ゴルファボ TOP雑学クセがあっても300ヤード!世界のトップが見せる驚異のスイング

ファボる (お気に入りへ追加)

雑学

クセがあっても300ヤード!世界のトップが見せる驚異のスイング

世界のトッププロゴルファーにも独特なクセの持ち主がたくさんいます。アマチュアであれば、必ず直せ!と言われるポイントが実はそうでもなかったりするんです。クセだらけでも300ヤード!世界ランク1位のスイングをご紹介します!

アマチュア時代からタイガーウッズ選手と同じような活躍を続け、若干24歳にしてすでに生涯グランドスラムまであと1勝のジョーダン・スピース選手。彼のスイングにはちょっとした癖があります。日本であれば確実に矯正されたであろう短所を長所に変えることで、飛距離だけでなく世界で最も安定した選手になったスピース選手。その精度の高いスイングの秘密に迫ります。

ジョーダン・スピース選手のスイング

個性的なスイングでもOK

上手いゴルファーは必ずアドレスの時点で上体が少し後ろに傾いています。上体を右に傾けている状態です。この位置からテイクバックを始めることでトップの位置でも軸がブレないフォームが可能になります。

軸がまったくブレない「肩主導」のバックスイングです。

トップの位置では左肘が大きく曲がっています。

トップでは肘を伸ばした方が良いという理論が一般的ですが、実際はどちらでもいいんです。あまりにも曲げすぎてしまうとスイングプレーンがバラバラになってしまう可能性がありますが、無理にピーン!と伸ばすのも柔軟性のないスイングになるので良くありません。

色々と試してみて多少肘が曲がっている方がしっくりくるなら、それがあなたに合ったトップの形です。

ボールを真右から打っているのが画像でも分かります。

もう一度最初に戻ってアドレスの頭の位置を見てみてください。インパクトの時の頭の位置が、後ろにある白い印からほとんど動いていないのが分かります。頭は動かず体重はしっかり左へ移動しています。ボールを右から見ているようなイメージですね。この形が再現出来れば飛距離は恐ろしいほど伸びます。

このフォロースルーが今回ご紹介したいポイントです!

実はジョーダンスピース選手はフォロースルーで左肘が引けています。彼は左利きでドライバーだけでなく全てのクラブを左手で操作する能力がずば抜けているのだそう。その結果自然と生まれた肘の引けは無くさないほうがメリットが大きかったようです。なんでも直せばいいってもんじゃないんですね。

一般的に左肘が引けると飛距離が出ないと言われ、必ず直さなければいけないポイントとなっていますが、実際のところ多少の肘の引けは関係ないんです。左肘が引けてしまう場合は彼の様にしっかりと肩を回すことによってヘッドを振り抜くことが出来ています。彼の様にドライバーで300ヤード飛ばすことは難しいかもしれませんが、自分に合ったスイングが一番良いという良い例だと思います。

まとめ

ジョーダンスピース選手のスイングを見ていると、一般的に良くないと言われている事が必ずしも皆に適用できるわけではないという事が分かります。スイング中の悪いところばかり気にせずに、そこを活かしたスイングをしてみることもゴルフ上達の近道かもしれません。

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

新着特集

特集一覧