ゴルファボ TOPニュース2018年全英オープンゴルフ見どころと出場選手一覧

ファボる (お気に入りへ追加)

ニュース

2018年全英オープンゴルフ見どころと出場選手一覧

伝統の全英オープンが今年も始まります。世界でも屈指のゴルファーたちが難コースで大自然と、そして自分自身と戦います。7月19日(木)に始まる全英オープンの出場選手と今年のみどころとは?ぜひチェックして最高峰の大会を思う存分、楽しみましょう!

今年も全英オープンの季節がやってきました。リンクスコース特有の気まぐれな風と天候の変化、過酷なコースに世界のトップゴルファー達が挑みます。いつも以上にプロたちが全身全霊をささげて挑戦をする姿は見ていて胸を打たれます。

また6年連続で出場する松山英樹、4年連続で出場する池田勇太ら、日本人選手の活躍はいかに。

過去、146回にわたり歴史に刻まれるドラマを生み出してきた全英オープン。今年、そのドラマに新たな1ページを加える出場選手たち、そして見逃せない2018年のポイントについてご紹介していきます。

2018年全英オープン詳細

第147回全英オープンが7月19日(木)から7月22日(日)までスコットランドのカーヌスティ・ゴルフリンクスで開催されます。

開催場所

*カーヌスティ・ゴルフリンクス*

今回、会場となるカーヌスティ・ゴルフリンクスはスコットランドの北東部に位置し1850年にオープン。今回で8回目の全英オープン開催となります。

コースは海岸沿いにあり強風が吹きつけます。さらに深いバンカーと狭いコース、激しい起伏が難度を高め、総距離は全英オープン開催コースの中では最長の7400ヤード。「世界でもっとも挑戦的なリンクスコース」と呼ばれています。

また、バリーバーンと呼ばれる小川が流れ、最終の18番Hは左側がOB、右側にこの小川が流れる「名物」ホールです。

1999年にはフランスのジャン・ヴァン・デ・ヴェルデが最終日、2位に3打差をつけて18番に臨みましたが、ラフやクリークにつかまり、トリプルボギー。結局、プレーオフでも敗れ、目前に迫った優勝を逃してしまいました。これが「カーヌスティの悲劇」として語り継がれています。

過去7回、この会場で開催された全英オープン優勝スコアの平均は4日間でほぼパープレーの288。世界でも屈指のプロが集う中、いかに難しいコースかを表しています。

放送日程

・地上波 テレビ朝日系列
1日目:2018年7月19日(木)午後11時30分~
2日目:2018年7月20日(金)午後11時15分~
3日目:2018年7月21日(土)午後11時15分~
4日目:2018年7月22日(日)午後10時~

 
・CS放送 ゴルフネットワーク
1日目:2018年7月19日(木)午後2時30分~深夜4時
2日目:2018年7月20日(金)午後2時30分~深夜4時
3日目:2018年7月21日(土)午後5時~深夜4時
4日目:2018年7月22日(日)午後4時~深夜3時

2018年はここに注目!

出典:ALBA

2017年はアメリカのジョーダン・スピースが初日からトップを走り単独首位をキープ。最終日もスコアを伸ばして完全優勝を遂げました。日本人では松山英樹が最終日、5位タイでスタートしたが2オーバーとスコアを落とし、14位の結果となりました。

そのジョーダン・スピースや世界ランキング1位のダスティン・ジョンソン、今年のマスターズ優勝のパトリック・リードらがタフなコースをどのように攻略していくか。また、全米オープンを2連覇し難コースに強いブルックス・ケプカ、過去3度の優勝経験があるタイガー・ウッズがどこまで存在感を見せられるかにも注目です。

