ゴルファボ TOP知識ゴルフはオーバーラッピングで打つべき?利点と欠点とは

ファボる (お気に入りへ追加)

知識

ゴルフはオーバーラッピングで打つべき?利点と欠点とは

ゴルフではクラブの握り方が飛距離や方向性の鍵を握っています。中でも多くの人が使っているオーバーラッピングには、いくつものメリットがあります。今回はオーバーラッピングを使うときのコツと守るべきポイントについて解説しますのでぜひご覧ください。

スライスがなかなか直らない、そんな方におすすめのグリップがオーバーラッピングです。

握り方はスイングの動きと並んでもっとも重要なポイントです。自分の身体とクラブをつないでいる「接点」でもあり、これをおろそかにすると弾道がずれてしまったり、飛距離が伸びない原因になります。

しかし、誤っていた握り方を見直すことで、ミスを減らしたり狙い通りのボールを打つこともできます。

今回はゴルフの3通りのグリップのうち、多くのゴルファーが採用しているオーバーラッピングについて紹介します。メリット、デメリットやクラブを持つときのコツについても解説しますのでチェックしてみてください。

オーバーラッピングとは

これは右手の小指を左手に重ねて握る方法です。

ゴルフの握り方にはインターロッキング、テンフィンガーと合わせて3種類があります。その中でももっともポピュラーなものです。

オーバーラッピングのポイント

実際に握るときの2つのポイントについて紹介します。

左手の形

グリップをするときには左手から握っていきます。そのときに指の付け根の部分(ナックル)が2個から2個半くらい見えている状態が「スクエア」と呼ばれる状態です。親指と人差し指でできるV字は右耳のあたりを指している状態です。

 

もしスライスがよく出て困っているというゴルファーはこのナックルが3個から3個半くらい見えるようにしてみましょう。その状態は「ストロンググリップ」と呼ばれる状態です。少し左の手をかぶせるようにしていきます。

そうするとゴルフではフェースが開きにくくなり、スライスを押さえる効果があります。このとき、親指と人差し指でできるV字は右肩のあたりを指しているのが目安になります。自分の手の位置を確認してみてください。

右手の使い方

小指を左手の人差指と中指の間に重ねていきます。うまくできているかどうか、最初のうちなどは鏡を見てチェックしてみてもいいでしょう。小指が安定したら、次は薬指を右手の人差し指にぴったりとくっつけます。

両手を合わせていくときは、右の手の平にある「生命線」が左手の親指の上にくるような形で握るとぴったりと重なります。

これがずれてしまうと、ゴルフでスイングをするときも軌道がずれてしまう原因になり、ミスショットにつながります。両手がしっかりと一体になった感覚をつかんでください。

握るときには手のひらでギュッと握らずに親指・人差指・中指の3本の指で持つようにします。こうすることで手首を自由に使うことができます。ゴルフでは手首を自由に使えるとヘッドも走って飛距離の出るボールにつながります。

メリットとデメリット

メリット

オーバーラッピングにすることで3つのメリットがあります。

一つはゴルフでスイングをするときに両手の一体感が出やすいということです。右の小指を左手に重ねていくことで、左右が一緒になって動く感覚が得られて、クラブを振りやすくなります。

また、左側の手を主導にして振りやすくなるという利点もあります。左は5本の指を使っているのに対して、右は小指が浮いているぶん4本で握っています。1本の差ですが、これによって、右側の手を過剰に使うことを押さえることができます。

ゴルフでは右手を使いすぎると、スイング軌道がアウトサイドインになり、スライスを生む大きな原因になります。この握り方にすることでスライスを防ぐことにつながります。

また多くのゴルファーが採用しているために、真似をしやすいという点もあります。プロゴルファーも多くがこの使い方をしているので、お手本にできますし、身近な人にアドバイスを聞いたりしやすいのもメリットです。

デメリット

左側の手が主導でクラブを振ることができますが、逆に言えば右手は使いにくくなっています。右利きのゴルファーなどがもっと利き手を使いたいという場合には向いていません。

また、手が小さい人にとっては形が作りにくくなっています。女性などはうまく小指が重ねられないという場合もあります。インターロッキングやテンフィンガーは手が小さいゴルファーにも向いています。

↓ゴルフの基本の一つ、アドレスの3つのコツを紹介します。レッスンをチェックして練習に生かしていってください!

