プロが動画で教えるゴルフメディア

プロゴル

プロゴル知識目指せ100切り!ゴルファーが知っておくべきセッティング術

目指せ100切り!ゴルファーが知っておくべきセッティング術

知識

今回は、クラブセッティングでスコア100切りを目指します!

コースに持っていっていいクラブの本数は14本までと決まっています。

12、13と少ない分には問題ありませんが、最大で14本です。
いったい何を追加すればスコアが上がるのか気になりませんか?

ゴルフを始める際、多くのアマチュア選手が最初に揃える基本的なセッティングは、ドライバー、アイアンセット、そしてパターの計8本程度です。これを揃えれば、とりあえずラウンドは出来ますが、ハイスコアを目指すには細かい距離の打ち分けが必要になってきます。

そこで、ドライバーからパターの間に何を追加して、何本キャディーバッグにいれるのか、自分専用のクラブセッティングが非常に重要になってきます。

なぜなら、ゴルフのルールで定められた14本の中に、
アマチュア選手が同じ距離を打てるクラブを2本入れておく必要性はあまりないからです。

 

ゴルフクラブごとの特性を把握し、購入やセッティングの参考にしていただけたらと思います。

ゴルフクラブの種類とその飛距離

以下の表は、各クラブの飛距離表です。

大きく分けて、ウッド、ユーティリティー、アイアン、ウェッジ、パターがあります。

左から右へ行くほど飛距離が下がっていきます。
1Wはドライバー、Pはパターです。

この中でも、選ぶのに困るのがユーティリティーとアイアンです。

表を見てもらえると分かりますが、1~5番に関してアイアンもユーティリティーも、ほとんど距離的には変わらないからです。

ではなぜ、存在しているのか・・・

それは「打ちやすさ」と「安定性」の違いです。

3I(3番アイアン)で見てみましょう。

このアイアンは安定性はありますが、シャフトも長く打つのが非常に困難です

安定性は下がりますが、打ちやすい3番ユーティリティーで打った方がしっかり飛ぶ確率が上がります。

どちらがしっくりくるか、といった感覚も非常に大切ですし、
「打ちやすさ」と「安定性」のどちらを取るかで、セッティングする必要があります。

自分専用のクラブセッティングを目指す

上記の表はセルヒオ・ガルシア、イ・ボミ、松山英樹、タイガー・ウッズ、4人のプロ選手達のセッティングです。

ご覧の通り、UTを入れているのはイ・ボミ選手のみです。
このことから男子選手はUTよりも打つのが難しいが安定性のあるアイアンを多く入れていることが分かります。

また松山選手は男子選手の中では、アプローチに必要なウェッジ系を多く入れています。

このように14本以内であれば何を入れてもいいんです。

狭いゴルフコースでは、ドライバーを持って行かないという選択肢もありますし、ツアープロの中には、同じ距離を打てるスライス系とドロー系の2種類を入れていたりします。

この考えを、スコア100切りを目指すクラブセッティングに当てはめると・・・・

難しいクラブは抜いて、易しいクラブを追加する

といった選択もアリです。

扱いが難しく、打ち慣れていない、3番ウッドや5番アイアンなど、ロング系を抜いて、スコアを大きく崩す原因となるショートゲームで使用する、ウェッジ系を追加するんです。

スコアを崩さず、確実に100を切るためには、こういった守りのセッティングも効果的です。

まとめ

  • UTとアイアンは「打ちやすさ」と「安定性」が違う
  • スコア100を切るためのセッティングでは難しいゴルフクラブは抜いて、易しいゴルフクラブを追加する
  • ゴルフクラブは14本まで、何を入れても良い

シェアする

この記事を書いたライター

プロゴル編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

この記事の監修者

プロゴル編集部

吉本 巧(プロゴルフコーチ)

元世界ジュニアマスターズ入賞、米ミニツアー通算3勝、ベストスコア63。
ゴルフ修行のため14歳から単身渡米。11年間アメリカでジュニア選手、アマチュア選手、学生選手、ツアープロ選手、プロコーチを経験。
日米の20年の経験から「吉本理論」を構築。日本に帰国後、99ゴルフスクールを設立。神奈川県茅ヶ崎を拠点にレッスン活動を行う。
プロ選手やアマチュア選手のスイング面のコーチングをはじめフィジカルトレーナー、プロツアーキャディー、メンタルコーチング、クラブフィッティングアドバイザーなどゴルファーを総合的にコーチング。