出場選手一覧

出典:GDO

名前年齢最高成績国籍
池田勇太3238位日本
谷原秀人395位日本
川村昌弘25日本
松山英樹266位日本
小林正則42予選落ち日本
小平智28予選落ち日本
秋吉翔太27日本
時松隆光24日本
市原弘大2679位日本
宮里優作37予選落ち日本
アーニー・エルス48優勝南アフリカ
アダム・スコット372位オーストラリア
アダム・ハドウィン30予選落ちカナダ
アニルバン・ラヒリ3030位インド
アレクサンダー・レヴィ2778位フランス
アレックス・ノレン356位スウェーデン
イアン・ベーカーフィンチ57優勝オーストラリア
ウェブ・シンプソン3216位アメリカ
エミリアーノ・グリジョ2512位アルゼンチン
エリック・ヴァン・ローエン28南アフリカ
カイル・スタンレー3039位アメリカ
ガビン・グリーン24マレーシア
キム・シウー2278位韓国
キャメロン・デービス23オーストラリア
キラデク・アフィバーンラト28予選落ちタイ
クリス・ウッド303位イングランド
ゲーリー・ウッドランド3412位アメリカ
ケビン・キスナー3454位アメリカ
ケビン・チャペル3153位アメリカ
ザック・ジョンソン42優勝アメリカ
サンダー・ショウフェレ2420位アメリカ
サンディ・ライル60優勝スコットランド
ジェイソン・ダフナー4114位アメリカ
ジェイソン・デイ304位オーストラリア
シェーン・ローリー319位アイルランド
ジミー・ウォーカー3954位アメリカ
ジャズ・ジェーンワッタナーノン22タイ
ジャスティン・トーマス2553位アメリカ
ジャスティン・レナード46優勝アメリカ
ジャスティン・ローズ374位イングランド
シュバンカー・シャルマ21インド
ジョージ・クッツェー3118位南アフリカ
ジョーダン・スピース24優勝アメリカ
ジョーダン・スミス25イングランド
ショーン・クロッカー21アメリカ
ショーン・ノリス36南アフリカ
ジョナサン・ベガス33予選落ちベネズエラ
ジョン・デーリー52優勝アメリカ
ジョン・ラーム2344位スペイン
スコット・ジェイミソン34予選落ちスコットランド
スチュワート・シンク45優勝アメリカ
セルヒオ・ガルシア382位スペイン
タイガー・ウッズ42優勝アメリカ
タイレル・ハットン265位イングランド
ダスティン・ジョンソン342位アメリカ
ダニー・ウィレット306位イングランド
ダニエル・バーガー2527位アメリカ
ダレン・クラーク49優勝北アイルランド
ダンタイ・ブーンマ22タイ
チャーリー・ホフマン4120位アメリカ
チャール・シュワーツェル337位南アフリカ
ディラン・フリッテリ28予選落ち南アフリカ
デビッド・デュバル46優勝アメリカ
トービヨン・オルセン289位デンマーク
トーマス・ピータース26予選落ちベルギー
ドック・レドマン20アメリカ
トッド・ハミルトン52優勝アメリカ
トニー・フィナウ2818位アメリカ
トミー・フリートウッド2727位イングランド
トム・レーマン59優勝アメリカ
ニコラス・コルサーツ357位ベルギー
パット・ペレス4220位アメリカ
バッバ・ワトソン3923位アメリカ
パトリック・キャントレー36アメリカ
パトリック・リード2712位アメリカ
パドレイグ・ハリントン46優勝アイルランド
ピーター・ユーライン2844位アメリカ
ファブリツィオ・ザノッティ35予選落ちパラグアイ
フィル・ミケルソン48優勝アメリカ
ブライアン・ハーマン3126位アメリカ
フランチェスコ・モリナリ359位イタリア
ブランデン・グレイス306位南アフリカ
ブルックス・ケプカ286位アメリカ
ブレッド・ラムフォード4016位オーストラリア
ブレディ・シュネル33アメリカ
ベルンド・ウィースバーガー3264位オーストリア
ベルンハルト・ランガー602位ドイツ
ベン・カーティス41優勝アメリカ
ヘンリック・ステンソン42優勝スウェーデン
ホアキン・ニーマン19チリ
ポール・ケーシー403位イングランド
ポール・ダン2530位アイルランド
ポール・ローリー49優勝スコットランド
マーク・カルカベッキア58優勝アメリカ
マーク・リーシュマン342位オーストラリア
マーティン・カイマー337位ドイツ
マシュー・サウスゲート296位イングランド
マシュー・フィッツパトリック2444位イングランド
マット・クーチャー409位アメリカ
マット・ジョーンズ3830位オーストラリア
ヨナス・ブリクスト3426位スウェーデン
ラッセル・ヘンリー2920位アメリカ
ラファエル・カブレラ・ベロ344位スペイン
リー・ウェストウッド452位イングランド
リッキー・ファウラー292位アメリカ
リン・ギョクキン17中国
ルイ・ウーストハウゼン35優勝南アフリカ
ルーカス・ハーバート22オーストラリア
ローリー・マキロイ29優勝北アイルランド
ロス・フィッシャー3713位イングランド
李昊桐(リー・ハオトン)223位中国

海外の注目選手

出典:PGA TOUR

ダスティン・ジョンソン(世界ランキング1位)
ジョーダン・スピース(昨年の全英オープン優勝)
パトリック・リード(今年のマスターズ優勝)
ブルックス・ケプカ(全米オープン2連覇・世界ランキング4位)
ジャスティン・トーマス(世界ランキング2位)
ジャスティン・ローズ(世界ランキング3位)
タイガー・ウッズ(全英オープン過去3度優勝)

 

国内出場選手と出場回数

出典:プロギア

松山英樹(6年連続6回目)
宮里優作(3年連続4回目)
小平智(2年ぶり3回目)
池田勇太(4年連続7回目)
谷原秀人(3年連続7回目)
秋吉翔太(初出場)
小林正則(初出場)
川村昌弘(初出場)
時松隆光(初出場)
市原弘大(2年ぶり3回目)

全英オープン選手権とは

そもそも全英オープンとは1860年から始まった大会で、世界でもっとも歴史のあるトーナメント。スコットランドとイングランドにある海岸線のコースを順番に使って開催されます。そのため海から強く吹き続ける風、深いバンカー、フェスキュー草の茂った長く密生したラフがコース攻略をさらに難しくします。

