Loadingファボる (お気に入りへ追加)

ゴルファボ TOP雑学シーモアパターが初心者でもまっすぐ打てる2つの理由

雑学

シーモアパターが初心者でもまっすぐ打てる2つの理由

パターをまっすぐ打つのは簡単そうで実は難しい。それはコースの景観やグリーンの傾斜、体調などで同じようにアドレスしてスイングすることは簡単ではないからです。ヘッドにある『印』を隠して打つだけでそのすべてをカバーしてくれる驚きのパターとは?

こんにちは。ゴルファボ編集部の今川です。

「まっすぐ構えてまっすぐ転がすだけ!」たったそれだけのことなのに目先のカップを外してしまった…。そんな経験ありませんか?

その原因は「感覚の狂い」。実は、いつでもまっすぐ構えて打つ感覚は、高頻度でラウンドしていないとキープするのが難しいんです。

なぜなら、個々のグリーンの傾斜、コース景観、体の疲れ、天候や体調による感覚の違い、などすべてが微妙に変わってしまうから。

そんな感覚頼りのパターをしない方法を調査していたら…「シーモアパター」というパターブランドを発見!!なんと「目で確認しながら100%まっすぐ打てるそうです。

ゴルフ大国アメリカで唯一無二の特許技術を取り、米メジャー制覇者も輩出。プロアマ問わず大きな話題になっているパターブランドを調査してみました。

アメリカ発!特許取得のパターとは?

シーモアパター(SeeMore Putter)はアメリカ・カリフォルニア発のパターブランド。

その最大の特徴は、「ヘッドにある目印を隠して打つだけで自動的にまっすぐ打てる」ということ。

自分から目印が見えないようにして打つだけで、アドレス・スイングが自動的に修正。どんな時でも正しく構えて正しく打つことが出来るパターとなっています。

その技術(ライフルスコープテクノロジー)は特許認定され、ザック・ジョンソン、アダム・スコットといった米メジャー優勝者も愛用しています。グリーン上で考えることが減るため、パッティングの精度が大きく上がると話題となっています。

削り出しの最高級パター2選を調査!

今回調査してきたのは、PGAトッププロのザック・ジョンソンが実際に使用しているモデル、ピン型の「USツアーシリーズ Zブラック」と、最新マレット型の「プライベートリザーブM5x」の2モデル。

シーモアパターには多くの種類がありますが、その中でも特に人気な2つをピックアップしてみました。

両パターともに削り出しで作られたシーモアパター最上級モデル。精巧に削られたフェース面の模様が光の反射を受けて美しく輝いています。鋳造では表現できない至高の一品と言えます。

高級感あふれる削り出しのブラックヘッド。フェース面は職人さんが丁寧に磨き上げた模様が浮き上がり光輝いています。

ヘッドは370gと若干重めに作られています。ヘッドに重量があることでスイング時のブレを軽減しいつでもまっすぐにストロークするサポートをしてくれます。

このモデルは米メジャー制覇者ザックジョンソンンとまったく同じモデル。削り出しで世界のトッププロが使用しているものと同じものが使えるなんてゴルフファンにはたまりませんね。

こちらはシルバーのマレット型。重量は360gと一般的なパターよりは若干重量があります。

フェース面は削り出し特有の美しい輝きを放っています。後方にかけて少し狭まっているようなデザインになっています。

ネックは近年人気のセンターシャフト。手元からまっすぐ伸びているので素直に打てる印象。シンプルな構造だからこそミスに強いという点も人気となっているようです。

初心者でも100%まっすぐ打てるメカニズム

ヘッドのシャフト付け根部分には赤い点(Red Dot)が入っています。実は、この赤いマークがもたらす機能、ライフルスコープテクノロジーがシーモアの特許技術です。

赤いマークを自分から見えないように構えて打つだけで、自動的に正しい軌道でストロークして、スクウェアにボールをインパクトできるいう構造になっています。

フェースの正しい角度、スイングの正しい軌道を”目で確認しながらストロークすることができます。スイング中、間違った動きになると赤いマークが見えるので、スイング軌道のズレがすぐにわかります。

①赤いマークを隠す→アドレス&スイングが自動的に正しくなる

②グリーン上で考えることが減り、自信をもって打てるので再現性が高くなる

この2つがパッティングの精度を劇的にアップさせているシーモアパターの大きな特徴です。

【実践】シーモアパターの打ち方

ラウンド中、急にパターが入らなくなった経験ありませんか?

