ゴルファボ TOP初心者ゴルフ初心者を悩ます“プッシュアウト”の原因と対策

ファボる (お気に入りへ追加)

初心者

ゴルフ初心者を悩ます“プッシュアウト”の原因と対策

ドライバーのプッシュアウトOBさえなければ・・。とお思いのあなた!実はそこを直すだけでスコアのみならず、アイアンショットやアプローチも大幅に上達できるんです!少しの意識改革でさらにゴルフが楽しくなるポイントをご紹介します☆

ナイスショット!…と思ったら右に一直線。

飛距離が出る割に風に弱く、ゴルフをする上でスコア崩れの元となってしまうのがプッシュアウト。初心者ゴルファーをはじめ多くの方がスライス同様にお困りではありませんか?治したくても何を直せばいいのか解らないかと思います。

これかっ!と思ってもなかなかうまくいかないのがゴルフですよね。今回は、なぜプッシュアウトをしてしまうのか。根本の原因を理解する事で、解決策を見つけ出していきたいと思います。きっとあなたのゴルフが変化します。

そもそもプッシュアウトとは?

プッシュアウトはスライスとは違います。文字通り、球を外に押し出す事で打球が目標方向より右方向に真っ直ぐ飛んでしまう現象となります。

たまにゴルフクラブのスイングプレーンに対して、「インサイドアウトは駄目。」といった意見もありますが、そこはニュアンスの違い。“球を外に打つ”というのと“インサイドアウト”は全くの別物なんですね。まずそこを理解する事で、打球に対してのイメージが変化していきます。

プッシュアウトを直す考え方とは

ゴルフをする上でイメージはとても大切な作業となります。それは初心者・上級者に関わらず皆さん実行されているかと思いますが、ゴルフ初心者の方は特に打球の飛球線のみを想像していませんか?

ゴルフクラブの軌道とフェースの開閉のイメージもゴルフスイングにおける大切なポイントとなりますのでしっかり押さえていきましょう。

プッシュアウトのゴルファーの場合、フェース面が返って来ず右方向に押し出してしまうイメージ。ドローボールは、フェース面で球を包み込むイメージとなります。

プッシュアウトの軌道とフェースの向き

クラブの軌道自体は同じですがインパクト後のフェースの向きが全然違いますよね。※フェードボールを打ちたい方は、ゴルフクラブのヘッドの軌道がアウトサイドインとなる様に意識してみてください。

クラブ軌道が合っていても、フェース面が返って来なければ球を包み込む事はできませんし、そもそもシャフトが寝てしまっていてはフェースが開いたまま降りてきやすくなります。

こちらで、フェースや軌道について詳しく解説しておりますので是非参考にしてみてください。↓

気を付けるべきポイント

1、シャフトが寝ないように気を付ける

2、どの様にインパクトしてどの様に

振りぬいていくのかを決める

3、2の時のフェースの開閉イメージを確認する

この3つのポイントを意識する事がとても重要となります。

シャフトが寝るとは?原因は?

ゴルフをする上で、『シャフトは立てて打たないといけない』といった言葉は聞いた事があるかと思いますが、“シャフトが立つ““シャフトが寝る“とはどういった事なのでしょうか?

ゴルフスイングの“寝る”という形はダウンスイングの際にグリップと右肩を結んだラインより下(赤線)を通ると“シャフトが寝る”。ラインより上(青線)を通ると“シャフトが立っている”。と表現されます。

タイプ別の原因と改善法

・左脇が開いている(←初心者に多い傾向)

→改善(左ひじの向きに注意する)

・右肩が下がりすぎている

→改善(アドレス時の体の傾きを維持する)

・腰のスライドが激しい

→改善(体の軸を意識し、スムーズに腰を回転する)

・腰を切るときに、右腰もしくは右膝が前に出る

→改善(右腰を切らずに左腰を切る様意識する)

といった4パターンとなります。とは言ってもゴルフスイングは人それぞれのパターンがありますので、一つ一つ確認していただくと初心者・上級者に関わらずドライバーもアイアンも必ず改善する事ができます。

イメージは出来たけど、練習方法は?

ドライバーやアイアンでプッシュアウトの傾向がある方は…

・シャフトが寝て降りてきやすい

・体重が右側に乗り切ったままスイングしている

・右肩が下がった状態(もしくは左肩が上がった状態)で

インパクトを迎える傾向がある

といった3つの原因のいずれかに当てはまります。

そのプッシュアウトの3要因を修正する練習としては、ベタ足状態で30Y~50Yのアプローチをしてみて下さい。

この練習をすることで、全体のテンポ・タイミングの調整、ゴルフをする上で重要な体重・体軸の使い方の習得ができます。また、短い距離の練習はシャフトを立てやすく、肩・腰の上下運動も少なくて済む為、ゴルフスイングの重要なポイントとなります。

練習のポイント

①ゴルフクラブを立てた状態で

ダウンスイングをする事

②ボールを包み込むようなイメージを持つ事

③体重・体軸の使い方、テンポ、

タイミングをいろいろと試してみる

↓↓↓アイアンのアドレスで重要なポイントをご紹介します。

↓↓↓ショットが安定しない初心者はまずこちらをご覧ください。

まとめ

今回は、初心者ゴルファーを始め多くの方が悩まされている“プッシュアウト“の原因と改善策をご紹介していきました。おもな原因をご紹介しましたが、

『根本的なところ=アドレス 』

を見直すだけでプッシュアウトやスライスのみならず、ゴルフスイング全体の改善が出来ます。ゴルフをする上で、どの様にボールに当てたいのか、どの様にクラブや体を使わないといけないかを順序だてていく事が、ゴルフ上達への近道です。これからゴルフを頑張っていこうとお思いの初心者ゴルファーの方は特に意識してみて下さいね。

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

新着特集

特集一覧