プロが動画で教えるゴルフメディア

プロゴル

プロゴル初心者ゴルフ初心者必見!自分に合った握り方(グリップ)がわかる

ゴルフ初心者必見!自分に合った握り方(グリップ)がわかる

初心者

ナイスショットの確率は、ゴルフクラブの握り方で大きく変わります。

 

ゴルフ初心者の頃はボールがまっすぐ飛ばないことが多いので、フォームやスイング軌道ばかりが気になりますが、ナイスショットするためには何よりも先に「正しい握り方」を覚える必要があります。

 

今回は、ゴルフの基本となるグリップの種類と正しい握り方をご紹介します。

 

スライスが止まらない、ダフリが急に出始めた。
初心者ではなくても急にショットの不調が訪れる時があります。

 

その不調はちょっとした握り方の狂いから来ていたりします。
自分でも気付かないうちに少しずつ握り方が変わってしまいミスを連発してしまうのです。

 

逆に、握り方を少し変えたらショットが良くなるなど、握り方がゴルファーに与える影響は多大で、飛距離や安定性にも大きく関わってきます。

 

自己流で持ちやすいように持つのもアリですが、初心者のうちに変な癖が付いてしまうと矯正に時間がかかります。

 

自分に合った握り方を正しく学んで、少しずつナイスショットの確立を上げていきましょう!

 

3つのグリップの種類

 

【インターロッキング】
インターロッキングは右手小指と左手人差し指をクロスさせます。

 

【利点】両手の一体感が生まれやすい
【欠点】右手の力が入りすぎる可能性がある

 

【オーバーラッピング】
オーバーラップは画像のように右手の小指を左手の人差し指と中指の間に乗せる握り方です。

 

【利点】左腕主導のスイングが再現しやすい
【欠点】右手の力が弱くなりすぎる可能性がある

 

【ベースボール】
別名テンフィンガーとも言いますが、その名の通り野球のバットの握りと同じで両手でしっかりゴルフクラブを握ります。力に自信のない方にはお奨めです。

 

【利点】持ちやすいので違和感が少ない
【欠点】手首が必要以上に動いてしまいやすい

 

初心者、経験者含めて握り方に良い悪いはありません。
自分が握りやすいと思った形を採用しましょう。

 

クラブの向きに気をつける

初心者が意外と出来ていないポイントにクラブをまっすぐ構えられていないという点があります。

 

ゴルフではボールに対してクラブフェースが真っすぐになるよう構えなければなりません。

 

フェースが過度に開いた状態や閉じた状態で構え、そのままショットしてしまうと打球が右や左へ行ってしまう原因になります。

 

ゴルフクラブには上記画像のようにセンターマークがあると思うので、そのマークが正面にくるように構えましょう。

 

どれくらいの力で握ればいいの

初心者ゴルファーは自分でも気付かないうちに、ゴルフクラブをガチガチに握ってしまう傾向があります。

 

こうなってしまうと、体全体が固まってしまいスムーズなスイングが出来なくなり、飛距離も出ません。

 

まずはクラブを上に向けて軽く振ってみましょう。
ガチガチに握っているとクラブヘッドの重みを感じることが出来ないと思います。

 

ヘッドの重みを感じることが出来る程度まで力を抜きましょう。
4割くらいの力で握ると良く分かると思います。

 

初心者のうちは、ゴルフクラブが飛んでいきそうで不安かもしれませんが、インパクトの瞬間はどうしても力が入ってしまうので、インパクトまでは緩く握っているくらいが丁度良いのです。

 

手のどこで握れば良いのか     

指側で握る「フィンガーグリップ」、手の平側で握る「パームグリップ」の2種類があります。

 

どちらの握り方がしっくりくるかは、各ゴルファーのスイングや感覚で変わってきますが、一般的にフィンガーは操作性に優れ、パームは体との一体感に優れています。

 

ですが、パームにすると手首などの動きが抑制されてしまい、インパクトでのフェース面の開きも多くなってしまう傾向があるので、指で持つフィンガーグリップをオススメします。

 

正しく持てているか、初心者でも確認する方法をご紹介します。

まず左手でクラブを水平に持ち上げてください。そのまま中指、薬指、小指の3本でゴルフクラブでしっかり支えることが出来ればOKです。

 

是非参考にしてみてください。

 

正しい右手の形

ゴルフクラブの正しい握り方は、
右手の親指と人差し指の間にできた溝の方向で確認できます。

 

溝が自分の右肩を指している形が理想的です。
鏡の前などで確認してみることをオススメします。

 

この溝が過度に右や左を差していると、球筋が安定しない原因となります。

 

3つの左手の形

左手の形がゴルファーにとって最も大切と言っても過言ではありません。

 

球筋の安定しない初心者は、この左手の角度を少し変えるだけでストレートボールが打てたり、スライスになったりもします。

 

どのかたちにもメリット・デメリットがあり、ゴルファーのスイングタイプやフィーリングに合わせて調整していく必要があります。

 

②スクウェアはゴルフクラブを構えて真っすぐ下ろした状態です。
そこから左手を時計回りにねじっていくとストロング、反時計回りにねじっていくとウィークになります。

 

ここの微調整がナイスショットのためのコツになります。

 

①ウィークグリップ

スライスの傾向が強くなるので、ボールが左にばかり行ってしまう人はウィークを強めにしましょう。

 

②スクウェアグリップ

ゴルフクラブの基本的な握り方です。
初心者はまずこの形を練習して自分に合った形を探していきましょう。

 

③ストロンググリップ

フックの傾向が強くなるので、スライス球が多い人はストロングを強めにしましょう。

 

まずは基本のスクウェアの形を固めてから調整していくのがベストです。

 

まとめ

クラブ軌道や体の軸など、ナイスショットに必要な要素はたくさんありますが、初心者が一番出来ていないポイントがゴルフクラブの握り方だと言われています。

 

ゴルフのショットは手元のちょっとした調整でガラッと変わります。

 

初心者のうちはスライスやミスヒットが多いので、どうすれば良いのか分からなくなってしまいます。そんな時は焦らずに握り方やスイングを調整し、少しずつショットを安定させていくしかありません。

 

握り方を過度に気にし過ぎて、コロコロ変えるのは良くありませんが自分に合った握り方を見つけることはゴルフの上達に欠かせないプロセスですので、是非自分に合った形を探してみてください。

シェアする

この記事を書いたライター

プロゴル編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。