ファボる (お気に入りへ追加)

ゴルファボ TOP雑学シャフトカットはOK?NG?利点と欠点を徹底調査

雑学

シャフトカットはOK?NG?利点と欠点を徹底調査

ゴルフのシャフトカットは長いクラブを使いやすくする一つの方法です。しかし飛距離ダウンや手打ちの原因になるなど、注意すべき点も…。今回はシャフトカットの利点&欠点について紹介します。ぜひチェックしてみてください。

ドライバーが飛ばない…左右にブレる…。その原因、もしからしたらクラブを短くすると解決される可能性があること知ってました?

新品に買い替える方法もありますが、ドライバーを切って、長さを調整しピッタリ合うように仕上げる「シャフトカット」という方法もあります。ドライバーを調整する方法の一つとして、買い替えるよりも安く済み、ミート率アップなどの効果もあります。

しかし、ただ単に短くすればいいかというとそうでもありません。かえって振りにくくなる可能性もあり、最悪の場合はクラブが使いものにならなくなることも…。

今回はシャフトカットのメリットとデメリットについて紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

シャフトカットとは?

1Wのグリップ側やフェース側を一部、切って長さを調整することです。

ショップに持ち込んで相談する、あるいは少し手間はかかりますが自分でやることもできます。ただ、短くすることには効果だけではなくリスクもあります。利点・欠点をよく考えてから行うのがおすすめです。

メリット

ミート率アップ

最大の効果はミート率が上がることです。

長さが変わることでスイングしやすくなり、フェースの芯に当たりやすくなるので、ミート率アップにつながります。調整の成功によって飛距離がアップすることもあります。

曲がりにくくなる

ドライバーで振り遅れ気味だった場合はシャフトカットすることでうまく当てられるようになり、スライスが減ります。また、振りやすくなるとゴルフではスイングの再現性も高くなるので、安定してボールを打つこともできるようになります。

振り切れる

短いぶん、しっかり振り切れるようになります。軽さを感じられ、強いフォロースルーが作れるのも利点の一つです。

デメリット

ヘッドスピード低下

シャフトカットすると、そのぶんヘッドスピードが落ちます。

ゴルフでは、一般的に長いものを振った方が遠心力を使ってヘッドスピードを上げることができます。

ただ、シャフトカットしてヘッドスピードが下がったとしてもそのぶんミート率を上げることができればトータルで飛距離が落ちない、ということもあります。

バランスが変わる

振り心地は確実に変わります。

ヘッドの重さがそのままなのに長さが変わるため、全体のバランスも変化します。最近はフェース周りが大きくなっているモデルも多く、違和感や構えづらさを覚える可能性もあります。

手打ちになる

全体の重さが軽くなるので、スイングが固まっていない方やゴルフ初心者の場合は手打ちになってしまう可能性があります。

軽いものは上げやすくどうしても手で「ヒョイ」と持ち上げてしまいがち。結果、手だけで打って再現性が低くミスが出やすいスイングになってしまいます。

ボールが上がりにくくなる

ボールが高く上がりにくくなります。

長いものに比べてしなりにくくなるので、打ち出し角が低くなります。低弾道になることで、ロフト角によっては飛距離が大きく落ちることもあります。

↓↓↓ティーショットを打つときのゴルフボールの位置の正解は?安定して飛ばすためにぜひチェックしてみてください。

代わりにできる4つの対応

一度、クラブを切ると元に戻すことはできません。

またコストもかかるので、別の方法を考えるのもおすすめです。ゴルフのドライバーは高価なものです。代わりに試していただきたい4つの対応を紹介します。

短く持つ

単純なようですが、長くて扱いづらいと感じている場合は、いつもよりも短く握るのも一つの手です。

プロゴルファーのスイングを見ると、グリップエンドが余るくらいに握って打つこともあります。シャープに振りぬいて、精度の高いショットをしようという工夫でしょう。

5センチほど短く握るといつもと違う感覚で振れることがあります。スイートエリアでとらえやすくなるという利点もあります。

3番ウッドを使う

ゴルフでなかなか1Wがしっくりこないというときは代わりに3番ウッドを使うという選択肢もあります。

曲げたくないときはティーショットを3Wで打つ、という方も多いでしょう。長さとしても1Wよりも2インチ(約5センチ)ほど短いものが多くなっています。

レディース用を試す

レディース用ドライバーを中古で購入して使ってみる、というのも一つのやり方です。

男性用とヘッドの構造は一緒ですが、少し短くなっているのが特徴です。ロフト角が大きくなっているので、弾道が高くなる点が大きな違いとなります。一般的な男性用が苦手なゴルファーでスイングスピードが遅めの場合、レディース用のほうが飛ばせる可能性もあります。

中古で探す

中古であらかじめ切られた1本を探すのも手です。

自分の1Wを加工すると元には戻せませんが、切ったものが中古であれば、安く買うこともできます。短い1Wを一度試してみたいという場合にもおすすめです。

↓↓↓クラブのしなり戻りをMAXにして遠くまで飛ばす方法を紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

シャフトカットしたいときは?

どうしてもやりたいという場合にはゴルフショップに相談してみましょう。

今、使っているものを持ちこんでやってもらうと安心です。専門の知識もありますし、事前に何かと相談にも乗ってくれるでしょう。

また切るのは「0.25インチ」など小さな幅で行っていくとデメリットも少なくできます。ほんの少し切るだけでも全体のバランスは変わってくるので慎重に判断してください。

↓↓↓ゴルフでなかなか芯に当たらないと感じている方へ、すぐに試せる5つのポイントを解説します。ぜひトライしてみてください。

まとめ

今回はゴルフクラブのシャフトカットについて紹介しました。ミート率アップをはじめ利点もある一方、注意すべき点も多くあります。普段、使わなくなった1本で試してみるというのもありでしょう。今使っているものが合わない、と感じている方は代わりにできる4つの案も含めて、トライしてみてください。

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。
×