ゴルファボ TOP雑学バックスイング上達のコツ!腕とクラブの理想的な角度

ファボる (お気に入りへ追加)

雑学

バックスイング上達のコツ!腕とクラブの理想的な角度

バックスイングはもっとも悩んでしまうスイングポイントの一つです。どんな風に上げればよいのか急に迷ってしまうことありませんか?途中の動きを意識して動作をすることで理想の形でバックスイングすることが出来ます。

スイング中もっとも迷うポイントの一つがバックスイングかと思います。

どれくらい上げればいいのか?コックはいつ使えばいいのか?体は流れていないか?気を付けなければいけないポイントがたくさんありますよね。今回はその中の一つのポイント腕とクラブの角度を解説したいと思います。

画像は松山英樹選手の理想的なバックスイングの形です。クラブが90度の位置に来た時に、あなたの腕の位置はどうなっているか一度確認してみてください。コックが早すぎたり、インサイドに引きすぎでいると、この形にはならないかと思います。

大きくバックスイングするイメージでテイクバックしてみてください。スイングプレーンが大きくなればなるほど遠心力を利用した強いボールが打てるようになります。ぜひ試してみてください。

松山英樹選手のバックスイング

↓↓↓松山英樹選手の試合前ルーティン&練習メニューまとめ

↓↓↓スイングに必要な基本ポイントを総まとめいたしました!

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

新着特集

特集一覧