ゴルファボ TOP雑学シーモアパターが初心者でもまっすぐ打てる3つの理由

ファボる (お気に入りへ追加)

雑学

シーモアパターが初心者でもまっすぐ打てる3つの理由

パターをまっすぐ打つのは簡単そうで実は難しい。それはコースの景観やグリーンの傾斜、体調などで同じようにアドレスしてスイングすることは簡単ではないからです。ヘッドにある『印』を隠して打つだけでそのすべてをカバーしてくれる驚きのパターとは?

こんにちは。ゴルファボの今川です。

先日、たった数十センチのパーパットを外し、結局3パットのダボ…。グリーン上で考えれば考えるほどカップに嫌われました。

簡単にパターがうまくなる良い方法はないかな‥と思いながら訪れた2018年のゴルフフェア。そこで『赤いマークを隠せば自然とまっすぐ打てる』という魔法のようなパターを見つけました。

その名も『シーモアパター:SEE MORE PUTTER』。米メジャーツアー優勝という血統書つき。いったいどんなパターなのでしょうか。さっそく調査してまいりました。

パターが上手くならない原因とは?

パターの調査に行く前に、パターの上達について少し考えてみたいと思います。

パター上達のためには練習が欠かせませんが、多くのアマチュアゴルファーにとってパターは自宅のパターマットや、ラウンド前に練習グリーンでちょっと時間を取るくらい。練習環境がとても少ないと思います。

そんな練習不足な環境で、コースマネジメントをしつつ距離感・方向性、2つの要素を調整するのはほぼ無理です。両方同時に上手くやろうとするといつまでたってもパターはうまくなりません。あなたもパターに関して、ドライバーやアイアンのような上達を感じていないのではないでしょうか?

パターを上手くするための方法

パターが上手い人はボールをまっすぐ転がす事が出来ます。

ボールをまっすぐ転がすにはブレない正確なストロークが必要です。しかし、方向性や距離感、その他傾斜などさまざまなことを考えていると、ラウンド中いつのまにかスイングはブレます。

プロ選手などがアライメントスティックを使用してどのクラブよりも入念にパター練習をしている風景を見たことがあると思います。それほどパッティングは繊細です。プロでさえ大変なのですから、一般アマチュアが常にストロークを一定にキープするのは容易ではありません。

しかし…方向性は考えなくてOK!考えるのは距離感だけ!というパターがあったらどうでしょうか?

ただでさえ気にする項目が多いグリーン上。考えることを出来る限り少なくして、シンプルにパッティングできる方法があれば、2パット以内で決められる可能性がとても高くなります。

それを可能にしたのが今回ご紹介する「シーモアパター(SeeMore Putter)」です。さっそく解説していきます。

シーモアパターとは?

シーモアパターはアメリカ・カリフォルニアで生まれたパターブランドで、最高の素材と独自の技術で作られる高性能パターが特徴。その名前は2007年ザック・ジョンソンが4大メジャーの一つ、マスターズで優勝したことで一躍有名になり、2015年の全英オープン優勝で確固たる地位を築きました。

シーモアパター最大の特徴はヘッドに入れられた赤いマーク(印)を隠して打てば、自然とスイングプレーンが正しくなり、ボールをまっすぐ打てるというライフルスコープ・テクノロジー(特許取得済み)。

【特許】ライフルスコープ・テクノロジー

ライフルで狙うようにヘッドに入った赤いマークを隠して打つだけで、ヘッドが正しい軌道でボールをインパクト出来るという画期的な技術。

この特許を取った世界初のテクノロジーはパッティングを根本からシンプルにしてくれます。

シーモアパターに行ってみた

東京・五反田にシーモアパターのショールームがあるとの事でさっそく行ってみました。

JR五反田駅から歩くこと5分。お邪魔させていただいたのはシーモアパター日本総代理店のテイクバック株式会社さんのショールーム。

さっそく、シーモアパターの特徴や使い方、メリットを見ていきましょう。

シーモアパターの特徴

いきなりですが、あなたはパターを打つときどんな事を気にしますか?