歴戦のゴルファー達が、天候やコンディションの変化、困難なコース状況、そして自分自身と戦い、頂点を目指す伝統の大会です。

優勝者にはクラレット・ジャグと呼ばれる優勝トロフィーのレプリカが贈呈されます。オリジナルのトロフィーには1872年のトム・モリス・ジュニアから優勝者の名前が刻印されており、新たなチャンピオンの名前が刻まれていくことになっています。

全英オープンと他メジャーの違い

全英オープンはゴルフの4大メジャー大会の一つ。マスターズ・トーナメント、全米オープン、PGA選手権(全米プロ)と全英オープンを男子ゴルフの4大メジャーと呼びます。4大会はそれぞれ特色があります。

マスターズ

マスターズは毎年、4月にアメリカジョージア州のオーガスタ・ナショナルで開催。世界一美しいと言われるゴルフコースは毎年多くのドラマを生みます。ギャラリーはリピーターが多く、とても豪華で華やかな雰囲気で、「ゴルフの祭典」とも呼ばれます。

全米オープン

6月に開催される全米オープンはコースのセッティングがとても厳しく、世界でもっとも過酷な大会とも言われています。2018年シネコックヒルズGCでの大会は世界のトッププロが連日オーバーパーの難コースでした。

全英オープン

7月にイングランド・スコットランドの海岸沿い、リンクスコースで行われる全英オープンは海沿いのコースにあるため風が強いだけではなく、1日のうちでも四季があるといわれるほどコンディションがころころと変わります。

自然との闘い、自分自身との闘いにいかに打ち勝てるかどうか、技術だけではなく厳しい状況に対応できる知恵とメンタルの強さも求められる大会です。

全米プロ(PGA選手権)

8月に開催される全米プロ(PGA選手権)は暑さとの闘いとなります。他の大会と違い出場できるのはプロゴルファーのみとなっています。コース選択に際立った特徴はありませんが、ピンの位置をファン投票で決定するなど、非常に盛り上がる大会です。

賞金総額は?

全英オープンの賞金総額は1025万ドル(日本円で約11億円)、優勝賞金は185万ドル(約2億円)となっています。※2018年の詳細は7月上旬に発表予定

感動!全英オープン物語

出典:THE OPEN

トム・ワトソンという選手をご存知でしょうか。全英オープンは5度の優勝。メジャー大会でも8回の優勝という輝かしい成績を誇るアメリカのレジェンドゴルファーです。

2009年、ピークはとっくの昔に過ぎた59歳のトム・ワトソンは全英オープンに出場します。ケガや加齢でパフォーマンスは劇的に低下していたものの、最後まで優勝争いを演じ76ホールの激闘の末、誰も想像しなかった2位という衝撃の活躍をみせます。

このワトソンの活躍により、全英オープンで設けられていた「60歳まで」という年齢制限が5年延長されました。全英オープンの伝統あるルールをも変える歴史的な快挙の裏には、長年を共にした専属キャディ「ブルース・エドワーズ」との感動の物語がありました。

↓↓↓ワトソンとエドワーズのコンビで歩んだ歓喜と感動の物語、詳しくはこちらをご覧ください。

↓↓↓全英オープンをはじめ世界で活躍する松山英樹。そのスイングから学ぶ飛ばしの極意とは?

↓↓↓レジェンドから若手まで、ドライバーショットの動画を総まとめしました!

まとめ

今年で147回目を迎える伝統の全英オープンについて出場選手とみどころをまとめました。世界のトップが集い、過酷なコンディションでしのぎを削ります。松山英樹をはじめとする日本人選手がどこまで戦えるかにも注目です。

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

新着特集

センスがいい人と言われるためのポロシャツコーデ3つの鉄則

ゴルフ場の服装でとても恥ずかしい思いをしてしまいました。なんとなく選んだポロシャツが○○だったんです…。ワンランク上の洒落た大人ゴル ...
  • 雑学
  • 201

今治タオルで快適ゴルフ!大人気おすすめアイテムを調査

ゴルフに欠かせないアイテムがタオルです。いまゴルファーの間で『今治タオル』が人気なの知ってました?ラウンド中の不快な汗を、さっぱりと ...
  • 雑学
  • 115

ゴルフのレーザー距離計を使い倒す!4メーカー徹底調査

レーザー距離計でゴルフは変わるのか徹底調査!正しいヤード数が分かることにどんなメリットがあるの?使い心地は?どんなものを選べばいいの ...
  • 雑学
  • 349

パークゴルフとは?親子3世代で楽しめるスポーツ特集

今じわじわと競技人口を増やしているスポーツ。それが『パークゴルフ』です。親子3世代で楽しめて、初心者でもかんたんにプレイできところが ...
  • 雑学
  • 133

ゴルフボール知っておくべき2つの性能とおすすめの選び方

あなたのパフォーマンスを最大限引き出す『ゴルフボール』は一体どのメーカー?どのシリーズ?飛距離性能やスピン量を参考に選び方のポイント ...
  • 雑学
  • 150

『マーク&ロナ』特集!いま女子ウケNo.1の人気ブランドを徹 …

いま大人ゴルファーに大人気の「マーク&ロナ」を大特集!おしゃれなポロシャツから、グローブ、バッグまで、デザインに優れ機能性も ...
  • 雑学
  • 16

特集一覧