自分でも気付かないうちに、疲労グリーン傾斜による目の錯覚体調・気温の変化による感覚の変化、などによってフォームは崩れてしまいます。その結果まっすぐ打ったつもりでもボールは脇に逸れてしまいます…。

シーモアパターは自分が正しい動きが出来ているのか一目瞭然。赤いマークさえ隠せばいつでもどこでも同じ軌道でスイングすることができるからです。

まず、アドレスで赤いマークを隠します

自分から見えないように構えるだけ。これでアドレスはOKです。理想的なグリップとヘッドの位置になっているはずです。

ハンドファースト過ぎたりハンドレイトになってしまうと赤いマークが見えてしまいます。赤いマークを隠してください。自然とアドレスが完成します。

テイクバックでも赤いマークが見えなければOK。この時点で良い軌道で打っていけそうなイメージが持てます。

更に良い効果があるのが「急ぎ打ち」の防止です。赤いマークを隠そうとすると速く振り上げることは出来ません。打ち急ぎも自動的に防止してくれるので、アマチュアのミス要因の大きなポイントを消してくれます。

適度にゆっくりあげてゆっくり打つ。リズムが作れるので再現性の高いスイングの習得にも向いています。自宅で素振りするだけでも効果があるようです。

赤いマークが見えるのはNGです。ヘッドが開いてしまって正しいスイング軌道から外れてしまっています。

ここから正しくインパクトするには手首を返したりするなど調整が必要となってくるのでミス率が上がります。スイング中にやることが増えれば増えるほどパターの精度は落ちます。

もし一般的なパターの場合は、テイクバックでフェース面がどうなっているかは判別しにくいですね。シーモアパターは一目瞭然です。

フォロースルーも同じように赤いマークが見えないようにスイングします。

いつものストローク通りにやってマークが見えないようにすればOKです。無理やり手を前にやって隠す必要はありません。

スイング軌道を目で確認しながら行えるので、正しいストロークが出来るのはもちろん、調子が落ちてきたときにもすぐに修正できるので、ミスの連発も減らすことができます。

シーモアパターをもっと詳しく見てみたい方はこちら

シーモアパター打ってみた

口コミ・評判は?

シーモアパターを使用した他のユーザーの口コミ・評判を紹介します。

やはりシーモアパターを使用してパッティングがシンプルになったと感じているゴルファーが多いようです。あれこれ考えることなく気持ちよく打てるのも、カップイン率に繋がっているのではないでしょうか。

メジャー優勝者も愛用!世界が認めた高性能パター

シーモアパター使用者には、世界的に有名なトッププロが数多くいます。

PGAツアー優勝回数11回(メジャー2勝)ザック・ジョンソン
PGAツアー優勝回数19回(メジャー4勝)アーニー・エルス
PGAツアー優勝回数13回(メジャー1勝)アダム・スコット

上記以外にも国内、ヨーロッパなど全世界に多くの愛用者がいます。

本番ラウンドのメインパターで使っているプロもいれば、スランプや感覚が狂ってしまったときの修正用にバッグに入れているプロゴルファーも多いようです。

構えるだけで正しいアドレスとスイングを作ってくれるシーモアパターは、情報が多すぎるグリーン上での戦いをシンプルにしてくれます。

2015年全英オープンを制したザック・ジョンソンらトッププロいわく…

『スイングが安定していることが、こんなにパットの安定に繋がるとは信じられなかった。シーモアパターを手にしたら、あと気にするべきは自分が間違った場所に立っていないかだけだね(笑)』

