ゴルファボ TOP初心者初心者必見!アイアンの打ち方マスターすべき基礎スキル

ファボる (お気に入りへ追加)

初心者

初心者必見!アイアンの打ち方マスターすべき基礎スキル

ゴルフ初心者でも簡単に習得できるアイアンの基礎スキルが話題に!ゴルフの基本であるアイアンの打ち方をマスターすれば、短いパー3のコースでは、ベタピンの確率が上がります。ご紹介する打ち方を試していただき、キレッキレのショットを打ってください!

ゴルフクラブの中でもアイアンは、使用頻度が多く打ち方次第でスコアに直結します。ゴルフ初心者が上達するには、アイアンでスイングの基本を身につけることがとても大切になります。

しかし、基本を勘違いして練習していたら、せっかくの努力が報われません…

ボールをたくさん打つのではなく、基本を身につけどんな練習をするかが重要になります。

今回は、これから始める初心者も、今さら人に聞けないアイアンの基本を確認したいゴルフ経験者にも、次のラウンドで即効果の出るアイアンの打ち方、基礎スキルをご紹介します。スコアアップ、レベルアップにお役立てください!

ゴルフ初心者|アイアンの正しい打ち方

アイアンは、10ヤード刻みで打てるようになるとコースを攻略しやすくなります。8番なら130y、7番なら140y、6番なら150yと番手が1つ上がると10ヤードずつ距離が増します。(アイアンの数字は小さくなるほど飛距離がアップするため、「上がる」と表現します。ゴルフ初心者は覚えておきましょう)

7番アイアンで150y飛んだり、120yしか飛ばなかったりすると狙った場所に打てません。まずは、ゴルフクラブの中間の長さの7番アイアンで練習しましょう。と、その前に…

アイアンを打つ前に初心者が身につけておくべき基礎スキル

グリップ

・左手

 

・右手

アイアンや他のクラブを握るグリップは、左手の中指、薬指、小指の3本から先に握ります。人差し指は軽く握り、親指はクラブに乗せます。左手はフェースをコントロール役割があります。右手は軽く添えるように握ります。

グリップの種類はいくつかあります。自分のしっくりいく握り方を選んでください。ゴルフ初心者や非力の方は、右手は「インターロッキング」、左手は「ストロンググリップ」を組み合わせすると力が入りやすいです。

アドレス

アイアンの打ち方を知る前に、まず初心者ゴルファーが気をつけるべきことは4つあります。

・肩のライン

右手のグリップが下になっているので若干左肩が高くなりますが、なるべく地面と平行にしましょう。下半身の重心配分を左右50:50にすると自然になります。

・腰の曲げ方

上半身は、お辞儀をするように足のつけ根(股関節)から倒しましょう。姿勢よく構えるためには、股関節から上体を倒すと傾きが大きくならずに、きれいな姿勢になります。

・膝の曲げ方

ゴルフでショットをする時の膝の角度は、とても重要です。曲がり過ぎると踵(かかと)体重になり、尻が落ちた格好悪い形になります。膝を曲げる目安は、太ももの前と後ろの筋肉に、均等に力が入っている状態がとてもいい曲げ方です。

・肘の向き

アイアンを振る前に両肘を身体側に向けましょう。外側に肘が向いてしまうと腕に力が入り過ぎるので、脇が開きやすくなりインパクトが弱くなります。

アイアンの方向性をアップさせるアドレスのコツです!猫背で悩んでいる初心者は必見です!打ち方が良くなります!

バックスイング

バックスイングでは、左腰を中心に右腰をコンパスの円の軌道のように背後に動かしてください。ゴルフ初心者に多い、右側の腰が移動する「スウェー」という動きを防ぐことができます。

トップ

アイアンの打ち方で、バックスイングを上げるときに、手でグリップを持っていこうと意識するのではなく、アドレスを構えた状態から、ご自身の上半身の前傾角度に対して、両肩を直角に回転させていきます。

つまり、直立した状態で回転している動きを、そのまま前傾して回転させていきます。上半身の前傾角度に対して、直角に回転させていくと自然に腕とグリップがついてきます。その位置が、あなたにとっての理想的なトップの形になります。

インパクト

アイアンのインパクトの形というのは、

「左の靴」→「左腰」→「左肩」

の3つがインパクトの時に一直線になるという形が理想的になります。このインパクトの打ち方ができると、初心者でも風に強い球が打て、アゲインストの時でも大幅に飛距離を落とすことがなくなります。

アイアンの打ち方では、インパクトが大切です。方向性もアップします!

フォロースルー・フィニッシュ

アイアンのフォロースルーを作るには2つのステップがあります。

・左の肩・腰をターゲット(飛球線)より左側に回転させる

・グリップを飛球線上に真っ直ぐ出していく

この2つの打ち方が意識できると、スイングのバランスもよくなるので、フィニッシュもフラつくことなく、自然に左足で立てるようになります。

アイアンの打ち方|ボールの位置

アイアンのボールの位置は、真ん中からやや右足側が基本です。ロングアイアンは、真ん中よりやや左足側でも大丈夫です。ミドル、ショートアイアンになるにつれて、右足寄りに移っていきます。初心者は球の位置がバラつきやすいので、練習やラウンドを重ねて自分に合った場所を見つけてください。

アイアンヘッドの理想的な軌道とは…

アイアンの打ち方はダウンブローとレベルブローの2つあります。どちらが良いというのはありません。クラブの性能によって決まります。お手持ちのクラブが、マッスルバック(プロやゴルフ上級者が好んで使う)であれば、ダウンブローで打つといいでしょう。

今どきのポケットキャビティーやゲキ飛びアイアンなどは、レベルブローの軌道で打つと芯に当たる確率が高くなるので理想的です。

「レベルブロー」と「ダウンブロー」スイングの最新理論です!