①頭の位置 ②目線 ③アライメント(方向) ④ボール位置 ⑤肩のライン などなど、人によってはもっとあるかと思います。これをラウンド中常に気を付けるのは至難の業です。

シーモアパターはヘッドの赤いマークを狙うだけで、パッティングに欠かせない要素を自動的にカバーしてくれる特徴をもったパターです。

見た目と素材

シーモアパターを手に取ってみた第一印象は…美しいの一言。削り出しのフェース面は細かく削られて何とも言えない綺麗な模様が浮かび上がっています。シャフトの根元部分にはお好みでカラーが入れられるので他パターにはない華やかさがあります。

素材は最高級のステンレススチールを使用。繊細な技術で一つの塊から丹念に削り出して作られたハイエンドモデルです。

シーモアパターの使い方

実際に打ってみるとシーモアパターのシンプルさに驚きます。打ち方(フォーム)はどんな形でもOKです。

ヘッドのマークを自分から見えないように隠して打つ。それだけでフェース面、スイング軌道が自動的に調整され正しいインパクトになります。シーモアパターはマークを隠せば方向性は保証されます。あとは距離感だけを気にするだけ。

ゴルフ初心者の悪い癖で「手元見過ぎ」というのがありますが、シーモアパターは手元見過ぎでもOKです。

豊富なラインナップ!ノーマル~大型ヘッド

シーモアパターは一般的な大きさのパターからデカヘッドのモデルまで種類が豊富です。

ヘッドが大きいので構えた時に安心感がありました。スイートスポットも大きいので、芯の部分が広い。中心でジャストミートできなくてもまっすぐ転がる設計になっているそう。一般的なものより重量もあるので安定したストロークが描けます。

パターの打ち方に正解はないとよく言われますが、クラブ形状にも正解はありません。ピン型やマレットといった形状だけでなく、「ヘッドの大きさ」という面でも自分のフィーリングにマッチするものを選んで欲しいという、シーモアパターのポリシーが生きています。

現代は大型ドライバーの全盛期です。ヘッドが大きくなり易しく打てるようになりました。パターもこれから大型化していくのかもしれません

シャフトとグリップ

シーモアパターはグリップの種類もたくさんあり、元世界ランクNo.1のリディア・コ選手が使用したことで人気になったローズマークグリップにも変更できるそう。

シャフトの根元部分はオーダーの段階で自分の好きな色に変える事が出来ます。グリップの色と合わせるもよし、構えた時にイメージしやすい色にするもよし。色でも楽しめたり、パッティングのイメージや感覚を変えられるのはユーザーには嬉しいサービスですね。

実際に打ってみた

パターを打つときは非常に慎重になりますよね。

アドレスは大丈夫か、どれくらいテイクバックしてどれくらいの強さでスイングするか、ヘッドの軌道はまっすぐか、傾斜は読めているか…あげればキリがありません。

シーモアパターは考えなくてもマークを見るだけでパターの悩みを解決できるテクノロジーが詰まっています。ヘッド部分の赤いマークを隠して振るだけで、スイング軌道やふり幅が一定になります。赤いマークが見えた時は軌道が悪いという事になるので、素振りの段階ですぐに修正できます。

打感はさすが削り出しパターといった感じで、手に残る感触がとても良いです。ローズグリップの太めのグリップも握りやすくストロークが非常に安定しました。

グリーン上でフォームや打ち方に迷ったとき、マークを隠せば方向性は大丈夫!と目で見て安心できるのはパッティングの強い味方になると思いました。

代表にインタビューしてみた

今回お話を伺ったのは、テイクバック株式会社の事業責任者で、シーモアパターカンパニージャパン代表取締役の泉津玖磨さん。シーモアパターのメリットや特徴をお聞きしてきました。

