ゴルファボ TOP知識ゴルフのティーアップとは?ボールを上げるメリット3つ

ファボる (お気に入りへ追加)

知識

ゴルフのティーアップとは?ボールを上げるメリット3つ

ゴルフでティーアップに気をつけていますか?細かいことに見えて実はこれを見直すだけで飛距離が伸びたり方向性がアップしたりすることがあります。今回は適正なティーアップの仕方とクラブごとのポイントについて紹介します。ぜひご覧ください。

ドライバーで打ってもなかなか飛ばない、弾道が上がりすぎてしまうことがある…。その原因はティーアップにある可能性があります。

ゴルフで第1打を打つときのボールの高さは飛距離や方向性を左右します。球の場所がバラバラになっていたり、スイングに合っていないと動きが乱れてミスをしたり、パワーが伝わらない原因にもなります。

今回はゴルフのティーアップについて紹介します。適正なティーアップができると、ゴルフでは遠くに飛ばせて風にも負けない軌道を出すことができます。

自分に合った理想的なポジションを見つけて、力強いドライバーショットを打っていってください。

ゴルフのティーアップとは

ゴルフでティーアップとは第1打を打つときに木やプラスチックでできたペグの上にボールを置くことです。ゴルフでは、各ホールのスタート地点からショットをする場合、ペグの上から打つことができます。

ティーアップのメリット

利点は3つあります。

一つは飛距離を伸ばすできることです。高いボール位置から打ち出すことができるので、高く打ち上げることができて遠くまで飛ばせる、という効果があります。

二つ目は地面の状況に関係なく打てる、ということです。ゴルフ場にある傾斜やぬかるみなどライに関係なく打っていくことができます。

三つめはクリーンにヒットしやすいということです。地面にあるボールを打っていくときにはヘッドが手前に当たる「ダフリ」になることがあります。高いところからショットをすることで、ゴルフではきれいに当てられる確率が高くなります。

高さによる違い

ティーアップはその高さによっても効果が変わってきます。

高くして打つ

球を高くすると、スイングをするときにクラブが上がり始めたところでボールをとらえる「アッパーブロー」で打ち出すことができます。この打ち方をするとゴルフでは弾道が高くなり、遠くまで飛ばすことができます。

ただ、風が強いときには影響を受けやすくなります。また、アッパーになると体の右側に体重が残りやすくなるため、左に出る「ひっかけ」の要因になることもあります。

低くして打つ

低い位置から打ち出すとアッパーブローによる効果が少なくなるので、低い弾道を出すことができます。飛距離は少し落ちますが、風による影響を受けにくくなります。

また慣れていくことでゴルフでミートする感覚をつかめるというメリットもあります。これによってスライスなどを減らすことにもつながります。

↓ゴルフ初心者が第1打で守るべき3つのポイントをまとめました。これを押さえて安定した弾道を打ちましょう。詳しい解説をぜひご覧ください。

ゴルフクラブごとの目安

ドライバー

ドライバーの場合の目安は、フェースのトップから球が半分、見えることです。そこを基準にして、自分が打ちやすい場所に調節をしていきます。

また、球の位置は左足のかかとの線上が目安です。ドライバーの場合はほかのゴルフクラブよりも長く、アッパーブローになるためにこのような場所が基準になります。

人によってフィーリングは変わるので、自分のスイングや感覚に合わせて打ちやすいところを見つけてみてください。

第1打を打っていくときには高さはいつも同じになるように気をつけましょう。これが毎回違ってくるとミスが出る原因になります。

出典:amazon
プロなどトップのレベルになると、何も考えなくてもいつも同じ高さに刺せると言いますが、アマチュアがすぐに身につけるのは難しいです。段がついているものを使って自然と調整できるようにするのも一つの手です。

↓ドライバーがダフってしまうゴルファーの方は必見!ミスの原因と改善法を紹介していますのでぜひチェックしてみてください。

FW&UT

フェアウェイウッドやユーティリティの場合は1Wよりも少し低めにします。地面から1センチくらいがおすすめ。番手が下がってロフト角が上がるにつれて低くしていくようにするのが大切です。弾道が上がりすぎると狙い通りに飛ばなくなるので注意してください。

アイアン

ショートホールなどではアイアンを1打目に使うこともあります。そのときには地面から5ミリ~1センチ程度、ウェッジなどさらにロフト角があるものの場合は1ミリ~2ミリ程度でもOKです。

練習でのポイント

1W以外ではペグの上からショットする機会があまりないでしょう。普段から他のクラブでもヘッドを浮かせて、地面を狙うのではなく球の位置で振り抜くイメージをつかんでおくとベターです。

打ちっぱなしでの練習では自分の好きな位置でスイングをしていると思います。ラウンドするときと練習での球の位置をなるべく同じくらいにしておきましょう。打ちっぱなしで高さを揃えておくと、ゴルフ場に行ったときにも同じようにスイングすることができてミスも減らせます。

風への対応

向かい風

アゲインストのときには2つの考え方があります。一つは低いところから、低弾道で風の影響を最小限にすることです。もう一つは高い位置から打ち出すことで、フェースの上部に当ててバックスピンを減らすこと、これによって飛距離のロスを押さえることです。

ゴルフ初心者は低くするほうが簡単なのでアゲインストのときには試してみてください。

追い風

フォローのときには高くして打っていくといいでしょう。風に乗って遠くまで飛ばせるようになります。ただ、上がりすぎると失速してしまうので適度に調整をしてください。

↓ゴルフスイングの基本を総まとめしました!アイアンやウェッジなどクラブの使い方を徹底解説していますのでぜひご覧ください。

まとめ

今回はゴルフのティーアップについてご紹介しました。少しの違いですが、高さを変えるだけで飛距離が伸びたりミートがしやすくなることもあります。

今回、ご紹介したのは一つの目安です。それぞれのゴルファーの打ち方や感覚によってベストなポイントは変わってきます。打ちっぱなしでの練習などで自分に合ったポジションを見つけてナイスショットにつなげてください。

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

新着特集

特集一覧