ゴルファボ TOP雑学トラブル攻略法!バンカーから飛距離を出す時の注意点とは?

ファボる (お気に入りへ追加)

雑学

トラブル攻略法!バンカーから飛距離を出す時の注意点とは?

トラブルショットは考えなければいけない事がたくさんありますが、考えすぎるとミスの確率が跳ね上がります。考えなくてもダメ、考え過ぎてもダメならどうすればよいのでしょうか?もっとも重要なポイントとは…

「傾斜・片足バンカー・ラフ」ミスが増えそうな状況が重なった経験ありませんか?

トラブルショットの要素が増えれば増えるほど何を気にして、どう打てば良いか分からなくなりますよね。初心者であればあるほど、細かなポイントは無視して重要なポイントだけに意識を集約しましょう。今回はトラブルが重なった時にどこに注意して打てば良いのかご紹介します。

有村智恵プロの参考ショット

傾斜の時は?

身体を傾斜に対して水平にしましょう。この体の角度をアドレスからインパクトまで変えないことが大切です。ダウンスイングで上体がターゲット方向に突っ込むと、クラブのロフト角が立ってしまいボールが上がらないので、必ず傾斜に対して水平を保ちましょう。

片足バンカーの時は?

バンカーショット、片足バンカーショット含め、足を砂の中に入れてしっかり踏ん張れるようにしましょう。また、ダウンスイングからインパクトにかけて過度に踏み込み過ぎるのはNGです。不安定な足元がブレてミスに繋がる可能性がアップしてしまいます。足は踏ん張って上半身だけで打つ!くらいの気持ちでOKです。

ラフに入った時は?

ラフから打つときは、草の抵抗力に負けてしっかりインパクト出来ない可能性があります。必ずクラブを短く持ってショットしましょう。思いきり飛ばそうという意識もミスに繋がってしまうので注意です。

↓↓↓初心者が習得すべきバンカーからの出し方【入門編】

↓↓↓深いラフからアイアンを打つ時の2つの条件とは…

 

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

新着特集

特集一覧