ゴルファボ TOP雑学グリーン上で絶対やってはいけない行為:芝を削る

ファボる (お気に入りへ追加)

雑学

グリーン上で絶対やってはいけない行為:芝を削る

最近、グリーン上で悲しい事件が立て続けに起きているそうです。当人も知らずにやってしまったのかもしれませんが、これは絶対にやってはいけない行為の一つです。ルールははっきり分からないけど、ゴルフは楽しい!そう思っている初心者の方は、ぜひ最後までご一読ください!

美しく整備されたゴルフ場は、大人の遊び場として最高の環境です。

どんなゴルファーでも、綺麗に均されたフェアウェイから打ちたいですし、ボコボコになっていないグリーンでパッティングしたいですよね。しかし、最近グリーン上で悲しい出来事が増えているようです。

グリーン上では、他人のラインを踏まないとか、足を引きずらないとか、色々とマナーがありますが、今回はもっともやってはいけない行為『グリーンの芝を削る』について、なぜこのような事が起きてしまうのか。対処法はどうすればよいのか。をご紹介します。

ゴルフ初心者はコース上で分からないことだらけだと思います。しかし、グリーン上でこれだけは絶対にNGですので、ぜひ最後まで読んでみてください。

絶対に芝を削ってはいけない場所とは?

ゴルフ場は大きく分けて上記画像のようなエリアに分かれます。

この中で唯一、絶対にゴルフクラブの歯を地面にめり込ませて、芝を削ってはいけないエリアが、パッティンググリーンです。

その他のエリアも深く削り過ぎた場合は、目土などでしっかりカバーするのがマナーですが、パッティンググリーン(パターを使うところ)ではパター以外のクラブの使用は一切NGという認識で問題ありません。

初心者が戸惑う『サブグリーン』

では、なぜグリーンを削ってしまうのか?

これは『サブグリーン』の存在が大きいと思います。ゴルフ場ではグリーンの健康の維持の為や、攻略の幅を持たせるために、1ホールに2つグリーンを設置しているところがあります。

「今日は右のグリーンを使用して、左のグリーンは休ませる」といったようにゴルフ場の管理下で選択されています。この休ませてあるグリーンをサブグリーンと呼ぶのですが…

ゴルフ初心者の方はこのサブグリーンも、フェアウェイなどのジェネラルエリアと同じように捉えている可能性があります。その結果、通常の芝を削るようにグリーンの上から、ウェッジで打ち込んでしまうのです。

見るも無残な形に…

グリーン上は、ゴルフコースの中でも断トツで繊細です。

ボールがポンッ!と乗った衝撃でも、すぐに修繕しなければ芝は枯れてしまいます。このようにゴルフクラブで深く削られた芝が元通りになるには、長い時間がかかります。

ゴルフ場にはグリーンキーパーと呼ばれる芝管理のプロフェッショナル達がいます。

私たちがいつでも気持ちよくゴルフをプレイできるように、毎日管理をしてくれています。芝を育て、カッティングし修繕します。彼らがいなければゴルフ場はボコボコ。パターでボールをまっすぐ転がすことなんて出来ないでしょう。

ゴルフ場スタッフだけでなく、ゴルファー全員で環境を美しく保つのも、とても大切なことだと思います。

サブグリーンの『対処法』

サブグリーンにボールが乗った場合、細かく言うとルールはたくさんあります。

初心者の方にまず覚えておいて欲しいのはこれ、→『ピンに近づかないようにグリーンの外にボールを移動させる』です。

ピンから円を描く感じで移動して、グリーン周りのところにボールをドロップしましょう。この時はペナルティなどは一切ないので安心してください。

グリーン上ではパターを使おう!

ということで、今回の記事でマストで覚えていただきたいことは…

絶対にグリーンの芝を削らない(パター以外のクラブを使わない)

です。初心者のうちはどこがフェアウェイで、どこがティーイングエリアなのか分からないかもしれません。そんな時は、グリーンと同じくらい短く芝を刈り込んである場所に来た時はパターを使ってください。

そのエリアは、もうすでにピンの近くなはずです。ボールを上げるより転がしたほうがスコアも縮まります。ぜひ参考にしてみてください。

👇ゴルフ初心者のためのルールをかんたん3分解説いたします。

👇パターの打ち方の基本的なポイントを総まとめしました。

まとめ

セルフプレーや時代の流れで、キャディさんや先輩などに正しいゴルフのルールを教わる機会が少なくなってしまいました。しかし、そんな環境のなかでは当然の結果かもしれません。

削ってしまった初心者もほとんどが知らずにやってしまったことでしょう。草の根作戦でも、正しい情報を新しくゴルフを始めた人に伝えていくのが、私たち先輩ゴルファーの使命かもしれません。

画像提供:マクレガーカントリークラブ

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

新着特集

センスがいい人と言われるためのポロシャツコーデ3つの鉄則

ゴルフ場の服装でとても恥ずかしい思いをしてしまいました。なんとなく選んだポロシャツが○○だったんです…。ワンランク上の洒落た大人ゴル ...
  • 雑学
  • 201

今治タオルで快適ゴルフ!大人気おすすめアイテムを調査

ゴルフに欠かせないアイテムがタオルです。いまゴルファーの間で『今治タオル』が人気なの知ってました?ラウンド中の不快な汗を、さっぱりと ...
  • 雑学
  • 115

ゴルフのレーザー距離計を使い倒す!4メーカー徹底調査

レーザー距離計でゴルフは変わるのか徹底調査!正しいヤード数が分かることにどんなメリットがあるの?使い心地は?どんなものを選べばいいの ...
  • 雑学
  • 349

パークゴルフとは?親子3世代で楽しめるスポーツ特集

今じわじわと競技人口を増やしているスポーツ。それが『パークゴルフ』です。親子3世代で楽しめて、初心者でもかんたんにプレイできところが ...
  • 雑学
  • 133

ゴルフボール知っておくべき2つの性能とおすすめの選び方

あなたのパフォーマンスを最大限引き出す『ゴルフボール』は一体どのメーカー?どのシリーズ?飛距離性能やスピン量を参考に選び方のポイント ...
  • 雑学
  • 150

『マーク&ロナ』特集!いま女子ウケNo.1の人気ブランドを徹 …

いま大人ゴルファーに大人気の「マーク&ロナ」を大特集!おしゃれなポロシャツから、グローブ、バッグまで、デザインに優れ機能性も ...
  • 雑学
  • 16

特集一覧