ゴルファボ TOP初心者初心者必見!ゴルフクラブの種類と特性かんたん総まとめ

ファボる (お気に入りへ追加)

初心者

初心者必見!ゴルフクラブの種類と特性かんたん総まとめ

ラウンドをプレーするには数多くのゴルフクラブを使い分けますが、初心者がプレーするのに、何を持って行ったらいいのだろうと迷いますよね!今回はゴルフクラブの種類と特性を総まとめてみました。選び方の参考にしてください。

各ゴルフクラブメーカーは、プロモデルから初心者に優しいものまでたくさんの種類のモデルを販売しています。

しかし、たくさんある中で、初心者はどのようなゴルフクラブが自分に合うのかわかりませんよね。そんなあなたの為に、ゴルフクラブの種類と特性をかんたんにまとめた記事をご紹介します。

ゴルフクラブの特性を知ることで、知識が深まり、スコアをまとめるための力が付きます。一気に100を切ることもあり得るかもしれません。ぜひ、一読していただき次回の練習やラウンドにつなげてください。

ゴルフクラブって何本必要?

コースでプレーするには、ゴルフクラブは、ドライバー、フェアウェイウッド、アイアン、ウェッジ、パターなどが必要です。ラウンドに持って行っていい本数は最大で14本。(14本以下でも問題ありません)。

しかし、初心者はいきなり14本分のゴルフクラブの特性などを把握することは難しいと思います。

上手くなるにつれてほしい性能が出てくるので、それから揃えても大丈夫です。まずは、1本からでもいいので、購入してみてもいいでしょう。打ちっぱなしの練習場ではレンタルもあるので、それを利用するのもおすすめです。

せっかく時間もお金も使うので、自分に合ったゴルフクラブを揃えてラウンドに臨んでください。これから種類などをご紹介します。

ゴルフクラブの種類は?

ゴルフクラブは、いくつか種類があります。なぜたくさんあるかといいますと、飛距離を打ち分けるためです。

この競技は、カップに入れるまでにいかに打数を少なくするかを争うスポーツです。ティーショットやセカンド、サードでは、カップまでの距離が違います。それを打ち分けるためにゴルフクラブは必要になります。それぞれの種類によって用途があります。

ウッド

ウッドには2種類あります。

<ドライバー>

ゴルフクラブの中で、一番軽くて、ヘッドが大きくて、長さがあるのでボールを遠くに飛ばすことができます。主にティーショット(第1打)で使います。

たまに「直ドラ」と言って、600ヤード以上の距離のあるホールのセカンドで、ティーアップせずに、地面から直接ドライバーで打つ方もいます。得意にしている女子プロもいます。1番ウッド(1W)と呼ばれるよりも「ドライバー」と呼ばれていることが多いゴルフクラブです。

できるだけ遠くまでボールを運ぶことで、第2打以降を有利に進めることを狙います。男性アマチュアの平均は230Y程度。ご自身のドライバーの平均値をつかんでおくことで、第1打をどのあたりに運べるのか、そして第2打以降はどうなりそうか、マネジメントすることが可能になります。

初心者でもパワーのある人は300ヤード近く飛ばす人もいます!現在のゴルフクラブではとても進化しています。

<フェアウェイウッド>

ドライバー以外の3W、5W(3番ウッド、5番ウッド)などの種類のゴルフクラブのことを総称して「フェアウェイウッド」と呼んでいます。ドライバーのヘッドを小さくしたよう形状をしています。

基本、このゴルフクラブの種類は芝の上から打ちます。セカンドショットや長いパー3のホールで使われます。低重心にできているので、簡単にボールが上がりやすくなっています。

3Wで一般男子の場合は215ヤード、一般女子の場合は150ヤードくらいです。フェアウェイウッドは飛ばしやすいゴルフクラブですが、練習などで慣れるのには多少の時間がかかります。以下で紹介するユーティリティを代用してもいいでしょう。

ユーティリティ(UT)

もともとは難しくて扱いにくいロングアイアンの代替品として開発されました。ユーティリティは重心が低くフェアウェイウッドよりも短いため、初心者ゴルファーでも比較的、当てやすくかつボールが飛びやすいことが特徴です。

