ゴルファボ TOP初心者【2017年最新】アドレスで初心者が気をつけるべきこと

ファボる (お気に入りへ追加)

初心者

【2017年最新】アドレスで初心者が気をつけるべきこと

スイングの良し悪しのカギはアドレスにある!それは初心者ゴルファーもプロゴルファーも同じです。構えができていないのにそれをスキップしても結局は上達が遅くなるばかり…今回は、初心者がアドレスで気をつけるべきことをご紹介します。

ゴルフをする上でもっとも気をつけるべきなのが、アドレスです。しかし、初心者ゴルファーは、ボールを真っ直ぐに飛ばすことばかりを考えて、構えなどは二の次だと思います。しかし、アドレスがしっかり決まらないと、スムーズなスイングはできなくなりますので、まずは正確なアドレスを作ってください。

今回は、初心者ゴルファーがアドレスで気をつけるべきことをご紹介します。

とても簡単ですので、ぜひ、スイングする前にチェックしてみてください。

アドレスがしっかりと取れると、ゴルフ上級者のようなできる構えになりますので、初心者ゴルファーから早く脱出できるでしょう。

また、アマチュアゴルファーが正しい構えができると、ドライバーの飛距離もアップしアイアンショットも良くなりますのでベストスコアもすぐに更新できるでしょう。

初心者ゴルファーがアドレスで気をつけるべき5つのこと

初心者ゴルファーが気をつけるべきことは5つあります。

・肩のライン

・腰の曲げ方

・膝の曲げ方

・肘の向き

・肩、腰、スタンスの3つのライン

この5つのポイントをおさえれば、初心者ゴルファーもスマートに構えられるので、リズムも良くなりナイスショットも増えるでしょう。

肩のライン

肩は水平にしましょう。水平にするには下半身の重心配分を左右50:50にすると自然に水平になります。ドライバーショットのときは、ゴルフボールが少し左足側に寄っているので、少し右に傾きます。

注意点として、アマチュアゴルファーは、飛ばそうとして右に倒れ過ぎる傾向にありますのでチェックしましょう。

腰の曲げ方

まずは、真っ直ぐ立ちましょう。正しい前傾を作るにはきれいに直立して、お辞儀をするように足のつけ根から倒しましょう。姿勢よく構えるためには、足のつけ根から上体を倒すと傾きが大きくならずに、きれいな姿勢になります。

注意点として、猫背になったり、胸を張って上体を真っ直ぐにしようとして背中を反りすぎたりすると、背筋にしか力が入らないのでバランスが悪くなります。腰痛はゴルファーの中でも多い怪我ですので注意しましょう。

膝の曲げ方

ゴルフでショットする時の膝の角度はとても重要です。曲がり過ぎるとかかと体重になり、尻が落ちた格好悪い形になります。スイングをしても手打ちになりやすいので注意しましょう。逆に伸ばし過ぎてもつま先体重になるので、突っ込んだ打ち方になります。

初心者ゴルファーは曲げすぎたり伸ばしすぎたりする極端な傾向がありますので、注意しましょう。

膝を曲げる目安ですが、太ももの前と後ろの筋肉に均等に力が入っている状態がとてもいいバランスです。どれくらい曲げたら均等になるのかを確認しながら練習してみてください。

アドレスを上手くするコツがわかる記事もありますので、併せてご覧になるととてもいいアドレスが身につきますのでお試しください。

肘の向き

クラブを握る前に両肘を体に向けましょう。外側に肘が向いてしまうと腕に力が入り過ぎるので、脇が開きやすくなりスイングスピードが遅くなります。両肘は体に向けてアドレスを取りましょう。

肩、腰、スタンスの3つのライン

最後に確認していただきたいのは、肩、腰、スタンスの3つのラインです。画像のようにターゲット方向に平行にして構えましょう。スタンスは両足のつま先を結んだ線です。

アマチュアゴルファーの中には、3つがバラバラの人もいますので、平行になっているかを確認して下さい。この3つがバラバラだと、ゴルフボールの飛ぶ方向性に影響が出てしまいます。

ルーティーンに取り入れてみて

これまでご紹介してきた5つの気をつけるべきポイントですが、最初からすべてをすることはとても難しいことです。練習で一つずつこなすことが大切です。しかし、一つ一つ確認しながらするととても大変ですし、ゴルフではショットを打つまでが遅いとスロープレーになってしまいますので、それをルーティーン化してみましょう。

例えば、まずゴルフボールの後ろに立ち、目標を定めて、ターゲットラインを決めてスタンスを取ります。肩の高さを見て、腰・膝の曲がりをチェックして、肘の向きを確認して、最後にスタンスなど3のラインが平行になっているかを確認すれば一連の動作になりますので、時間もかからないでしょう。

毎回同じルーティーンにすることで、打つ前に「スライスするかな、OBになるかな、チョロしないかな」と余計なことを考えることがないので、毎ショットいいリズムで迎えられ、ナイスショットの確率が上がります。側から見るととてもスムーズでスマートに見えます。

ぜひ、5つのポイントと一緒に試してみてください。

まとめ

現在、ゴルフのクラブやボールはどんどん進化しています。それに合わせて私たちゴルファーも進化していかなければいけません。ご紹介しました5つのポイントをしっかり試していただいて、ゴルフのレベルアップに役立ててください。

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

新着特集

特集一覧