ゴルファボ TOP初心者初心者のスイングが劇的に変わる4つの法則

ファボる (お気に入りへ追加)

初心者

初心者のスイングが劇的に変わる4つの法則

初心者ゴルファーは、まだスイングが固まっていないため、毎回安定したショットを繰り出すのは難しいです。そこで今回はあなたのショットを劇的に良くするための4つの法則をご紹介します。これで不安定なスイングから卒業しましょう!

初心者ゴルファーは、上司や同僚などからスイングに関するいろんな知識を取り入れていろんな方法を試していると思います。それはとても大切なことです。しかし、あまりにもいろんなことを吸収してしまうと混乱を招きます。

「テークバックはこう引け」「トップの位置はここだ」など、どの打ち方が正しいのかわからなくなってきていると思います。実は、ある4つ法則を守り実践するだけで劇的にスイングが良くなります。

この法則は、トップアマやプロなど少し調子が悪くなった時に必ずチェックするポイントです。このポイントを押さえることで、どのクラブにも対応できますので、ゴルフコースでしっかりとスイングできればスコアアップにもつながります。ぜひ試してみてください。

ゴルフが上手くなる4つの法則

ゴルフが上手くなる法則は4つあります。

この4つの法則を意識すればあなたのゴルフは劇的に変わります。基本的なポイントになりますので覚えておきましょう!

重要!ゴルフのグリップ3つのタイプ

グリップのタイプは大きく分けて3つあります。グリップにはスクウェア、ストロング、ウィークという3種類がありますが、初心者ゴルファーにはストロンググリップがオススメです。一番力が入りやすく握りやすい握り方です。まずはストロングではじめて、少しずつ自分に合った形にあわせていきましょう。

もともと力がある人はストロングにするとフックがかかるかもしれませんので、その時はスクエアでも大丈夫です。それでも曲がる場合は、ウィークグリップでもいいでしょう。

前傾の姿勢をキープする(ヘッドアップしない)

ゴルフは地面にあるボールを打つので、必ず前傾の姿勢で打つことになります。前傾姿勢のキープはゴルフではとても重要な要素です。上手くゴルフクラブの芯に当たらない時は、角度を確認してみましょう。

背筋を伸ばして前にかがむ

背筋を伸ばしてお辞儀をするように腰から曲げてください。このとき少し腰や背中に痛みを感じたら無理に伸ばさなくても大丈夫です。重要なのは、インパクトの時に角度をキープできたらOKです。初心者ゴルファーは伸び上がってインパクトをすることが多いのでしっかりと維持をしていましょう。

下半身の膝は曲げすぎない

初心者ゴルファーは膝を曲げすぎる傾向にあります。膝は少しだけ曲げるだけで大丈夫です。膝を曲げ過ぎてしまうと体が起き上がってしまいます。目安として膝から足首までのラインが地面に垂直になるようにして下さい。

手の位置は肩から垂らしたところ

グリップは肩から垂らした位置が正解です。初心者ゴルファーは体から離れすぎたり、近すぎたりするので注意しましょう。練習場の大きな鏡を見ながらチェックしてみましょう。

しっかりと前傾姿勢が取れれば、重心の位置も自然と決まります。重心の位置は、足裏の拇指球に感じるのが理想ですが、前傾姿勢が正しければ自動的に拇指球に重心がかかります。

手打ちは絶対ダメ!

初心者ゴルファーに多いスイングのミスが、ボールを意識すぎるあまり、手だけで打ちにいってしまう「手打ち」のスイングです。ゴルフで大切なのは、手や腕だけでなく、カラダ全体を使って回転して打つことです。

手だけでは、どうしてもクラブを振るスピードに限界があるので飛距離を伸ばすことができません。
また「手打ち」になると、クラブを毎回同じ軌道で振ることが難しくなり、球筋も安定しにくくなります。
カラダ全体で大きくゆったりと振ったほうが、リズムも良くなり 、再現性の高いショットが身につきます。

注意点として、最後までしっかり振り抜くことを意識しましょう。
「手打ち」だと、当てるだけで終わってしまいボールを押し出すことが難しくなります。
手打ちだとボールは遠くまで飛びません。しっかりフィニッシュまで身体を回して振り抜くようにしましょう。

手打ちを防ぐ方法はこちらを参考にしてください。ゴルフに欠かせない体幹でスイングするイメージが湧くと思います。

頭は絶対に残す!

初心者ゴルファーのスイングがうまくいかない最大の理由は、頭の位置が動くことです。腕と一緒に頭も動いてしまうとミスショットの確率が上がります。しっかりと頭を残すことができれば軌道がインサイドインの軌道になり、スライス軌道のアウトサイドからヘッドが下りてくることはありません。

ぜひ、上記の3つと頭を残すイメージを持って振ってみてください。劇的にスインが変わります。ゴルフ好きの上司や同僚もビックリするでしょう。

頭を残すイメージで初心者ゴルファーがとても参考なるのは松山英樹プロのスイングです。動画がありますので参考にしてください。

まとめ

初級者、上級者ゴルファー問わずスイングを修正するのはとても大変なことです。

特にラウンド中ではなおさらです。コースで修正すると迷路に入り込み、楽しいゴルフのラウンドがスイングチェックで終わってしまうことになります。今日は調子が悪いなと感じたら、

・グリップはしっかり握れているか

・前傾姿勢はキープできているか

・手打ちになっていないか

・しっかり頭は残っているか

をチェックするだけであなたのゴルフは劇的に変わります。ぜひ、試してみてください。

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

新着特集

特集一覧