ゴルファボ TOP初心者練習頻度が少ないゴルフ初心者でも上手くなれる方法

ファボる (お気に入りへ追加)

初心者

練習頻度が少ないゴルフ初心者でも上手くなれる方法

「努力は嘘をつかない」という言葉がありますが、ことゴルフに関してはたくさんボールを打っても上手くなるとは限りません。大切なのは頻度ではなくどんな練習をするかになります。今回は昨日ゴルフを始めた初心者でも上手くなれる方法をご紹介します。

先週、会社の先輩に誘われて初めて行ったゴルフ練習場…どうしてもうまく打てない。早くラウンドしたいのになかなかうまくならないという超初心者ゴルファーのために、今回は、練習頻度が少なくても上手くなれる方法をご紹介します。

実は、ボールを打つだけでは上手くなりません。男性は特に力があるので、スイングに問題があってもそれなりに前に飛びます。だから「俺って意外とイケるかも」と勘違いをしてしまいます。

アマチュアゴルファーはとても基本がなおざりにしてしまう傾向があるので、あなたはそんなゴルフ経験者にならないようにしっかりと基本を押さえましょう。「あまり練習している様子がないのに、メキメキ上達しているね」って周りにそう思ってもらえたら嬉しいですよね。

ゴルフの練習は多ければ多いほど上達するの!?

ゴルフをやりはじめると、先輩や上司から「たくさん球を打って体に覚えさせろ」と言われると思いますが、それはあまりオススメできません。ゴルフでは、正しいフォームを身につけることがとても大切です。反対に、間違ったフォームを繰り返してしまうとうまくなれません。

そして、練習の頻度が少ないと1回でたくさんのボールを打たなくてはと思うってしまいますよね?そうすると、どうしても身体の使い方が雑になりアドレスが一定にならなかったり、体の向きや重心がずれたりすることが起こりやすくなります。

ただボールを打っているだけでは上達にあまり有効とはいえません。打ち込みは適正なゴルフのフォームを身につけてからにしましょう。

クラブを振る前にグリップの正しい握り方をマスターしましょう。グリップはスイングの要になってきます。握り方ひとつで変わってきますので気をつけましょう。グリップの正しい握り方はこちらの記事で確認できます。

ゴルフ初心者が少ない練習頻度で上達するためには?

ほとんどのゴルファーが上手くならない原因は、構え方やスイングに問題があります。ゴルフをやりはじめたときから構えをしっかりと作ると、これからのゴルフ人生でとても役に立ちますのでしっかりと身に付けましょう。

アドレスの取り方はこちらで詳しく説明しています。ご覧ください。

ゴルフのショットを作り上げるには、ハーフスイングでインパクトゾーンを身体に覚えさせることが一番です。まずは球に当てることがとても大切になります。ゴルフというとどうしてもドライバーのビックドライブを想像してしまいますが、そこに至るまでのプロセスをしっかりと身に付けられていないと、ゴルフボールは真っ直ぐ遠くに飛んではいきません。

ハーフスイングのコツはこの記事にあります。これができるとあっという間に先輩たちを追い越せるでしょう!

特に練習で意識した方がよいこととは?

ゴルフをやりはじめて間もない時は、ボールを芯に当てることを意識しましょう。ミート率を上げます。ミート率が上がるとドライバーの飛距離を伸ばすことができます。

クラブの芯に当てるには、アドレスで取った前傾姿勢を崩さずにテークバック、インパクト、フォローまで維持続けることです。維持するコツは右足をベタ足にすることです。これは先輩ゴルファーもなかなかできていません。あなたはしっかりと前傾姿勢を維持することでナイスショットを連発することができます。しっかりと意識してください。驚くほど芯に当たるでしょう。

ベタ足打法はこちら。クラブの芯に当たる確率が格段に上がります。

前傾角度を維持する方法はコチラから。

自宅できる練習方法

仕事が忙しくて、ゴルフの練習頻度が少ないとやはり自主練が大切になってきます。自宅でできる代表的なものはパッティングです。パターマットがあればいつでもできます。スコアをまとめるのはパットですので上達は間違いなしです。

また、シャドースイングも効果的です。クラブを使わないので風呂場やリビングでゴルフ中継を見ながらでもできます。実は、ドライバーはインパクトの形がとても大切です。このインパクトを体に染み込ませると、どのクラブにも応用できますので試してみください。

まとめ

初心者は練習の頻度が少なくても焦ることはありません。間違ったフォームのまま300球打ちこんでも、ムダに終わってしまったら悲しすぎます。無理に打つとケガも招きます。毎日、少しずつポイントをしっかり押さえて実践していきましょう。

打ちっ放しは週に1回、あとは自宅でプロの試合を見てイメージトレーニング、パター、シャドースイングを1ヶ月続けてみてください。劇的に上達していることでしょう。あなたをゴルフに誘った先輩、上司が驚くこと間違いなしです!

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

新着特集

酒好き必見!二日酔いに効くサプリメント7選と飲み方のポイント

お酒を飲む前、飲んだ後におすすめのサプリメントと選び方をご紹介します。肝臓は常にフル回転しています。しっかりサポートしてあげないと、 ...
  • 雑学
  • 58

ゴルフ旅行におすすめの人気スポット特集in小淵沢

ゴルフに行ったついでにこんなに楽しめる場所があったなんて!仲間や家族との最高の思い出作りにおすすめのスポットをご紹介します。ゴルフつ ...
  • 雑学
  • 83

シーモアパターが初心者でもまっすぐ打てる3つの理由

パターをまっすぐ打つのは簡単そうで実は難しい。それはコースの景観やグリーンの傾斜、体調などで同じようにアドレスしてスイングすることは ...
  • 雑学
  • 342

ゴルフのレーザー距離計を使い倒す!4メーカー徹底調査

レーザー距離計でゴルフは変わるのか徹底調査!正しいヤード数が分かることにどんなメリットがあるの?使い心地は?どんなものを選べばいいの ...
  • 雑学
  • 349

ゴルフボールの選び方指南!2つの種類と性能を完全解説

あなたのパフォーマンスを最大限引き出すゴルフボールは一体どのメーカー?どのシリーズ?飛距離性能やスピン量を参考に選び方のポイント、お ...
  • 雑学
  • 150

『マーク&ロナ』特集!いま女子ウケNo.1の人気ブランドを徹 …

いま大人ゴルファーに大人気の「マーク&ロナ」を大特集!おしゃれなポロシャツから、グローブ、バッグまで、デザインに優れ機能性も ...
  • 雑学
  • 16

特集一覧