ゴルファボ TOP知識ゴルフ|アプローチでスピンをかけたいならコレ!

ファボる (お気に入りへ追加)

知識

ゴルフ|アプローチでスピンをかけたいならコレ!

グリーン周りからスピンの効いたアプローチが打てたらもっとゴルフの幅が広がるのになぁと思うことはありませんか?

ピンに寄せる場合、基本のアプローチはピッチエンドランやランニングアプローチです。

しかし、ランニングアプローチだとグリーンエッジからピンの位置が近いと使えません。ピッチエンドランだと、球の落としどころを間違えるとピンに寄るどころかピンから離れ、パターが3パットなどになってしまいます。

今回はプロゴルファーのような3バウンド目くらいで“キュッ”とカップの手前で止まるアプローチの打ち方をご紹介します。

ゴルフ初心者でもこのアプローチを覚える事で、ショットの改善にもつながります。ぜひアプローチをマスターして、スコアアップを目指しましょう。

アプローチでスピンをかけるコツとは?

ポイントは7つあります。

1.使うゴルフクラブはサンドウェッジ
2.ボールの位置は右足の前
3.ハンドファーストに構えて左足重心
4.クラブを短く持ってフェースを開く
5.手首の角度 
6.シャンクを怖がらない
7.スピンをかけるにはゴルフボールも大事

この7つを意識すればスピンがかかります。基本的なポイントなのできちんと意識してアプローチショットしましょう。

1.使用するゴルフクラブはサンドウェッジ

ボールを上げずに、低い打ち出しでバックスピンの回転だけで止めたいので、サンドウェッジを使います。本来であれば球が上がるクラブですがロフト角を立てることで低い球になります。

他のアプローチショットより少し難易度は上がりますが、ランニングアプローチの延長のようなスイングで打てるアプローチです。多少トップしても大きな失敗のないクラブなのでスピンをかけるアプローチに最適です。

2.ボールの位置は右足の前

右足の前にボールをセットします。

ボールを右側に置くとクラブのロフトが立つので低い球が出やすくなります。逆に左に置くと上がってしまいピッチショットのようになり球が上がってしまいやすくなります。

この時に低い球を打とうとして無理に打ち込まないようにしてください。ロフトが立ったことによっていつも通りにショットするだけで低い球になります。

3.ハンドファーストに構えて左足体重

構えはハンドファーストです。クラブのヘッドよりもグリップが前に出ているようなアドレスになります。バックスピンの回転を多くするためには、ハンドファーストの構えが大切です。左腕とシャフトが一直線になるように構えましょう。ハンドファーストにすることにより更にロフトが立ちます。

そして左足に、6、7割の体重をかけるように構えます。そうすることでスイングが安定するのでミスがなくなります。バックスイングやダウンスイングでこの左足体重がブレてしまうとダフりやトップの原因となりますので注意しましょう。

4.クラブを短く持ってフェースを開く

グリップする位置は両手がグリップの真ん中くらいを持ちましょう。短く持つことでコントロール性が上がり再現性の高いショットが打てるようになります。

そしてフェースを少し開きましょう。開くと右に飛んでいきそうですが、アドレスがオープンになっているので相殺されてまっすぐ飛んでいきます。

5.手首の角度

コック、右手首、フェースの面の3点を意識しましょう。

コックを早めにする

テークバックからコックを早めに入れてトップを作ります。そうすることでスピンのかかるインパクトが作れます。

右手首の角度を変えない

コックで作った右手首の角度をそのままキープして、上から落とすだけです。そうすると、ゴルフボールがフェースの上を走るので、強烈なスピンがかかります。

コックの角度をスイング中に変えないことがとても大切です。特にインパクトで右手首の角度が変わってしまうと距離感も合いにくく、トップやダフリの原因になります。

フェースは少し返る

スイングはカットの軌道で振り抜くのではなく、フェースでグッと押し潰すように打ち込みます。従ってフォローは低く小さくなります。

右手首の角度を変えず鋭角的にインパクトしながら、球を押し潰すので、フェースは返った形になります。

6.シャンクを怖がらない

シャンクの原因は、体が開いたり、アウトサイドインでスイングをしたりするとことによっておきます。

スピンをかけようとしてカットに振ろうとしてはいけません。カットに振ろうとすると、ゴルフクラブのネックがボールに当たりシャンクになります。スイング自体はあくまでアドレスに対してスクエアに振らないといけません。

実は、シャンクとナイスアプローチは紙一重です。もしシャンクが出ても、あまりショックを受けないでください。あなたのスイングはそれくらい上達しているという証拠で、ナイスショットまであと少しだったという事です。

7.スピンをかけるにはゴルフボールも大事

最後に・・・

スピンアプローチを打ちたいのなら、ゴルフボール選びも大切です。

ディスタンス系は飛びをメインに作られていますので、あまり止まりません。プロでもディスタンス系のボールを使ったら、低いキュキュッと止まるアプローチは打てないでしょう。

アマチュアゴルファーが唯一プロと同じ道具を使えるのはボールです。プロと同じようにキュッと止まるアプローチを打ちたいのならスピン系に変えましょう。

人気のあるおすすめのスピン系

タイトリスト PROV1

出典:Amazon

ダンロップ SRIXON Z-STAR

出典:Amazon

ブリヂストン TOUR B330X

出典:Amazon

まとめ

ピンそばにキュキュッと止まるアプローチを習得できると、アプローチの距離感が掴めるだけでなく、ランニングアプローチのように転がすような感覚がつかめるのでミスが減り、ピンに寄る確率が高まります。よって、パターのラインも読みやすくなるので、スコアアップに繋がります。

スピンアプローチは、トップからインパクトまでのスイングのコツが掴めるので、ドライバーやアイアンのスイング矯正にも役立ちます。

まずは、アプローチをマスターするためにゴルフ練習場で多めのアプローチ練習をオススメします。

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

新着特集

特集一覧