アイアンの上達の鍵はビジネスゾーンが握っている!

アイアンショットを安定させるための打ち方は、ビジネスゾーンの動きを習得する必要があります。このビジネスゾーンの延長がトップポジションであり、フォロースルーになります。

出来るだけ手首の動きを入れない意識が大切です。アイアンの場合は、手首の角度をキープしたまま振り抜くイメージが必要です。特にひざ下のエリアでは、フェースローテーション(手首の動き)を抑えることで、アイアンヘッドの軌道が安定してくるので、打ち方がよくなります。

使用するアイアンは、「7番アイアン」がいいでしょう。特に初心者ゴルファーは、長いと打ちにくく感じると思いますので、中間の7番アイアンから始めましょう。

ビジネスゾーン打ち方のポイント

打ち方のチェックポイントは3つあります。

・アドレス時の腕の三角形は崩さない

・右手首の角度はキープ

・前傾姿勢を保つ

基礎的なポイントなので意識して練習しましょう。

アドレス時の腕の三角形は崩さない

三角形というのは、両肩とアイアンを持った腕が作る三角形のことです。その三角形を崩さずに打つのがコツです。スイング中に右肘が少し曲がってもOKです。手首は少しグラつきやすいので、しっかり固定して三角形をキープしましょう。

注意点として、「三角形を崩さずに」といってもロボットみたいにガチガチにする必要はありません。車のハンドルのように少し遊びがあってもOKです!

2018マスターズで活躍した小平智選手も三角形を崩さずにスイングをしています!

右手首の角度はキープ

アドレスで作った右手首の角度は変えません。角度をキープしたまま身体を回転させます。体の回転だけで、アイアンのフェースを開いて閉じるイメーでスイングします。

前傾姿勢を保つ

上記2つの動きをする時は、前傾姿勢をキープしたまま行います。前傾がキープ出来ずに上体が起き上がると、アイアンのフェース面が安定しないので、ボールの飛び出しがバラバラになりミスショットを誘発します。

打ち方のコツは…

「膝から膝」→「腰から腰」→「肩から肩」→「フルスイング」など徐々に振り幅を大きくしていき、芯に当たる感覚、振り幅を調整する感覚を身につけます。これが身につくとクラブを思い切り振っても、芯に当たるようになります。

この練習すればするほど、プロゴルファーは賞金を稼げるから「ビジネスゾーン」と呼んでいます。ゴルフ初心者もビジネスゾーンでボールを捉えられることができれば、プロのような正確無比なショットが打てるようになりますので、ぜひ試してみてくだい。

まとめ

いかがだったでしょうか?アイアンは飛ばすものではなく、正確な距離を打っていくクラブです。いつも狙った場所に打てるように練習をしましょう!

ゴルフスイングを上達させるには、7番アイアンから練習し、徐々に長いクラブを打つことが効果的です。基本の打ち方を身につけて、アイアンの打ち方をマスターすることで、着実に上達し、スコアもどんどんアップしていくでしょう。ご紹介した方法を試してください。

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

この記事の監修者

吉本 巧(プロゴルフコーチ)

吉本 巧(プロゴルフコーチ)

元世界ジュニアマスターズ入賞、米ミニツアー通算3勝、ベストスコア63。
ゴルフ修行のため14歳から単身渡米。11年間アメリカでジュニア選手、アマチュア選手、学生選手、ツアープロ選手、プロコーチを経験。
日米の20年の経験から「吉本理論」を構築。日本に帰国後、99ゴルフスクールを設立。「銀座ゴルフアカデミー」にて東京銀座を拠点にレッスン活動を行う。
プロ選手やアマチュア選手のスイング面のコーチングをはじめフィジカルトレーナー、プロツアーキャディー、メンタルコーチング、クラブフィッティングアドバイザーなどゴルファーを総合的にコーチング。

新着特集

センスがいい人と言われるためのポロシャツコーデ3つの鉄則

ゴルフ場の服装でとても恥ずかしい思いをしてしまいました。なんとなく選んだポロシャツが○○だったんです…。ワンランク上の洒落た大人ゴル ...
  • 雑学
  • 201

今治タオルで快適ゴルフ!大人気おすすめアイテムを調査

ゴルフに欠かせないアイテムがタオルです。いまゴルファーの間で『今治タオル』が人気なの知ってました?ラウンド中の不快な汗を、さっぱりと ...
  • 雑学
  • 115

ゴルフのレーザー距離計を使い倒す!4メーカー徹底調査

レーザー距離計でゴルフは変わるのか徹底調査!正しいヤード数が分かることにどんなメリットがあるの?使い心地は?どんなものを選べばいいの ...
  • 雑学
  • 349

パークゴルフとは?親子3世代で楽しめるスポーツ特集

今じわじわと競技人口を増やしているスポーツ。それが『パークゴルフ』です。親子3世代で楽しめて、初心者でもかんたんにプレイできところが ...
  • 雑学
  • 133

ゴルフボールの選び方指南!2つの種類と性能を完全解説

あなたのパフォーマンスを最大限引き出すゴルフボールは一体どのメーカー?どのシリーズ?飛距離性能やスピン量を参考に選び方のポイント、お ...
  • 雑学
  • 150

『マーク&ロナ』特集!いま女子ウケNo.1の人気ブランドを徹 …

いま大人ゴルファーに大人気の「マーク&ロナ」を大特集!おしゃれなポロシャツから、グローブ、バッグまで、デザインに優れ機能性も ...
  • 雑学
  • 16

特集一覧