ファボる (お気に入りへ追加)

ゴルファボ TOP初心者ゴルフの打ち方入門書!初心者が実践すべき5ステップ

初心者

ゴルフの打ち方入門書!初心者が実践すべき5ステップ

初心者必見!ゴルフの基本ともいえる打ち方のコツと注意点をご紹介します!まだまだショットが安定しないゴルファーに、まず習得してもらいたいポイントを番手ごとにまとめてみました!OB防止はもちろん、スコア100切りのために欠かせない要素満載です!

ゴルフの打ち方は独特で、普段の生活にはない動きでボールを打たなければなりません。

スイング中は体の軸をキープすることが求められますが、慣れない動きが多いのでゴルフ初心者の頃はなかなか維持するのは難しいと思います。

そこでこの記事では、打ち方を安定させるためにまず注意すべきポイントと、各番手ごとのショットのコツをご紹介します。ゴルフ初心者にぜひ取り入れてもらいたい練習法もご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください!

ゴルフ“打ち方”入門:クラブ別編

ドライバーはリズムと回転

ドライバーは回転とリズム。テンポよくスムーズに回って打つことが大切です。

ゴルフボールを打とうとすると多くのアマチュアが”右から左へ移動の動き”をしてしまいがちです。しかし、ゴルフは回転運動。移動ではなく回転で打ちましょう

正しく体を回転させるには、テイクバックでしっかり両肩を回しましょう。ゴルフ初心者の頃はどうしても腕主導で振ってしてしまいがち。両肩をしっかり回転できず、手打ちになってしまいます。

両肩を正しく回転させるためには、テイクバックで左肩をアゴの下に入れることを意識してください。左肩をアゴの下に入れて、トップで適度に間を作ることができればベストです。

左肩がうまく回らないゴルファーは、右肩を背後に引くイメージで回転してみてください。顔を少し右に向けてみるのも効果的です。

体の構造上、右肩が移動しなかったり、顔が正面を向きすぎると上半身が回転できません。右肩と顔の向きを試してみてください。

次はリズム(テンポ)です。ドライバーはゴルフクラブの中で一番ゆっくり振らなければいけません。理由は、ゴルフクラブの中で一番長いからです。

急いで打ってしまうと打ち方が雑になり、軸がブレたり、インパクトがブレやすくなるので飛距離・方向性ともに大きく低下します。

ドライバーを打つ時は、打ち急がないように注意してください。

トップのポジションで、「適度な間」を作ってから切り返すのがおすすめです。トップ位置で「1」と数えて“間”を取ってみても良いでしょう。特にゴルフ初心者は打ち急がないように注意してください。

自分では「ちょっと間を作り過ぎかな…」と思っても、実際には丁度良かったりします。自分の動きを撮影してみて確認するのもゴルフ上達に効果的です。

▶ドライバーが飛ばないなら、まずこれチェックしてみてください↓原因と打ち方おすすめ対策を解説いたします↓

FW・UTは打ち込まない

FWもUTも打ち方は基本的に同じです。うまくヒットするコツは、過度な打ち込みをしないこと。フェアウェイから長い距離を打つ時は、どうしても正確に当てたい!遠くに飛ばしたい!という気持ちが強すぎて打ち込み過ぎてしまいます。

上から打ち込んでしまうと、インパクトゾーンが短くなってしまいます。実はこれが初心者ゴルファーの方がFWやUTが当たらない原因です。

ゴルフボールを横から打つイメージにより、インパクトゾーンが長くなります。それによりクリーンヒット率が高くなります。FW・UTは払い打つようなイメージでショットしましょう。

また、ダウンスイングで腰を移動させようとしても、腰自体が上に浮かないように注意してください。腰が上に浮いてしまうとトップやチョロの原因になります。

腰が浮かないために、両膝の曲げ具合を維持するイメージで腰をターゲット方向へ移動させてみてください。このイメージでスイングすると、下半身がきつい感じがするかもしれませんがそれが理想的です。FWが難しくクリーンヒット率が低い場合は、最初はUTからの使用でOKです。