ゴルファボ今川
シーモアパターは「赤いマーク(印)を隠して打つだけ」という非常にシンプルな機能をもったパターですね。
泉さん
ゴルフではパターの時が一番考えることが多いと思うんです。傾斜の読み、スイングフォーム、強さはどうする?などなど…パターの一番の天敵は「迷い」です。考えることが多くなればなるほどミスする確率は増えますよね。シーモアパターは考えすぎを最小限に減らせるパターだと思います。
ゴルファボ今川
マークさえ隠せばまっすぐ打てるから、あとは強弱とグリーンの傾斜を考えればいいんですね?
泉さん
傾斜の読みも重要ですが、そもそもまっすぐストローク出来なければ、傾斜を読んだ意味がありません。そういった意味でもパターの悩みの一つ「まっすぐ打つ」ことを限りなくシンプルに解決してくれます。
ゴルファボ今川
パターに正解はないので、シンプルに打てるという点はアマチュアには嬉しいです。
泉さん
機能的な部分はもちろん大事ですが、パターでははゴルファーそれぞれの感覚もとても重要です。なので、パターヘッドの大きさや色も多数展開しています。
ゴルファボ今川
大きなヘッドのモデルはおどろきました。一般的なピン型より2周りくらい大きいですよね。
泉さん
最初手にされた方はみなさん驚かれます。しかし、実際に打ってみると、「ボールをインパクトしやすい」「ストロークが安心して出来る」などの声を頂いています。私個人の意見ですが、遠くない未来、パターもドライバーと同様、ヘッドの大型化が始まるのではないかと思っています。
ゴルファボ今川
シーモアパターは赤いマークを隠して打つライフル・スコープ・テクノロジーや、大型ヘッドなどユニークな要素ばかりです。グリップやシャフトの色なども組み合わせが出来て楽しいですね。
泉さん
はい。シャフトの根元部分の色はお好みで変更することができます。見た目にも楽しいのはもちろんですが、色によってアドレス時のイメージが変わりますので、好きな色やもっと良い感覚で打てる色を選んでいただければと思います。
ゴルファボ今川
シーモアパターは特許技術などを取得するなど本当に個性的なパターですね。今後の展開をお教えください。
泉さん
シーモアパターは日本では現時点でそれほど認知されていません。なので、なかなかパター練習をする機会に恵まれないアマチュアゴルファーが、もっと楽しく、もっと易しくカップを攻められるよう世に広めていきたいと思っています。少しでも気になった方は、ぜひお試しいただければと思います。

シーモアパターのメリット

  • 赤いマークを隠すだけでまっすぐな軌道でストローク出来る
  • 正しいフォームを目で確認しながら打てる
  • こだわりの削り出しパター、打感もやわらかく打音も素晴らしい
  • 形・重さだけでなく大きさも選択できる
  • デザインや色が豊富、自分好みにカスタムできる

シーモアパターをもっと詳しく知りたい方はこちら↓↓↓

シーモアパター使用プロ

名前:ザック・ジョンソン
生年月日:1976年2月24日
出身地:アメリカ・アイオワ州
優勝回数:11回(メジャー2勝=2007年マスターズ、2015年全英オープン)

名前:アーニー・エルス
生年月日:1969年10月17日
出身地:南アフリカ共和国
優勝回数:64回(PGA=19勝、欧州=28勝、メジャー4勝=2000・2004年マスターズ、2002・2012年全英オープン、1994・1997年全米オープン) 

シーモアを今すぐGET!

まだ日本ではそれほどメジャーなパターブランドではありませんが、製品クオリティや機能は世界最高レベルです!ぜひチェックしてみてください!

まとめ

パターはゴルフの中でもっとも不安定なショットです。初心者でも入るようなショートパットを世界のトッププロが外したりします。グリーン上で考えることを減らしパッティングをもっとシンプルにしてくれるのがシーモアパターです。

もっと簡単にパッティングしたい!最高の一本が欲しい!他人とは違うパターが欲しい!そんなゴルファーにはおすすめのパターだと思います。

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

新着特集

花粉症ゴルファー必見!乳酸菌を取り入れて春ラウンドを快適に楽 …

花粉症ゴルファーに辛い季節が今年もやってきます。せっかく暖かくなってきたのに花粉症でゴルフは無理!そんな方も多いのではないでしょうか ...
  • 雑学
  • 66

いま話題!銀座PGMの最新インドアゴルフを体験取材

銀座に新しくオープンしたインドアゴルフ施設『PGMゴルフアカデミー銀座』を取材してまいりました。都心で楽しめるワンランク上のゴルフ施 ...
  • 雑学
  • 64

予算500円以内!ゴルフの打球事故リスクを減らす保険を調査

待ちに待った楽しいゴルフ!しかし、まさかの打球事故に遭遇…。あなたが困ったときに、強力にサポートしてくれるゴルフ保険を紹介します。月 ...
  • 雑学
  • 411

ゴルフシャフトの作り方!クラブ選びが上達する4ステップ

なぜ色々なシャフトメーカーやモデルがあるのか。市場にはたくさんの製品が流通していますが、いったいなにが違うのでしょうか?気になったの ...
  • 雑学
  • 157

忘年会・新年会で疲れたゴルファーへ!肝臓サポートで元気を取り …

お酒を飲む前、飲んだ後におすすめのサプリメントと選び方をご紹介します。肝臓は常にフル回転しています。しっかりサポートしてあげないと、 ...
  • 雑学
  • 58

シーモアパターが初心者でもまっすぐ打てる3つの理由

パターをまっすぐ打つのは簡単そうで実は難しい。それはコースの景観やグリーンの傾斜、体調などで同じようにアドレスしてスイングすることは ...
  • 雑学
  • 342

特集一覧