パターはどのスイングよりも安定性が求められるショットで、たった数ミリの違いでカップを外れてしまいます。構えるだけでスイングが安定する機能はプロからも絶大な信頼を得ているようです。

シャフトの長さを変更できる

シーモアパター32インチ~35インチまで、0.5刻みでシャフト長さを自分好みに変えることができます。

シャフトの長さはスイングのイメージや安定に大きく関わります。短くなればコントロールもしやすくなりますが、短すぎるとスイング軌道が悪くなり球が右に行きやすくなります。

自分のスイング、身長にマッチする長さを選択することでパッティングの精度は大きくアップするでしょう。

まさに世界レベル!他を圧倒する2人が作り出す最高級パター

シーモアパターの創業者ジェイソンとジムは、オデッセイパター出身。オデッセイを世界トップクラスのパターブランドに押し上げた二人が、2006年もっと素晴らしいパターを制作すべくスタートしたのがシーモアパターです。

現地では最高の素材を、最高の技術を持った職人が一から作り上げています。特に今回試打したザックジョンソンモデルとプライベートリザーブM5xは削り出しの一級品です。

手間をかけて少しずつ削ることで精巧な作り、美しい模様、最高の打感、を実現しています。最高のパターを使ってみたい方は、ぜひもっと詳しくチェックしてみてください。

👉シーモアパターをもっと詳しく見てみる

まとめ

シーモアパターの人気モデル2つをご紹介しました。

特許技術のライフルスコープテクノロジーはスイング軌道が自動的に安定するという驚きの機能を備えています。

グリーン上で「ちゃんとアドレス出来ているかな…」「まっすぐ振り抜けるかな…」といった心配がなくなるので、初心者でも安心してパッティングをすることができるでしょう。

自信をもって打てることで再現性も高くなり、大きなスコアアップが期待できるでしょう。

パターはなんとなく打っている…グリーンで考えすぎてしまう…そんなゴルファーはもちろん今よりもっとパットの精度を上げてスコアアップしたい方にもおすすめです。

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。
×

新着特集

大阪でゴルフレッスン!スクール初心者におすすめ10選!口コミ …

【大阪】のゴルフレッスンおすすめのスクール10選をご紹介します!レッスンに行ってみたいけど、どこに行けばいいか分からない…もっと上手 ...
  • 雑学
  • 132

ゴルフ【レーザー距離計】おすすめ人気ランキングBEST10【 …

レーザー距離計にはどんな機能があるの?どんなものを選ぶべき?平均の金額はいくら?そんな疑問をお持ちのあなたへ!選び方のポイントと人気 ...
  • 雑学
  • 832

【東京都内】ゴルフレッスンおすすめスクール特集!初心者にも人 …

東京都内おすすめのゴルフスクールBEST7をご紹介します!レッスンを受けてみたいけど、何を基準にどこを選べばいいか分からない…そんな ...
  • 雑学
  • 159

宮崎フェニックスカントリークラブ開場50周年!名門トーナメン …

宮崎フェニックスカントリークラブ開場50周年!ということで日本が世界に誇る名門トーナメントコースをプレーしてきました!なぜ長年にわた ...
  • その他
  • 126

ライザップ【ゴルフ力診断】を体験レポ!分析でわかった長所と短 …

ライザップのゴルフ力診断とは?体験レッスンで受けられるスイング解析がいま人気になっています。あなたのスイング傾向や、ゴルファーとして ...
  • 雑学
  • 118

ゴルフで”日焼け止め”使うべき?できる男の肌ケア術!

いま、【日焼け止め】を使う男性ゴルファーが増えているようです!絶対に焼きたくない人も、キレイに焼きたい人も、できる男はみんな肌ケアを ...
  • 雑学
  • 60

特集一覧

- Official Sponcer -

OfficialSponcer

OfficialSponcer