ少しのテクニックだけでボールは真っすぐ飛んで行ってくれます。

理想的なアイアンを打つための秘訣とは?

ゴルフスコア100切りを可能にする理想的なアイアンショットではインパクト前後でヘッドをターゲット方向に真っ直ぐ移動させることがポイントになってきます。

インパクト前後にヘッドを飛球線上に沿って真っ直ぐ移動させることが出来ると、ボールをしっかり押し出すことができるので球筋が安定します。

この理想的な状態を実現するにはヘッドと一緒にグリップも真っ直ぐ移動させる必要があります。アイアンの軌道を安定させるにはグリップの安定が欠かせません。グリップを真っ直ぐターゲットに押し込むことで、それと一緒に末端のヘッドも飛球線上を真っ直ぐ移動することが出来ます。

【注意点】
飛球線上に押し込むイメージは大切ですが、無理やり右手で押し込もうとしないでください。右手で無理に押し込むとヘッドが前に出てしまい、シャンクになってしまったり、ダフりの原因になってしまいます。

ポイントは「左手」です。
左手でターゲット方向に押し込んでいきましょう。効果的なイメージとして「左手の甲の部分でゴルフボールを裏拳する」感覚で低く真っ直ぐ押し込んでみましょう。

100切りの為の効果的な練習方法

この飛球線上を真っ直ぐ移動させるイメージはドライバーやフェアウェイウッドなどのショットでも有効ですが、打ちっ放しなどの練習の時はアイアン、それも短いアイアン(ピッチングなど)で練習することをオススメします。

ドライバーやフェアウェイウッドでは大きなスイングになりがちです。大きなスイングは細かな感覚などの定着には向いていません。この練習ドリルのポイントは押し込むイメージと感覚を体に覚えさせることです。大振りなどでは行わず小さいスイングで繰り返し行いましょう。感覚が身に付いてきた段階で大きなスイングでも行うことが効果的です。

9時→3時スイングで更に感覚を掴む

ピッチングなどのショートアイアンで小さいスイングを行うことで、イメージは更に身に付きやすくなるはずです。通常のスイングを10時→2時だとしたなら9時→3時程度のふり幅にすることでインパクト前後のみに意識が集中しやすくなります。

小さい振りで裏拳で押し込む感覚を繰り返しイメージして素振り、そして実際にボールを打っていきましょう。

まとめ

ボールを真っ直ぐ飛ばしたい時はどうしてもクラブヘッドに意識が向いてしまいがちですが、最も簡単に正しい方向に打ち出すためには手の向きやグリップの位置に気を付ける必要があります。手元が正しければ末端のヘッドは自動的に正確な動きをしてくれます。

100切りに必要な押し込むイメージを身につけることでアイアンの安定だけでなく飛距離アップも可能になります。

シェアする

♥ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

この記事の監修者

吉本 巧(プロゴルフコーチ)

吉本 巧(プロゴルフコーチ)

元世界ジュニアマスターズ入賞、米ミニツアー通算3勝、ベストスコア63。
ゴルフ修行のため14歳から単身渡米。11年間アメリカでジュニア選手、アマチュア選手、学生選手、ツアープロ選手、プロコーチを経験。
日米の20年の経験から「吉本理論」を構築。日本に帰国後、99ゴルフスクールを設立。神奈川県茅ヶ崎を拠点にレッスン活動を行う。
プロ選手やアマチュア選手のスイング面のコーチングをはじめフィジカルトレーナー、プロツアーキャディー、メンタルコーチング、クラブフィッティングアドバイザーなどゴルファーを総合的にコーチング。