男性では5番UTで170ヤード、女性で110ヤード程度。4番アイアンとほぼ同じような飛びになります。

ユーティリティとフェアウェイウッドで飛距離が重なる部分がありますが、これについてはご自身の好むヘッドの形状や、打ちやすい方を選択するのがいいでしょう。

アイアン

アイアンはゴルフクラブの種類の中で本数が多く、主にセットで販売されています。番手ごとにシャフトの長さやロフト角が異なっていますが、これは狙った位置にボールを運ぶことや、ピンに寄せるためです。練習でどれくらいの距離が出るのか把握する必要があります。

<ロング>
1〜4番がロングと呼ばれていて、ゴルフクラブの中では難しい種類に入ります。初心者ではボールが上がりません。ユーティリティと飛距離が重なります。方向性が出しやすい特徴があります。超難しいゴルフクラブ1番アイアンを石川遼選手がバックに入れて話題になりました。

石川遼選手のスイングです。参考にどうぞ。https://pro-golfacademy.com/zatsugaku/2001/

<ミドル>

5~7番を一般的にミドルと呼んでいます。方向性が安定しているので、狙った場所に確実にボールを運ぶために使用します。ピンポイントより一定の範囲内にボールを運ぶイメージで使うゴルフクラブです。
一般的な男性であれば140Yから160Yの距離がミドルで狙う範囲になります。

<ショート>

ゴルフクラブの種類でもシャフトが短く、ロフト角寝ているので球も上がりやすく、スピンもかかります。ピンをデット(ピンの根元)狙って寄せたいときや、ラフからの脱出などにも便利に使えます。初心者が最初に練習しておくとアプローチが上手くなります。

一般男子アマの場合は8Iで130ヤード、9Iで120ヤードくらいです。

ウェッジ

ゴルフクラブの中で、もっともロフト角があり、アプローチやバンカーからの脱出に使用します。フルショットで何ヤード出せるかというよりも、どのくらいのスピードやスイング幅で振れば、どの程度飛ぶのかという、飛距離の関係を知っておくこが重要です。

昔は、セットに含まれていましたが、現在は、単品で販売されています。

100ヤード以内を制するとスコアは劇的にアップします。

パター

グリーン上でカップに入れるときに使います。ゴルフクラブの中では転がしに特化しています。パターはヘッドの形状のタイプが「ピン」「L字」「マレット」「ネオマレット」などいろいろな種類があります。ヘッドの形は好みですので、好きなタイプを選んでください。パターは、1本あれば大丈夫です。

パターのメーカーとブランドをまとめました!あなたの好きなものが見つかるかも。

初心者のセッティング方法と注意点

<ゴルフクラブセッティング方法>

ルールの上限では、ゴルフクラブは14本持てることになっています。14本あるのは、距離を打ち分けるためにです。一番飛ばせるのがドライバーです。一番飛ばないのがサンドウェッジになります。その間、10ヤード刻みくらいで、飛距離が出せるようにゴルフクラブを揃えていきます。

また、種類によって、重さも調整していきます。ドライバーは、ゴルフクラブの中では一番軽いです。逆に一番多いのがサンドウェッジになります。ゴルフクラブの長さは、短くなるにつれて重くなります。重量フロー(重さの階段)になるような選び方で選びます。

そうすることで、違和感がなくスイングできます。プロや上級者は必ずチェックしていますので、購入する際には、ショップの店員さんに相談してみることをおすすめします。

ゴルフクラブは、フィッティングをするとご自身に合ったものが見つかります。

<初心者がゴルフクラブを購入時の注意点>

初心者が、いきなり新品で高額な種類のゴルフクラブの用品を一式購入するよりも、「中古セット」を購入し、練習やラウンドしながら揃えていくことをおすすめします。

どうしても新品がほしいのなら、ドライバーからパター、キャディバックが一式セットになったものがあります。各メーカーがスタートセットのように販売しております。比較的安いので手ごろに購入できますので、新品が好きな初心者にはおすすめです。

まとめ

良いスコアを出すには、ゴルフクラブの種類と特性を知っている必要がります。しかし、種類がたくさんあるので、初心者は戸惑います。今回ご紹介した記事を参考にしていただき、自分に合うゴルフクラブを選んでください!

いきなり新品を購入するより、中古で試してから自分に合うものを購入していく方法をおすすめします。

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

新着特集

特集一覧