アイアンは軌道

アイアンの打ち方の基本練習は、7番や8番アイアンのミドルアイアンから始めてください。アイアンは、ゴルフスイングの基礎となります。アイアンは、クラブヘッドの軌道を常に意識しましょう。

アドレスを構えた位置のゴルフボールと首の付け根を結んだ線の下をクラブヘッドが移動することをイメージしてください。線の上から振り下ろしてしまうと、外側からボールを擦り打ってしまうのでスライスなどの原因になります。

最初はなかなか意識できないかもしれませんが、鏡を見ながら常に打ち方をチェックしたり、スマホなどで撮影して確認してみてください。

この軌道のことをスイングプレーンと言うのですが、実は多くのゴルファーは、ゴルフを始めたすぐの初心者時代は、プレーンをあまり気にしません。当てることだけを考えて振ってしまいがちになります。

ですが、その“当てること”だけを優先していると、すぐにゴルフ上達の限界が来てしまいます。最初から軌道を考えた打ち方をしていくと、将来的により早く上達することができます。

全てのゴルフクラブの基礎となるアイアンは、基本を押さえた練習をしてください。

ウェッジは振り幅

ウエッジの打ち方は、振り幅に注意して過度な体重移動をせずに打つのが基本です。

ブランコや振り子のイメージ。ダウンスイングでは無理に加速せずに、ゴルフクラブを振り上げた流れでそのまま振ってください。上げた大きさとフォロースルーの大きさを同じにできるのが理想的です。

アプローチショットでは、距離に合わせて振り幅を大きくしていきますが、アプローチでも前後の振る幅を同じ大きさにすることを意識してください。

ウエッジのショットでは、飛距離よりも再現性が重要。ドライバーショットでは、大きな飛距離を出したいですが、アプローチは飛距離ではなく寄せることが目的です。

そのため、ウエッジのショットでは下半身をできるだけ固定させてください。下半身を無理に使わないイメージです。

アドレスを構えた状態の両膝の曲げ具合をキープしたままショットしてください。動作中は下半身を固定させて動かし過ぎないようにしてください。

パターはフェース面の向き

パターでは、ストローク軌道を意識してください。パターのストローク軌道は、直線に近い円運動です。

短い距離のパットでは、真っ直ぐ引いて真っ直ぐ出すイメージになりますが、長い距離になるほど円運動のクラブヘッドは適度にインサイドに入っていくイメージになります。

パターでは、後ろと前の振り幅の大きさを同じにしてください。無理に加速せず、また極度に失速せず、一定のスピードで打てるのが理想的です。「いち」「に」といったような一定のテンポを心掛けるとストロークが安定するようになります。

ストローク中は首の付け根を動かさないようにしてください。首の付け根が動いてしまうとフェース面の向きが不安定になり方向性が悪くなってしまいます。

▶番手ごとの平均飛距離をご存じですか?もし明確になっていない場合はこちらをご覧ください↓

打ち方を改善させる3つの練習法

ハーフスイング練習

振り幅を半分の大きさにしてゴルフボールを打ちます。半分でなくても、3割減、4割減などでも大丈夫です。振り幅を小さくすることで、クリーンヒット率が上がる、ヘッド軌道を意識しやすい、スイングリズムを意識しやすい、力みにくい、などメリットがあります。

例えば、練習やラウンド前のウォーミングアップで取り入れてみたり、ショットの調子が悪くなった時に取り入れると効果があります。時計の針に見立てた場合、8時~4時、9時~3時といったようにだんだん大きくしていくと◎です。