グリップの注意点

長さ

持つときには小指がからグリップエンドまで間隔を少し空けます。目安としては2センチ前後。こうすることで安定して振ることができます。

握る強さ

グリップの強さは人によっても違いはありますが、力いっぱい握るときの4割くらいの力が目安になります。持っているクラブを人に引っ張ってもらうと抜ける強さ、ちょっと緩いなと感じるくらいです。スイング中は強さを一定にしておくことも大切です。

構えたときの手の位置

構えたときの両手の「位置」も重要なポイントです。

両手の位置は左足太ももの付け根のところに来るようにします。いわゆる「ハンドファースト」の形です。こうなるとフェースが開きにくくなります。

オーバーラッピングが向いている人

 

この握り方はもっとも多くの人が採用していて、幅広いゴルファーにおすすめです。手が小さくて形がとても作りにくいという場合を除いては、どなたにも試してもらいたいものです。

また、右利きのゴルファーで右手を使い過ぎているという人には特におすすめです。どうしても利き手に力が入りすぎてスライスになる、というのはよくあるミスの一つです。これを防いで左手主導のスイングにするためにはオーバーラッピングがもっとも向いています。

オーバーラッピングについてはこちらで詳しく解説いたします。ドライバーからウェッジまで影響するゴルフの基本要素をぜひご覧ください。

ゴルフ初心者でも飛距離が出せるコツとは?ドライバーで打つときのポイントを記事にまとめましたので、試してみてください!

まとめ

今回はオーバーラッピングについてご紹介しました。ゴルフでは、ミスの原因がスイングではなくグリップにある、という例も多くあると言います。すでにこのやり方でなじんでいるゴルファーの方も多いと思いますが、改めて両手の使い方や注意点について確認してみてください。

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

新着特集

花粉症ゴルファー必見!乳酸菌を取り入れて春ラウンドを快適に楽 …

花粉症ゴルファーに辛い季節が今年もやってきます。せっかく暖かくなってきたのに花粉症でゴルフは無理!そんな方も多いのではないでしょうか ...
  • 雑学
  • 66

いま話題!銀座PGMの最新インドアゴルフを体験取材

銀座に新しくオープンしたインドアゴルフ施設『PGMゴルフアカデミー銀座』を取材してまいりました。都心で楽しめるワンランク上のゴルフ施 ...
  • 雑学
  • 64

予算500円以内!ゴルフの打球事故リスクを減らす保険を調査

待ちに待った楽しいゴルフ!しかし、まさかの打球事故に遭遇…。あなたが困ったときに、強力にサポートしてくれるゴルフ保険を紹介します。月 ...
  • 雑学
  • 411

ゴルフシャフトの作り方!クラブ選びが上達する4ステップ

なぜ色々なシャフトメーカーやモデルがあるのか。市場にはたくさんの製品が流通していますが、いったいなにが違うのでしょうか?気になったの ...
  • 雑学
  • 157

忘年会・新年会で疲れたゴルファーへ!肝臓サポートで元気を取り …

お酒を飲む前、飲んだ後におすすめのサプリメントと選び方をご紹介します。肝臓は常にフル回転しています。しっかりサポートしてあげないと、 ...
  • 雑学
  • 58

シーモアパターが初心者でもまっすぐ打てる3つの理由

パターをまっすぐ打つのは簡単そうで実は難しい。それはコースの景観やグリーンの傾斜、体調などで同じようにアドレスしてスイングすることは ...
  • 雑学
  • 342

特集一覧