ゴルファボ TOP雑学時松隆光プロ飛距離の秘訣「テンフィンガーグリップ」とは?

ファボる (お気に入りへ追加)

雑学

時松隆光プロ飛距離の秘訣「テンフィンガーグリップ」とは?

テンフィンガーグリップを試したことがありますか?力のない方におススメの飛距離アップ法です。テンフィンガーで飛ばす時松隆光プロのスイングをご紹介します。あなたのドライバースイングにぜひ取り入れてみてください。

ゴルフのグリップは自分の握りやすい形でOKです。

ほとんどのゴルファーはインターロッキング、オーバーラッピングかと思いますが、中にはテンフィンガーグリップ(ベースボールグリップとも呼びます)の方もいます。メリットは違和感なく握れ、力を込めて振りやすいことです。

テンフィンガーグリップの使い手、時松隆光選手のスイング動画のご紹介です。

時松隆光選手のスイング

アドレス

かなりのストロンググリップで、右手は全く被さっていません。右手で押し込むために効果的な形です。

トップ

テンフィンガーは良くも悪くも手首の動きが細かく調整出来ることにあります。

スナップを効かせた力が生み出しやすい反面、コックが効き過ぎて方向性が安定しない傾向があります。慣れや相性もありますが、テンフィンガーは力のないゴルファーや女性にもおすすめの握り方です。

それにしても時松選手のスイングは回転スイングです。その場でクルっと回るように打っています。方向性の良くないゴルファーにもオススメの打ち方です。

↓↓↓初心者必見!正しいゴルフグリップの握り方を解説いたします。

↓↓↓安定したスイングの鍵は“グリップ”にありますが、手に違和感があるとイメージどおりに振るなんてできません。手のケガの原因と解決方法を詳しく知りたい方はこちら

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

新着特集

特集一覧