グリップを少し短く持って、テンポよく振ってください。小さい動きで的確にミートする打ち方がマスターできれば、ゴルフスキル全体がレベルアップするでしょう。

目を閉じて素振り

目を閉じて素振りをすると、スイング中の体の動きに集中しやすくなります

目が開いているとどうしても球に当てることに意識がいってしまいます。当てることに注意が行き過ぎると、ヘッド軌道が荒れてしまったり、力が入り過ぎてしまいます。

チェックポイントを考えながら目を閉じて素振りをしてください。注意点として、目を閉じて素振りをする時は、周りに人がいないかを必ず確認してから行ってください。ゴルフ初心者が行っても効果があります。

両足閉じ練習ドリル

両足を閉じて球を打つドリルです。振り幅は結果的に小さくなりますがそれでOkです。

両足を閉じることで、体がブレやすくなるので逆に“軸”を意識しやすくなります。軸が安定することでナイスショット率がアップします。

両足を閉じてクリーンに打てるようになったら、少しずつスタンス幅を広くしていってください。そして最終的に通常のスタンス幅まで広くしてください。

▶練習器具があれば上達効率も2倍アップ!おすすめのアイテムを特集しました↓

まとめ

ゴルフ初心者がまず習得すべき打ち方入門をまとめてご紹介しました。

ゴルフクラブは番手ごとに長さや重さが違うので、それぞれの特徴を理解した振り方が求められます。いつでも一発でナイスショットするために欠かせない要素なので、ぜひ参考にしみてください。

打ち方の基本がしっかり身に付けば、ゴルフスコア100切りも夢じゃない!どの番手でもまずは、コンパクトに振る感覚をマスターしてみてください。

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

この記事の監修者

吉本 巧(プロゴルフコーチ)

吉本 巧(プロゴルフコーチ)

元世界ジュニアマスターズ入賞、米ミニツアー通算3勝、ベストスコア63。
ゴルフ修行のため14歳から単身渡米。11年間アメリカでジュニア選手、アマチュア選手、学生選手、ツアープロ選手、プロコーチを経験。
日米の20年の経験から「吉本理論」を構築。日本に帰国後、99ゴルフスクールを設立。「銀座ゴルフアカデミー」にて東京銀座を拠点にレッスン活動を行う。
プロ選手やアマチュア選手のスイング面のコーチングをはじめフィジカルトレーナー、プロツアーキャディー、メンタルコーチング、クラブフィッティングアドバイザーなどゴルファーを総合的にコーチング。

新着特集

ライザップ【ゴルフ力診断】を体験レポ!分析でわかった長所と短 …

ライザップのゴルフ力診断とは?体験レッスンで受けられるスイング解析がいま人気になっています。あなたのスイング傾向や、ゴルファーとして ...
  • 雑学
  • 117

ゴルフの日焼け止め特集!できる男の肌ケア方法まとめ

絶対に焼きたくない人も、キレイに焼きたい人も、できる男はみんな肌ケアをしてる!いま、日焼け止めを使う男性ゴルファーが増えているようで ...
  • 雑学
  • 60

東京都内のゴルフレッスン!おすすめスクール BEST7

東京都内おすすめのゴルフスクールBEST7をご紹介します!レッスンを受けてみたいけど、何を基準にどこを選べばいいか分からない…そんな ...
  • 雑学
  • 40

ゴルフ保険まとめ!補償内容とおすすめ商品BEST4

待ちに待った楽しいゴルフ!しかし、まさかの打球事故に遭遇…。あなたが困ったときに、強力にサポートしてくれるゴルフ保険を紹介します。手 ...
  • 雑学
  • 576

飲み過ぎゴルファーへ!お酒を翌日ラウンドまで残さないためのサ …

楽しいゴルフが二日酔いで辛い…!そんなあなたのお酒を飲む前、飲んだ後におすすめのサプリメントと選び方をご紹介します。肝臓は常にフル回 ...
  • 雑学
  • 88

ゴルフ旅行におすすめの人気スポット特集in小淵沢

ゴルフに行ったついでにこんなに楽しめる場所があったなんて!仲間や家族との最高の思い出作りにおすすめのスポットをご紹介します。ゴルフつ ...
  • 雑学
  • 197

特集一覧