ゴルファボ TOP雑学【基礎知識】バンカー内でボールが深くめり込んだ時の正解は?

ファボる (お気に入りへ追加)

雑学

【基礎知識】バンカー内でボールが深くめり込んだ時の正解は?

深くめり込んだバンカーショットで何打も使ってしまった経験ありませんか?そんな時はアンプレヤブルを使うことでスコアを大崩れさせることなく、プレイを進める事が出来ます。バンカーでの救済措置の方法をご紹介します。

バンカー内でもアンプレヤブルが使えることをご存知ですか?

ボールがウォーターハザード内にある時を除いて、プレイヤーはコース上のどこでも自分の球をアンプレイヤブル(一打罰)とみなすことが出来ます。これはもちろんバンカー内でも適用することが出来ます。

ゴルフはあるがままの状態でプレイする事ももちろん大事ですが、あまりにも深くバンカーにめり込んだ場合などは、この救済ルールを上手く利用することでスコアを大崩れさせる事なく、楽しくゴルフがプレイできます。

バンカー内でのアンプレヤブル

 

バンカーで大目玉

バンカー内に深くめりこんでしまった場合は、積極的にアンプレヤブルを活用しましょう。1打罰でボールを移動してプレイを再開することで、何打もバンカーで使ってしまう可能性を排除することが出来ます。

守るべきルール

アンプレヤブル宣言をすると1打罰でボールを移動させることが出来ます。守らなければいけないルールとして、

①ボールをピンを結んだ後方線上

②ボールから2クラブ以内にドロップ

動画のようにバンカーでアンプレヤブルを使う場合は、バンカー内でドロップしなければなりません。バンカーでもフェアウェイでもボールが沈んだ状態からショットすると難易度が上がります。傾斜を上手く使ってドロップするを次の一打が易しくなります。

↓↓↓バンカーから1発で出すための打ち方と練習法とは…

↓↓↓初心者必見のバンカーからの出し方・入門編はこちら

 

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

新着特集

特集一覧