ファボる (お気に入りへ追加)

ゴルファボ TOP知識スリークォーターとは?ショットが上手くなる3つの利点

知識

スリークォーターとは?ショットが上手くなる3つの利点

スリークォーターショットは、短い距離を打ち分けて方向性も出せる打ち方で、ゴルフのラウンド中にもいろいろな場面で使うことができます。マスターするためのコツとプレー中に生かせる練習法を紹介します。ぜひチェックしてコースでも試してみてください。

アイアンの方向性や距離感がいまいち安定しない…。

そんなあなたには「スリークオーターショット」がおすすめです。

この打ち方はフルスイングよりもあえてふり幅を小さくして打っていくことで、より正確性を上げてミスを少なくするテクニックの一つです。

プロゴルファーや上級者が、絶対に曲げたくない時、正確な距離感を出したい時によく使う技です。では実際にどうやって打つべきなのか。簡単そうにみえて意外と不明確だと思います。

今回はゴルフのスリークォーターについて解説します。グリーンを正確に狙っていきたい時にとても役に立つ打ち方なので、ぜひ日ごろの練習やラウンドで取り入れてみてください。

ゴルフのスリークォーターとは?

この言葉を直訳すると「4分の3」ということになり、ゴルフで使うときにはフルを「1」としたときの4分の3という意味です。

クラブを振る動作で言うと、全開で振っていくのとハーフスイングの間です。ハーフはトップとフィニッシュで腕が地面と平行になるくらいに上げます。スリークォーターの場合は手元が肩の高さに上がるくらいの動きになります。

必ずしもフルショットの4分の3で振らなくてはいけないという厳密な意味ではなく、たとえばトップの位置はフルと同じ、フィニッシュが4分の3で止まるというのもあてはまります。

あくまでもゴルフで打つときの「強さのイメージ」として4分の3というのを目安としています。

↓ゴルフのハーフスイングについて解説をします。芯に当たる感覚が身についてアプローチもうまくなります。こちらのレッスンをぜひ参考にしてみてください。

スリークォーターで打つ目的

飛距離を狙うのではなく、方向性を重視したいときに使います。残り距離に対して、一つ上の番手を選んで軽めに打つという場合や、ライが悪くてしっかり振るとミスが出る場面などでも活用していきます。

メリットとデメリット

全体の動きを抑えめにしているため、安定するのが最大のメリットです。ショットの調子が悪いとき、ライがあまりよくないときなどに軽く振ることでミスを減らすことができます。

また、ゴルフ場に来たばかりで体がまだ温まっていないときにも有効です。打つときには気持ちの面でも楽になるので、力んで失敗するリスクも減らすことができるという精神面での効果もあります。

ただ、弱く打ち過ぎたり、手元で加減をしようとするとバランスを崩してかえってトップやダフリなどに繋がるので注意しましょう。

打ち方と練習法

ゴルフでハーフスイングを安定して打てるようになれば、スリークォーターもそれほど難易度は高くありません。

スタンスは肩幅よりも少し狭めて構えます。バックスイングは手で上げずに肩から始動するようにします。アドレスで構えた前傾姿勢は崩さず、体重移動がしっかりできているかを確認しながらゴルフクラブを振っていきます。

トップとフィニッシュでは手の位置が肩の高さにくるくらい、その状態ではクラブとヘッドは高く上がっていると思います。肩の位置で、グリップエンドがゴルフボールを指しているのが正しい振り方になるので、いったん止めて確認してみてください。

ラウンドでの生かし方

スリークォーターはなんといってもミスが出にくく、ミートもしやすいのでコースでも幅広い場面で活用できます。

たとえばコース上でグリーンを狙うとき、サンドウェッジで目いっぱい振っていくよりも、AWなどに番手を上げて、抑えめで打ったほうがリスクは減らせます。

100%で打とうとすると、上から叩きつけてひっかけたり、高く上げようとして肩が下がってダフリやトップを招くこともあります。

ライが悪いときも同じです。きつめの傾斜やラフに球があるとき、フルに振ってきちんとボールをヒットするのは相当なスキルが必要です。こんなときは抑えめに打って大きなリスクを避けるのが賢明です。

さらに飛距離を出したいドライバーの場合であっても、左右が狭かったりハザードがあったりする「絶対に曲げたくないホール」のときにも効果的です。

実戦でも役立つドリル

打ちっぱなしではトップの位置を肩の高さに抑えて打ってみましょう。しっかりとボールをとらえる感覚、そして100%で振ったときとの身体の使い方の違い、飛距離の差を把握しておきます。

特にショートアイアンの飛距離差を知っておくと、ゴルフ場でグリーンを狙うときに細かい打ち分けができて役立ちます。

また、ゴルフ場だと傾斜のあるところから打っていくことも多くなります。ゴルフボールを足裏においてクラブを振ると、打ちっぱなしでも悪いライから打つシミュレーションができます。左足下がりなら右足の下、つま先下がりなら両かかとの裏に球を入れて打っていきます。

不安定なところで打ち出す練習にもなるので、下半身はしっかりとバランスを保ったまま安定して球をとらえられるように意識していきましょう。

↓ボールをコントロールしたいときに守るべき4つのポイントを紹介します。アイアンの精度を上げるために参考にしてみてください。

↓ゴルフスイングの基本を徹底解説!ドライバーからウェッジまでクラブの使い方を詳しくレッスンしていますのでぜひご覧ください。

まとめ

今回はゴルフのスリークォーターという打ち方について解説しました。特にグリーンを狙うときや大きな失敗を避けたいときには有効です。

豪快に振り抜いてボールを飛ばすというのもゴルフの醍醐味の一つですが、コントロールした打ち方はスコアアップにも直結していきます。今回の記事を参考に打ち方のコツも身につけてぜひラウンドでも生かしていってください。

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

新着特集

東京都内のゴルフレッスン!おすすめスクール BEST7

東京都内おすすめのゴルフスクールを大特集!レッスンを受けてみたいけど、何を基準にどこを選べばいいか分からない…そんなあなたのために選 ...
  • 雑学
  • 40

楽天ゴルフ保険がお得!月額たった230円で充実サポート

待ちに待った楽しいゴルフ!しかし、まさかの打球事故に遭遇…。あなたが困ったときに、強力にサポートしてくれるゴルフ保険を紹介します。月 ...
  • 雑学
  • 576

ライザップゴルフが100切りコミットできる秘密を調査

結果にコミットのライザップゴルフ。一度は行ってみたいと思ったことありませんか?これまでのレッスンプログラムといったい何が違うのか?ど ...
  • 雑学
  • 114

飲み会続きで疲れたゴルファーへ!肝臓サポートで元気を取り戻す …

お酒を飲む前、飲んだ後におすすめのサプリメントと選び方をご紹介します。肝臓は常にフル回転しています。しっかりサポートしてあげないと、 ...
  • 雑学
  • 0

ゴルフ旅行におすすめの人気スポット特集in小淵沢

ゴルフに行ったついでにこんなに楽しめる場所があったなんて!仲間や家族との最高の思い出作りにおすすめのスポットをご紹介します。ゴルフつ ...
  • 雑学
  • 196

シーモアパターが初心者でもまっすぐ打てる2つの理由

パターをまっすぐ打つのは簡単そうで実は難しい。それはコースの景観やグリーンの傾斜、体調などで同じようにアドレスしてスイングすることは ...
  • 雑学
  • 628

特集一覧