ゴルファボ TOPニュース【タイガー・ウッズ】バルスパー選手権2位タイ!完全復活の予感…!?

ファボる (お気に入りへ追加)

ニュース

【タイガー・ウッズ】バルスパー選手権2位タイ!完全復活の予感…!?

最終18番ホール…入ればプレーオフ!逆転優勝を狙ったが惜しくも2位タイでフィニッシュしたタイガー・ウッズ選手。5年ぶりのタイトルは逃しましたが、優勝争いを演じ、スタンディングオベーションで迎えられました。完全復活を予感させる戦いでした!

出典:GDO

3月11日(日本時間12日)PGAツアーに帰ってきたタイガー・ウッズ選手が、2位タイという成績を残しました。5年前の2013年8月「ブリヂストン招待」以来、1680日ぶりの優勝こそなりませんでしたが、「惜しかった。優勝のチャンスはあった」とコメントしています。

最終日は、セカンドショットとパターで苦しめられました。しかし17番の13メートルのバーディーチャンスはしっかりと決め、トップに1打差と迫りましたが、あと一歩及びませんでした。でも、タイガー・ウッズのおなじみの「赤いポロシャツ、黒いズボン」でかつての強さを見せてくれました。

今期最速のヘッドスピードを叩き出した!

ムービングデーと言われる大会3日目、グリーン奥からのチップインなどを含め、日没間際のコースで5バーディ、1ボギーの「67」でまわり、14番ホールで計測されたドライバーショットのヘッドスピードが、なんと「57.66m/s」を記録しました。

今シーズンのPGAツアー最速のスピードを叩き出しました。身体の状態も良い証拠です。

タイガー・ウッズ選手の後方からのスイング。高度で完璧なダウンブローです!

タイガーのVを阻止した男は誰?

出典:GDO

タイガーの1680日ぶりの優勝を阻止したのは、PGAツアー2勝目を飾ったポール・ケーシー選手です。2勝目を勝ち取るまで9年の歳月を費やしました。とても感慨深い優勝になったと思います。ウッズが注目を集める中、最終日に6バーディ、ノーボギーで「65」の完璧なゴルフでした。

ポール・ケーシーは、イングランド出身。アメリカを主戦場にしています。欧州ツアーで13勝していますが、米ツアーでは2勝目。2004年のワールドカップでは、イギリス代表として、ルーク・ドナルドとコンビを組んで優勝しています。

タイガーの追い上げをかわしたパター

出典:PGA TOUR

ポール・ケーシー選手は、今大会のパーオン率は悪かったがアプローチが冴えまくり、短いパットをバンバン入れていきました。本人も「短いパットをたくさん決められた」とコメントしています。

そのパターは、「スコッティキャメロン 009 プロトタイプ」です。最終日は、3連続バーディなど7.5mのバーディーパットもねじ込みました。

↓↓↓寄せワンができると劇的なスコアアップが期待できます!

タイガーチャージ復活なるか!?

出典:ゴルフネットワーク

最近ゴルフを始めた方は、スキャンダルしか知らないと思いますが、タイガー・ウッズ選手は優勝回数も収入も圧倒的でした!

★通算106勝!

PGAツアー通算79勝(歴代2位)

日本など海外ツアー27勝

★メジャー優勝14回

マスターズは21歳3ヶ月で史上最年少優勝

24歳で4つのメジャーを優勝しグランドスラムを達成(グランドスラムとは、メジャー大会を全て優勝すること)

史上2人目のトリプルグランドスラム達成

★連続予選通過142試合

★生涯獲得賞金

$110,061,012(約122億1,677万円)

最盛期の年収は、スポンサー収入も合わせて120億円以上

アマチュア時代も、史上初全米アマチュア選手権で3連覇を成し遂げています。

一人だけステージが違います!

↓↓↓ターフがしっかりとれるアイアンの秘密はこちらで紹介いたします。

まとめ

今シーズンの最速スイングスピード、13メートルのバーディーパット、完全復活を予感させる2位でしたね!次週は、タイガーの子供たちが生まれた思い出の地、フロリダ州で行われる「アーノルドパーマー招待」に出場予定です。

過去8回優勝をしたコースに5年ぶりに帰ってきます。完全復活したタイガー・ウッズ選手が見られそうですね!

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

新着特集

特集一覧