ファボる (お気に入りへ追加)

ゴルファボ TOP知識ゴルフでゴロばかり出てしまう原因と対策法まとめ

知識

ゴルフでゴロばかり出てしまう原因と対策法まとめ

周りの人と同じように打ちたいのにゴロがよく出てしまう。飛ばない、楽しくない、そんな悩みを解決します。今回はゴルフで球が上がらずにゴロになってしまう理由と改善のための練習方法をご紹介します。ぜひチェックして高く遠くへ飛ばしていきましょう。

そんなに飛距離が出なくても、ゴルフではボールにしっかり当てて飛ばしたいですよね。でも実際にはなかなかうまくヒットできずにゴロばかり…。そんなことが続いてしまうと、せっかくのゴルフが楽しくなくなってしまいます。

ゴルフでゴロが多く出るのには原因があります。特に始めたばかりの方やゴルフ初心者には多く見られるミスの要因は2つです。

今回はゴルフでゴロばかり出てしまう原因を解説します。そして改善のための方法と正しい動きが身につく練習ドリルもお伝えします。ミスショットを少なくして、気持ちよく前に飛ばすためにぜひご覧ください。

ゴロになる原因

トップする

トップというのはボールの上の部分を打ってしまって、前には飛ぶものの低い弾道で距離が出ないことを言います。下半分に当たれば高く上がって飛んでいきます。ただ、上半分に当たると極端に低い弾道になったり、ほとんど前に行かずに転がるだけになってしまいます。

トップになる原因の一つが、アドレスのときの姿勢を保つことができずに、クラブがボールから離れてしまうことがあります。

打った球の行方が気になって顔を上げてターゲット方向を見てしまう「ヘッドアップ」をすると体が離れてミスをしてしまいます。アドレスのときに作った前傾姿勢をしっかりキープすること、飛んでいく球が気になっても頭を上げるの我慢することで、防ぐことができます。

ダフってしまう

ダフリとは打つときに、ヘッドの最下点が球よりも右側(右利きの場合)になってしまうことで、先に地面を叩いてしまうことです。地面を叩いたあとで打つ形になるので、飛距離は出ず、打った感触も非常に悪くなってしまいます。

ダフリの要因の一つが、右足の方に体重が残った状態になってしまうことです。芝の上の球を上げようとしてすくうようにして打つと、右に重心がかかったままになります。そうするとスイングの軌道がずれて手前を叩きやすくなってしまいます。

ゴルフクラブにはロフトと呼ばれる角度がついていて自然と高く上がります。自分で上げようとする意識をまずなくすこと、目の前にあるボールのやや左を狙って打ち込んでいくことなどでダフリを減らすことができます。

↓ゴルフで基本となる「姿勢」についてレッスンします。しっかり当てて遠くへ運ぶためのベースになりますのでぜひチェックしてみてください。

ゴロを防ぐ練習ドリル

ゴルフでゴロを防ぐために、正しい動きが身につけられる方法をご紹介します。

ボールの位置を見続ける

ゴルフではスイングをするときに頭が上がってしまったり、ターゲット方向に目線が向いてしまうとトップしてゴロになります。これを防ぐためのドリルです。

打つときにボールのある位置を見続けるように意識します。インパクトしたあともその場所から目線を外さないようにしていきます。こうすることによってヘッドアップが防げて最後まで上半身が安定します。

体が起き上がる癖があるゴルファーは、いつもこの「目線の位置をキープする」ということを意識してみてください。

目を閉じる

ゴルフではグリーンに近い場所から打ったときなどは特に弾道の行方が気になってしまい、顔が上がってしまうことがあります。それを防止するには、目を閉じて打つ方向も効果的です。

通常と同じようにクラブを振っていきますが、そのときに目をつぶります。コースでやるのは難しいので打ちっぱなしで試してみましょう。インパクトするまで球を見ることができないので目線が浮くのも自然に防ぐことができます。

ティーアップして打つ

ゴルフでトップやダフリが多く出る原因は、打点が上下にずれていることにあります。安定した打点で打つ感覚を身につけるには、ティーアップしたボールを打つ練習が効果的です。

打ちっぱなしなどでアイアンを使って打ってみてください。こうしてショットをすることで、ヘッドがティーに当たってしまう場合は打点が低く、球の上の方に当たる場合は打点が高くい状態だとわかります。

ティーに当たらず、クリーンにとらえられるように繰り返していきます。うまく当たらないときは素振りでトライをしてみたり、スイングの幅を小さくするなどして少しずつ、感覚をつかんでいってください。

左足1本で立つ

特にゴルフでダフリが多い人には効果的で、体重が右足に残ってヘッドが手前を叩いてしまうゴルファーにおすすめです。

最初から左足に体重をかけ、右足は軽くつま先をつくくらいの状態で置いておきます。こうしておくと、右に荷重をかけようとしてもできないので、自然に左に重心がある状態でスイングができます。

↓ゴルフで基本となる7番アイアンの打ち方を徹底解説しています!基礎を身につけて上達につなげていってください!

打つときの考え方

ゴルフでアイアンを使うときには、狙ったところに落とすことがもっとも大切になります。目的は思った距離を打つことであり、遠くまで飛ばすことではありません。

アイアンを使うときにもドライバーと同じように「飛ばそう」と考えることはNGです。飛ばしたいと思って手や腕など余計なところに力が入ることになり、それがスイングをブレさせて多くのミスの要因になってしまいます。

アイアンを使うときにはアプローチの距離に関係なく、ゆったりとしたリズムがコツ。体を大きく使ってクラブを振っていきましょう。そうすると力みも取れて思いどおりのショットにもつながります。

↓ゴルフ初心者におすすめの練習方法をまとめました。正しい動きが身につけられるスイングドリルを紹介しますのでぜひチャレンジしてみてください。

↓ゴルフのビギナーでも飛距離を出せる秘密を紹介!3つの鉄則を守ることでこれまでにないドライバーの弾道が出せるようになります。チェックしてみてください。

まとめ

今回はゴルフでうまく当たらない原因と、改善方法を紹介しました。ゴロばかりだとコースでもそうですが、打ちっぱなしにいっても楽しくないですよね。記事を参考に、クリーンヒットの回数を増やして、ゴルフをもっと楽しんでいってください。

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

新着特集

ゴルフの日焼け止め特集!できる男の肌ケア方法まとめ

絶対に焼きたくない人も、キレイに焼きたい人も、できる男はみんな肌ケアをしてる!いま、日焼け止めを使う男性ゴルファーが増えているようで ...
  • 雑学
  • 60

東京都内のゴルフレッスン!おすすめスクール BEST7

東京都内おすすめのゴルフスクールを大特集!レッスンを受けてみたいけど、何を基準にどこを選べばいいか分からない…そんなあなたのために選 ...
  • 雑学
  • 40

楽天ゴルフ保険がお得!月額たった230円で充実サポート

待ちに待った楽しいゴルフ!しかし、まさかの打球事故に遭遇…。あなたが困ったときに、強力にサポートしてくれるゴルフ保険を紹介します。月 ...
  • 雑学
  • 576

ライザップゴルフ体験取材!スコアップ2つの秘訣を調査

結果にコミットのライザップゴルフ。一度は行ってみたいと思ったことありませんか?これまでのレッスンプログラムといったい何が違うのか?ど ...
  • 雑学
  • 114

飲み会続きで疲れたゴルファーへ!肝臓サポートで元気を取り戻す …

お酒を飲む前、飲んだ後におすすめのサプリメントと選び方をご紹介します。肝臓は常にフル回転しています。しっかりサポートしてあげないと、 ...
  • 雑学
  • 88

ゴルフ旅行におすすめの人気スポット特集in小淵沢

ゴルフに行ったついでにこんなに楽しめる場所があったなんて!仲間や家族との最高の思い出作りにおすすめのスポットをご紹介します。ゴルフつ ...
  • 雑学
  • 197

特集一覧